TOP > 科学・学問 > 大学受験の合間、論文執筆 高3らの研究が国際科学誌に:朝日新聞デジタル

大学受験の合間、論文執筆 高3らの研究が国際科学誌に:朝日新聞デジタル

131コメント 登録日時:2019-09-04 07:44 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 絶滅危惧種に指定されている「ヤマトサンショウウオ」の新たな生息地を、岐阜県立岐阜高校の生徒らが独自の方法で発見し、研究成果をまとめた論文が国際科学誌に掲載された。筆頭著者は当時、同校3年だった坂井雄…...

Twitterのコメント(131)

こちらはサンショウウオ。水からDNA調べる技術、便利だな。
トンデモナイ奴だ!(褒め言葉)
大学受験の合間、論文執筆 高3らの研究が国際科学誌に:朝日新聞デジタル
この取り組みのキーパーソンも、やはりアカデミア出身の高校教員とのこと。先日の記事( )然り、色々な可能性を生み出す組み合わせよね。
素晴らしい。こういう記事を読むと、年齢で区切るというのは何かと思う。勿論、指導してくださる先生に出会えたこともあるけど。
GISを使って、ヤマトサンショウウオの生息地と似た環境を持つ場所を探索。候補地を5カ所に絞り込み、現地で水を採取し、残されていた生物の痕跡である環境DNAを分析。17年にヤマトサンショウウオのDNAを検出した場所で卵を発見。
こういう発見が貴重な財産になることってあるよね。凄い。
Discover(Google)から
オチに草
受験勉強に気分がのらないときに、英語の論文を書いてメリハリ…。で国際科学誌に掲載……………(*^ω^*)ひゃー
GIS使って生息地特定は賢い。
植物にも応用できそうだし、交通事故とかの多発地帯の地理的特性とかを使って交通事故対策もできるかもしれない
開成とか灘ではないけど理三、そして論文書く

もう出来上がってる
両立が相乗効果になってた感じも受けます。すごいな。

勉強の気分が乗らないときに論文を執筆...ほんと頭が下がります
すごいなぁ…
素晴らしい。受験の合間の気分転換に、って。
すごいなあ。
あと英語って!!!
スゲーな、規格外。環境DNAってそんなに簡単に取れんの?
若い人たちが協力してすばらしい💕
素朴にカッコいいし、素晴らしい。
なんのために生きてるんだろうな
日本の未来は明るい。チョ・グク氏とその娘に爪の垢を的快挙。
あとで坂井さんの論文読もう
あら出身校
生徒の能力の上限ないから、たまに凄いのいるよな
ぼくは淡々と生きてたけど、あの頃は生物部は生体発光の研究してたな

朝日新聞: 高3らの研究が国際科学誌に.
凄すぎる /
この高校生たちが凄いのは言うまでもないことだけれど、やはり初めてとか色んなことを踏まえても、この高校生たち「だけ」ではできなかったことだと思うし、彼/彼女らを凄い凄いと騒いで終わるのではなく、どうしたら第2第3が出てくるかと考えるべきだと思うのですが…
「 高3らの研究が国際科学誌に」

“当時、受験生の坂井さんは勉強の傍ら約4カ月かけて英語で論文を執筆。「気分が乗らない時に論文を書き(受験勉強に)メリハリをつけた」”
“今春、東京大学理科3類に現役合格し医師か医学者を目指して学んでいる”
岐阜高ってほんとにいろいろすごい人々を輩出して歯が立たない。先生が博士もってるってのも恵まれた環境だ。 /
「気分が乗らない時に論文を書く」さすがだ:
すご…。→
強キャラすぎて草

"受験生の坂井さんは勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」。今春、東京大学理科3類に現役合格"
この子らすごいな。高3でGISデータ分析できたってのもすごい。筆頭から6名の著者は全員高校生だけど、これ高校の生物部の部活の研究成果なんだね。

部活の研究成果が国際ジャーナルに載る時代か…。
東大理科Ⅲ類の合格生すげぇわ

記事本文より 



だってよ😅
素晴らしい高校教師。日本にはこういう有能な教師がごろごろいる。 >
物が違う…
>
"受験生の坂井さんは勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」。今春、東京大学理科3類に現役合格"
すごすぎ
すげえな理3に行く人類は…
“当時、受験生の坂井さんは勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。「気分が乗らない時に論文を書き、受験勉強にメリハリをつけた」。今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる。 /  高3らの研究が国際科学誌…”
気分が乗らない時に論文を書いた?
そら東大理Ⅲ受かりますわ
すげぇ
-「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」。
今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる。

ファッ!!!?、!?、?!!
とにかく凄い!
最後のオチがやばすぎる
“気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた” /
バケモンかよ。
「指導した同校の矢追雄一教諭(理学博士、分子細胞生物学)」という所が日本の懐の深さかのう。研究の素養と、受験勉強ばかりが先生から推奨されなかったという2つの点で。

-
そういえば、僕もこの高校の生物部だった。アフリカツメガエルの世話しかしてないけど。結局全滅したし。
今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる。
高校生で論文執筆した人が居るとは…。す、すごい
〝「気分が乗らない時に論文を書き、受験勉強にメリハリをつけた」。今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる〟 ←腰抜けた…
彼がでかいんじゃなく先生が小さいのか^_^
(肉じゃが煮込み中)
"気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた” 能力高い人の片手間ってすごいんだなあ(°_°)
こんなに学問的才能がある人が理科3類に行って医師になるというレールに乗っかるのはちょっと惜しい気もする

まあ凡人の戯言だけど
興味深いね。素晴らしい。隣国では妖しい「高校生の筆頭著者」が問題になっているようだが、こちらは疑いようがないようで幸いだ。>
受験の合間に論文? 東大理III合格? 完全に人間としての出来が違う… 素晴らしい👏 ☞
当時、受験生の坂井さんは勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。

で、東大理Ⅲへ
凄い!

大学受験の合間、論文執筆 高3らの研究が国際科学誌に:朝日新聞デジタル
筆頭著者は理三受かったそう😂すごい天才がいるな
“「地理情報システム(GIS)」を使って、県内でヤマトサンショウウオの生息地と似た環境を持つ場所を探した”
素晴らしい
指導した高校教諭は博士号持ちか。
真に地頭がいい。
ハンターハンターに出てきそうな高校生。凄い/
岐阜高校の人たち、4年前のGoogleの大会にもいた。これは凄い…
こういう高校生の活躍がもっともっと日本で取り上げられますように!!
「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」スゲー

筆頭著者、東大理科3類に現役合格、医師か医学者目指す
韓国との「対句法」ですか?
これはある意味、科学論文が少し訓練すれば誰にでも書けるフォーマットを採用しているということで、それは開かれた世界を作る意味で素晴らしいことだと思うわけ。
むしろ東大の理科3類に合格するなら頷ける。素晴らしい。/
すっげえってなって最後まで読んだら、理3現役合格と、、😇😇
離散に現役合格ってすごいよね。

論文のテーマ、実験手法もすごいと思う。「高校生が書いたからすごい」とかいう話ではない。

 高3らの研究
何にゃ、「地理情報システム(GIS)」って
すごいなぁ。
これもう学部卒業できるレベルじゃん。なんなら博士も取れるのでは…。
国際論文執筆と東大理三現役合格を同時になしとげるとは……
やっぱり岐阜高校やね。
『今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる。』
結局、医学系な...あるある
桁違いの能力におののいているけど、「環境DNA 」という比較的新しい(と思っている)手法を高校生が普通に使っているという事実で白目(白目)
気分転換に国際誌に載る論文とか書いちゃいてえな
きれなんて言うモンハン?
都内の上位私立高校とかじゃなくて、岐阜の県立高校というのがすごくいいですね
眩しい……若さと賢さが眩しい。
気分が乗らない時に論文を書く……
「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」
坂井さんは岐阜高時代、高校生科学技術チャレンジ(JSEC=ジェイセック、朝日新聞社主催)で上位入賞しています。
校務に気分が乗らない時に書け、ということですね、ごめんなさいごめんなさい
「勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。『気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた』」
「「地理情報システム(GIS)」を使って…医師か医学者を目指して学んでいる。」

是非とも医療GISの道に進んでほしい!世界を見てもこの領域はまだまだブルーオーシャン。というか私が勧誘しに行きたい!
強い。
岐阜高校3年生が受験の合間をぬって執筆した論文なのだとか!
当時、受験生の坂井さんは勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」。今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる。
「自然科学部生物班は2016~17年、様々なデータを分析、編集できる「地理情報システム(GIS)」を使って、県内でヤマトサンショウウオの生息地と似た環境を持つ場所を探した」
《受験生の坂井さんは勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」》|朝日:
だから地方はそこらの都内の私立の中高一貫の進学校より県立とか公立校のほうがレベル高いんだって/ちなみにこの岐阜高校は偏差値72で岐阜では1番、全国の10,050校中77位な。東大に19人行くような学校 /  高3らの研究が国際科学誌に:朝日新聞…”
これが都会の有名中高一貫校とかじゃなくて地方の県立高校というのが夢のある話だ。 /
韓国のタマネギ男の娘が高校の時にファーストオーサーの論文を書いて
それが名門大学への入学許可要因となり、
インチキではないかという疑惑がでているが、
高校生の論文ないわけじゃない。
チートキャラだ。将来は日本で才能を腐らせないようにしてほしい /
絶滅危惧種に指定されている「ヤマトサンショウウオ」の新たな生息地を、岐阜県立岐阜高校の生徒らが独自の方法で発見し、研究成果をまとめた論文が国際科学誌に掲載された。
「当時、受験生の坂井さんは勉強の傍ら、約4カ月かけて英語で論文を執筆。『気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた』」。おお、キュリー式(©︎玖保キリコさん)ですね! /
絶滅危惧種に指定されている「ヤマトサンショウウオ」の新たな生息地を、岐阜県立岐阜高校の生徒らが独自の方法で発見し、研究成果をまとめた論文が国際科学誌に掲載されました。
研究されながら理三現役だったのか。時間管理術を学びたい。。
普通に理Ⅲに現役合格してて笑うしかない。秀才とはこういう人だな。
"「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」。今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる。"
"絶滅危惧種に指定されている「ヤマトサンショウウオ」の新たな生息地を、岐阜県立岐阜高校の生徒らが独自の方法で発見し、研究成果をまとめた論文が国際科学誌に掲載された。"
俺も気分が乗らない時にブコメを書き、(仕事に)メリハリをつけるようにしてる /
“気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた” 聞きましたか皆さん! /
推薦で理三合格した学生ぶっ飛んでるな (゚д゚)!


後輩たち負けるなよ!(笑)
これはすばらしい!推測だけで恐縮だが、顧問の先生が学位持ちだったり、大学の支援が受けられたことは大きいと思う。こういう才能ある高校生はたくさんいるはずで、将来的にその分野を勉強するか論文を書くかは別として、学術的な専門家が支援できる体制が望ましい。
この方法論は環境アセスメントや開発後の影響調査を広範な種に渡って評価する手法としても有望かもしれない >
まじか!すごいなおい
こういうのができる教育環境、仲間があるのは大切
英語の指導は先生だろうか?だとしたら教育レベルも高いなと。
“候補地を5カ所に絞り込み、現地で水を採取し、残されていた生物の痕跡「環境DNA」を分析。17年にヤマトサンショウウオのDNAを検出した場所で卵を見つけた。” /
「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」→お手本にさせていただきます。論文執筆は本業に入りますが。
高校生が受験の合間に論文を書いているのに...仕事の合間にツイッターを開いて論文が書けない皆さん(と私)!
高3で英語で学術論文書いちゃう能力あるんだ、、、その能力ぜひもっと伸ばしてほしい。
すごい高校生ら、
ーー候補地を5カ所に絞り込み、現地で水を採取し、残されていた生物の痕跡「環境DNA」を分析。
理三合格の合間に研究&英語論文執筆。末恐ろしい。>
理Ⅲの勉強の合間ってのがかっこいい
「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」。今春、東京大学理科3類に現役合格し、医師か医学者を目指して学んでいる。
…うんうん、気分か乗らないことってあるよね(棒)
「絶滅危惧種に指定されている『ヤマトサンショウウオ』の新たな生息地を、岐阜県立岐阜高校の生徒らが独自の方法で発見し、研究成果をまとめた論文が国際科学誌に掲載された」 /
> 「気分が乗らない時に論文を書き、(受験勉強に)メリハリをつけた」。
いい趣味の付き合い方だ…
以上

記事本文: 大学受験の合間、論文執筆 高3らの研究が国際科学誌に:朝日新聞デジタル

関連記事