TOP > 社会 > 性暴力が無罪になる国 「司法判断の根底には性差別が」 [性暴力を語り始めたひとたち]:朝日新聞デジタル

性暴力が無罪になる国 「司法判断の根底には性差別が」 [性暴力を語り始めたひとたち]:朝日新聞デジタル

 花を手に、性暴力に抗議する「フラワーデモ」が広がっている。性暴力をめぐる無罪判決への抗議がきっかけだが、自らの被害を語り、裁判官の常識を問う場にもなっている。市民が理解しにくい無罪判決はなぜ続くのか...

ツイッターのコメント(29)

最大の原因は司法が男社会で作られ守られて?いるせいではなかろうか
朝日新聞はどうなんだろう
性差別の根源は司法という人間の過ちを見直すことは難しいのかな。
「司法にたどりつけなかった人たち」のことを想う。刑法改正見直しに向けても、話すことができず傷ついたままの人たちの声や気持ちを聞き、救うことが重要ではないか。◇
結局、日本もインドやバングラディシュのような性差別大国、性犯罪大国と大差無いってことだよね。
"私が司法試験を受けるときに勉強に使った刑法の解説本には、強姦罪によって保護しようとする法的な利益は『性的自由ないし貞操』だと、併記されていました"

[性暴力を語り始めたひとたち]:朝日新聞デジタル
「男女平等の度合いを示す世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数で、日本は昨年、世界110位でした。逆に言えば、110位の国でこういう判決が出るのは相応なのです。日本は性差別が色濃く残っているのに、それが認識できていない国なのです」
「常識を問い返すことが大切です。この国の法律に関する常識や経験則はほとんど、男性の生活だけを基に成り立っています。常識や経験則が誰のものなのか、考えなければなりません」
「私は弁護士として性暴力の被害者のことは知っているつもりでした。司法にたどり着く手前で、被害について話すことさえ難しかった人がこんなにもたくさんいて、自分のつらい体験をしゃべっている。悔しさや切なさが伝わってきました」
👫ジェンダーギャップ世界110位の国、日本。

「泥酔してほとんど意思表示できない人とセックスして、『相手は同意していると思っていた』というのは、心臓の脇を刺しながら『殺す気はなかった』というのと同じようなことだと思うのですが」
虫嫌いの人たちが「昆虫は地球外生物」というトンデモ説を発想するように、男性も「地球外生物」「原住民女性を強姦したせいで地球を支配した」のではなかろうか。
>>この国の法律に関する常識や経験則はほとんど、男性の生活だけを基に成り立っています。常識や経験則が誰のものなのか、考えなければなりません(本文引用)

運用する人の頭の中を変えるためには、法学部や法科大学院で性差別や性被害について正しく教えるには何が必要?
アジアをリードするべき三つの国が、侵略虐殺国家と嘘デマねつ造の幼稚国家と性暴力が無罪になる国とはね。
「心臓のすぐ脇をナイフで刺したにもかかわらず、『殺す気はなかった』と弁明しても通じません。だけど、性暴力についてはこういう言い訳が通るのです」
角田由紀子「刑法が制定されたのは1907年、明治時代です。家父長制の下、女性は選挙権もなく、結婚すると民法上は法的無能力者とされました。強姦罪は財産犯みたいなもので、権利を侵害されるのは被害に遭った女性ではなく、その夫や父でした」
「条文を変えても、運用する人の頭の中が同じであれば、判断は変わりません。司法の世界は圧倒的な男社会です」。
明治時代、結婚した女性は民法上の法的無能力者で強姦罪は夫の財産犯みたいなもの、生きた被害者は存在しなかった、刑法が出来た、性犯罪の規定が作られたのはこの時代
司法の性差別については確かに感じる。世の中の価値観の変化のスピードに司法がついていけてないのは判例法主義の影響か?法制定する立法府の遅れも後押ししている。
議員比率を人口比率と同じくらいにすれば、性別間の問題もかなり変わるだろう。
性暴力に遭われた方にとって、加害者が無罪になる法律なんて、絶対に変えなければならない。
女性議員の増加を期待する。
花を手に、性暴力に抗議する「フラワーデモ」が広がっている。性暴力をめぐる無罪判決への抗議がきっかけだが、自らの被害を語り、裁判官の常識を問う場にもなっている。
「性暴力が無罪になる国」ではなくて「犯罪事実の立証が不十分なら無罪になる国」が正しいと思うがな。どんなにあやしくても真っ黒でなければシロ、が刑事裁判。>
「性被害を話すのは法廷でも大変です。それを街で、知らない人たちの前で話している。何かが沸点に達し、フタが開いた」何でもそう。むちゃな就業規則の変更も、裁判になって「ひどいね」と。誰かの勇気が必要なシステム:朝日新聞デジタル
性差別が色濃く残っている日本の司法を批判した重要なインタビューです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
田由紀子弁護士 ...
花を手に、性暴力に抗議する が広がっている。性暴力をめぐる無罪判決への抗議がきっかけだが、自らの被害を語り、裁判官の常識を問う場にもなっている。
「常識を問い返すことが大切です。この国の法律に関する常識や経験則はほとんど、男性の生活だけを基に成り立っています。常識や経験則が誰のものなのか、考えなければなりません」(聞き手・河原理子)
沈黙の被害者は多い😭私は弁護士として性暴力の被害者の事は知っているつもりでした。でも、私が知っているのは司法にたどり着くことができた人たち。その手前で、被害について話すことさえ難しかった人がこんなにもたくさんいて、自分の辛い体験をしゃべっている。
「この国の法律に関する常識や経験則はほとんど、男性の生活だけを基に成り立っています。常識や経験則が誰のものなのか、考えなければなりません」

>>
>日本で最も最悪なのは司法なのがよーく分かった。
 道徳も正義も無い。
 法治国家とは権利の調整しかなく、世の中は善意が損をするようになっていた。
 びっくりだ
《泥酔してほとんど意思表示できない人とセックスして、『相手は同意していると思っていた』というのは、心臓の脇を刺しながら『殺す気はなかった』というのと同じ》
確たる証拠がないのに有罪になる国の砲がよっぽど怖い
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR