出口見えぬ香港 怒る警官の妻ら「市民と政府の板挟み」:朝日新聞デジタル

 「逃亡犯条例」改正案を機に警察とデモ隊の衝突が続く香港で25日、警察官の家族が主催した政府への抗議活動があった。約400人(主催者発表)が政府トップの行政長官の執務庁舎などにデモ行進。警察を矢面に立...

ツイッターのコメント(15)

誰が味方か。誰にとっての味方か。
仕事だからやるのか。命令だったら何でもやるのか。
@kananeko1970 既にそういう側面もあるかもしれませんが、一方でこういう状況もあるようです。 それに、香港警察の応援に本土から部隊が入っているという疑惑は6月頃からありましたし、先月あたりから凶暴化していますし…その辺の怒りは大陸と香港政府に向かっているのかなと推測します
自身もデモに参加する妻と、彼女の安全を気にかける警官の夫。市民の敵にならざるを得ず、疲労困憊の夫を心配する妻。>「香港人同士で争うのはもうやめたい」「警察は香港政府と市民の間で板挟み状態だ。本来は政治問題なのだから、政府が解決するべきだ」
警察発表では参加者は最大270名。「警察官の家族」とは参加者が自称しているだけで、実際にそうであるかは明らかではない。未確定の情報をさも確定した事実であるかの様に報じる朝日。>
@kurihei 香港の警官の記事でてました
警察官の妻だという女性(29)は、自身が抗議デモに参加している。「気をつけて行ってこいよ」と送り出してくれる夫も、問題となっている「逃亡犯条例」改正案に内心、疑問を感じているという。
>警察官の妻だという女性(29)は、自身が抗議デモに参加している。(中略)週末の度にデモが繰り返され、夫は出番と待機で疲れ切っている。香港人同士で争うのはもうやめたい」と訴えた。
警察は権力の暴力装置だからな
主権を、持たない悲しさってヤツか。

沖縄と似ていて、同国人、同郷人同士がぶつかり合う構図かも。沖縄県警や海保が、香港警察の立場に近い。そして、支配層はそれらを見下ろしているもんだ。

◎ 怒る警官の妻ら「市民と政府の板挟み」:朝日新聞
そう、末端の警察官だって、香港市民なんだよね😢沖縄と同じ構図。
いよいよ警察官の家族がデモを始めたという重要なニュースです。
#香港
警察官の妻だという女性(30)は、「警察は香港政府と市民の間で板挟み状態だ。本来は政治問題なのだから、政府が解決するべきだ」と怒った。
朝日新聞デジタル
怒る警官の妻ら「市民と政府の板挟み」


「逃亡犯条例」改正案を機に警察とデモ隊の衝突が続く香港で25日、警察官の家族が主催した政府への抗議活動があった。
“警察官の妻(29)は自身が抗議デモに参加している。「気をつけて行ってこいよ」と送り出してくれる夫も、「逃亡犯条例」改正案に内心、疑問を感じている。「週末の度にデモが繰り返され、夫は出番と待機で疲れ切っている。香港人同士で争うのはもうやめたい」と訴えた”
ゲート前の若い沖縄県警を思う。
"警察を市民の元に戻そう"
「逃亡犯条例」改正案を機に警察とデモ隊の衝突が続く香港で25日、警察官の家族が主催した政府への抗議活動があった。約400人が政府トップの行政長官の執務庁舎などにデモ行進。警察を矢面に立たせたまま混乱を収束できずにいる政府への警察内部の不満を家族が代弁した形。
以上
 
PR
PR