TOP > 社会 > 天皇陛下「深い反省」継承 全国戦没者追悼式でおことば:朝日新聞デジタル

天皇陛下「深い反省」継承 全国戦没者追悼式でおことば:朝日新聞デジタル

42コメント 登録日時:2019-08-15 12:39 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 終戦から74年となった15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。5月に即位した天皇陛下が、皇后さまとともに初めて出席。昨年までの上皇さまと同様、「深い反省」という言…...

ツイッターのコメント(42)

「深い反省」
のできない人たちがいる
侵略戦争ではなかったとか
大日本帝国の時代感覚を
引きずったままでいたり
日本国憲法を理解しようとしない人たち

「深い反省」なしに
新しい日本はないよね
天皇は左翼
後藤さん、今日だけはこの内容を「安倍ソーリはですね…」とコメントしないんですね?

『歴代首相は式辞でアジア諸国への加害責任に触れ、「深い反省」や「哀悼の意」などを表してきた。だが、安倍首相は第2次政権発足後の13年から、7年連続で言及しなかった。』


朝日新聞デジタル 西村圭史、長谷文 木村浩之、黒田壮吉 2019年8月15日 12時27分
今の皇室の方々は、どの国とも交流を大事にし、困窮している人々へのいたわりを大事にし、そして現在の日本国憲法を大事にしておられます。そういう中、排外主義、差別やヘイト、弱者を切り捨てるようなことはするべきではありません。
戦後生まれが深い反省ってのは違和感しかない。>
意味深だな〜。
未来を予知しているのか、
既に自分達がどうなるのか
がわかっているのか。
韓国や中国、南アジア諸国を侵略し アメリカと戦争をした事は 一国民として 申し訳ない としか言えない 永久に反省の毎日です
朝日の”角度”が気になる。言葉尻を捉えて特定アジアに粘着を促しているようにも
「細川護熙氏以降、歴代首相は式辞でアジア諸国への加害責任に触れ、「深い反省」や「哀悼の意」などを表してきた。だが、安倍首相は第2次政権発足後の13年から、7年連続で言及しなかった」
>1993年の細川護熙氏以降、歴代首相は式辞でアジア諸国への加害責任に触れ、・・(中略)・・だが、安倍首相は第2次政権発足後の13年から、7年連続で言及しなかった。

日本に責任が無いから言わないだけ。
そんな下らない事を記事にするな便所紙新聞。
この手の式典、いつまで続けるんだろう。100年後もやってるのかな。
ーーー
深い反省しか戦没者への償いは無いと思います。
とても大事なこと。
上皇さまを踏襲し「深い反省」という表現をまじえておことばを述べられた天皇陛下。あくまで個人的な解釈だが、アジア諸国への加害責任に言及しなかった安倍晋三に対する、やわらかな牽制と取れなくもない。戦争のない世界となりますよう
WW2は本当に辛く悲しい戦争だった。日本は自分達の引いてはアジアの尊厳を守る為に戦った。二度と繰り返すべきではないが日本人はその誇りを忘れてはいけないと思う
そういえば陛下は「戦後生まれ」か。
天皇陛下「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し…」
今年もやはり「反省なき誓い」の 。
 でおことば:朝日新聞デジタル
全国戦没者追悼式でおことば。 「深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬこと」を切に願う
憲法改正する必要まったくないね!
これでも改正したいなら別目的があるってこと。私利私欲!?

安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。この誓いは、昭和、平成、そして令和の時代においても決して変わることはありません」とし、5年続けて不戦を誓った。
アベは、アジア諸国への加害責任に全く触れず‥ 蚊帳の外総理は今年も大日本帝国の侵略戦争を黙認する立場に終始した。天皇とは真逆。
陛下や首相の仰る反省の主語は日本ではなく人類です。
で、かの
「どうぞ安らかに。二度と過ちは繰り返しませぬから」
の意味が分かりますね。
それは
今度は絶対勝ちます!
でも
日本は悪い子でした!
のどちらでもない。
遥かなるマイルストーン
:安倍くんへのお言葉⁉️
天皇が代替わりしたので何か新しいことを言うのかと思ったら、何もなかった。「反省」「追悼」はするが、日本国民に対する謝罪は一切なし。
数百万の国民を死に追いやったにもかかわらず、天皇家は相変わらずいい気なものである。
/天皇「深い反省」継承 全国戦没者追悼式
歴史の教科書は改竄出来ても歴史は変えられない
天皇陛下のお気持ちは安倍政権の圧力があろうとも決して変えられない。
陛下のお言葉は憲法改正に対する国民へのメッセージだ。
憲法改正反対。
「1993年の細川護熙氏以降、歴代首相は式辞でアジア諸国への加害責任に触れ、深い反省や哀悼の意などを表してきた。だが、安倍首相は第2次政権発足後の13年から、7年連続で言及しなかった」…ここだけが明日の中韓の新聞に載るだろう。それが朝日の狙いだろうが…🤷🏻‍♂️⁉️
天皇だけが反省しても意味はない。陛下陛下と祭り上げる人間がいなければ、中国侵略などなかっただろう。
天皇神格化という天皇万歳教を反省しなければどうしようもない。
欲しがりません勝つまでは、と言って戦争した日本。原爆で手の裏返しでゴマすり外交だ。外交能力の無さを武力に走った日本。ハイ、反省です。
「1993年の細川護熙氏以降、歴代首相は…アジア諸国への加害責任に触れ、『深い反省』や『哀悼の意』などを表してきた。だが、安倍首相は第2次政権発足後の13年から、7年連続で言及しなかった」
「ツイッター仲間の皆さんへ」

天皇陛下のお言葉
朝日新聞デジタル - 2019年8月15日12時27分


5月に即位した天皇陛下が、皇后さまとともに初めて出席。昨年までの上皇さまと同様、「深い反省」という言葉を交えながら「おことば」を述べた。
(以下略)
⛩️参拝しないで、よく平気でいられるもんだ。心が痛むということはないんだろうな。
安倍首相は第2次政権発足後の13年から、7年連続で言及しなかった。
天皇陛下「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」
全国戦没者追悼式に、平成から令和へ…皇位継承され時代が変わったことを強く感じてしまう。実態はすべてグラデーション的変化の途中だけれども…w。>
終戦から74年となった15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京都千代田区)で開かれた。5月に即位した天皇陛下が、皇后さまとともに初めて出席。昨年までの上皇さまと同様、「深い反省」という言葉を交えながら「おことば」を述べた。
戦前、戦時中は煽りに煽りまくって世論を誤った方向に誘導し、戦後から現在にかけては誤報・捏造報道・偏向報道で日本を貶めている こそ真の深い反省が必要なのではないか?
深い反省を継承。
正に、戦後教育の賜物ですね。

できればマスメディアを中心に、もっともっと深く反省してほしい。

日本と反対方向を向いてる人達も、もっと深く反省すれば、180度回って同じ方向を向けるはずww
無難という感じ。「1993年の細川護熙氏以降〜」という文章の方が問題。
以上

記事本文: 天皇陛下「深い反省」継承 全国戦没者追悼式でおことば:朝日新聞デジタル