TOP > 社会 > アップルの契約に日本企業「知財侵害」 公取委調査検討:朝日新聞デジタル

アップルの契約に日本企業「知財侵害」 公取委調査検討:朝日新聞デジタル

 米アップルと部品供給契約を結ぶ複数の日本企業が、公正取引委員会のアンケートに対し、「自社から開示した技術は取引先が無償で他のビジネスに利用できる」といった一方的な契約を結ばされたと回答していたことが...

ツイッターのコメント(74)

@Siba_Kunimori 個人的に「技術凄い」でなく、「技術をどう金儲けに変えるか?」だと思いますが、それができていない企業が問題なんじゃないかと。技術は移転可能ですし。

ウォークマンの「音楽を持ち歩く格好良さ」のような文化を生み出す能力の喪失が一番問題なのかもしれません。
おい!
!!
マジでいいかげんにしろよ!
今まで世界中にこれほど邪悪な金儲けをしている企業が他にあっただろうか?

おい!
信者たち!
お前らは本当にそれでいいのか?
そのすぐ壊れるぼったくり が気に入ってるからってこんなやつらを許すのか?
これ結構前から言われてなかったか?
かつてのマイクロソフトの非係争条項に似てるね?
契約の重要性と、コンプライアンス上のリスクの怖さを示す事例と感じます。
Appleもこういう所、いやらしいな-【 公取委調査検討】
お前のものはオレのもの
オレのものはオレのもの
★ 朝日新聞デジタル

じじ川柳「米企業の横暴・利益寡占体質は今に始まったことではない!」
『アップル側の秘密は厳格に守るよう言われる一方で、日本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」などという一方的な契約を結ばされる事例があったという。』
Apple製品は好きだけど、こういったところはね
なんだそれは→“アップルと部品供給契約を結ぶ複数の日本企業が、公正取引委員会のアンケートに対し、「自社から開示した技術は取引先が無償で他のビジネスに利用できる」といった一方的な契約を結ばされたと回答” / “ 公取委調査検…”
Appleはこういう話がたびたびあるからあまり好きではないのだけど、1番嫌われてた時期のマイクロソフトより酷くない?あの時No MicrosoftでMacに移った人たちは声上げてWindowsかLinuxに行くべき。
超雑な説明ですが海外競争法は「これはダメだろ~」というレベルで初めて巨額罰金科す方式だけど日本は軽微な違反の段階で介入する方式。だからピングオが海外で普通にやってることを日本でやれば違法になる可能性があります。
へー。なかなかひでえな。〉
知財の身売りと引き換えに受注してやるというイメージでしょうか。部品供給側としてやっていこうとする日本企業の弱みとなりますね。

★ 公取委調査検討★
ほんとにもう………
不平等条約は公知の事実ですがその一方、情報を漏らすととんでもない額を払わないと、、、(その割に発売前に中華圏でリークされるという矛盾)
これ前からネットで記事にはなっていたけど、やっと公取委が動いたのね。小さい企業とか泣き寝入りしてたはず。
まあありそうな話だな
"アップル側の秘密は厳格に守るよう言われる一方で、日本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」などという一方的な契約を結ばされる事例があった"

ジャイアンかな?
真実なら昔のMSと同じだな。米国の企業は規模が大きくなるとやりがちなのだろうか。
似たような話、iPodの鏡面仕上げでもあったよな。
これはひどいやり方です!>
米アップルと部品供給契約を結ぶ複数の日本企業が、公正取引委員会のアンケートに対し、「自社から開示した技術は取引先が無償で他のビジネスに利用できる」といった一方的な契約を結ばされたと回答。
この会社の体質、ほんとずっと変わらないな
『日本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」などという一方的な契約』
公取はさっさとGAFA対応を進めんかい、っと
これはひどいな、罰としてお金山ほど取っちゃえ💕
あれあれあれ~? おかしいぞ?
オバマさんにトランプさん。
あなたたち「中国は提携企業に技術を提供させて盗む」って批判してなかった? してたよね。

アメリカもやってんじゃん!
泥棒。
これだからiPhoneは使いたくないんだよなーー
独禁法では、強い立場を利用して下請け企業に不利益を与える「優越的地位の乱用」を禁じている。
これが本当ならAppleは酷い企業だね。
あら、また日本の技術が……
次はiPhoneから離れようかな…見損なう案件だわ。5G搭載も遅れがちなのに態度だけはデカイし、横柄でダッセー企業になってしまったんやね。やってること全然クリエイティブじゃない。失望だよ!
これ本当ならAppleもなかなかのクズ企業だな。
なんか似たような小説サイトがあったような……(笑)
"商談を進めている最中に、アップル側の秘密は厳格に守るよう言われる一方で、日本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」などという一方的な契約を結ばされる事例があったという。"
結構知られた話と思ってたんだが、そうでもないのかな?
下衆い! :
一時期の売れてない時もアップルファンだったが、こういう話を聞くと一気に萎えるな。
日米不平等条約だな?

明治から続いていたとは?
これ、iPhoneが日本に入ってきた時に当初docomoから発売される予定だったのがこの論外な条項が入っていたためボツになりsoftbankから出るようになったやつ。softbankがこの条件を飲んだかは知らん。
あ!以前めちゃくちゃでかい会社で働いてましたが、コレありました(気がする)
アップルの契約
日本企業の知的財産権を侵害している。

具体的には、商談を進めている最中に、アップル側の秘密は厳格に守るよう言われる一方、日本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」などという一方的な契約を結ばされる事例があった。
20年以上前からApple と取引経験のある製造業の人は言ってるんだよ。
ーーーーーーーーー
日本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」流石アップル!やりたい放題だな!
»
これをジャイアン契約といいます!

テストに出ますよぉ〜w

部品供給契約を結ぶ複数の日本企業が、「自社から開示した技術は取引先が無償で他のビジネスに利用できる」と一方的な契約を結ばされたいたことが6日分かった。優越的地位の乱用の可能性
Appleだから何しても良いわけじゃないぞ。
こういうお仕事をする人たちがジャニーズ事務所に甘いわけないよ・・・
札束をチラつかせてアップルはより安い中国企業に同種部品を移管製造させていたことは周知の事実。どんどん摘発して損害賠償請求を。
最近、「優越的地位の濫用」での公取委の動きが、よー話題になるなぁ…
8年ぐらい前からこの問題があるけど未だにアップルはこれを続けているのか LGBTや環境がどうのこうのと言うくせに税金すら払わない偽善の塊のような企業だよな :
貪欲種本主義を奉じる企業はどこも自社に有利な契約を結ばせようとする。一将功成りて万骨枯る。中国は米国のジャイアント企業に学んだのではないか。#立憲ボイス>
さすがアップル。こういうところよな。 //
一億総下請け国家の悲哀ね  →
Appleさん、日本の企業から知的財産を不当に吸い上げるの止めて下さい
私はアップルファンだし。
WINユーザーの家族にかなり迷惑かけられてます。
これはあったほうがいいやつです。
私だけは助かってるんですけどね。
所詮appleもこの程度だよ
特定の国だけが、というわけではない
お中華へ GO 違う←wwww
アップルユーザーさん…。
そろそろ に乗り替えませんか…。
おっ、よく聞く話だけど、珍しく表に出てきたな。
よくわからん。おい新聞記者、ちゃんと書けよ。「「知的財産を侵害する可能性のある契約を一方的に結ばされた」などと回答した。」「
アップル、お前もか!
大手からすれば中小なんて奴隷でしかないよ。
おや。<アップル側の秘密は厳格に守るよう言われる一方で、日本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」などという一方的な契約を結ばされる事例があった>/
米アップルと部品供給契約を結ぶ複数の日本企業が、自社から開示した技術は取引先が無償で他のビジネスに利用できる」といった一方的な契約を結ばされたと回答していれば、知的侵害である。
これは公取、徹底的にやるべき。あと、アップルの日本法人は答えませんよ。そんな権限を本社から与えられているとは思えない。精鋭を米本社に派遣するなり、強引にでも呼びつけるなりして、とことん追及するのが正解。
ほほぉ。続報を待つか。
公取が最近よく動くな。
なんかあんのかな。
“本企業が開示した技術はアップル側が「無償で他のビジネスに利用できる」などという一方的な契約を結ばされる事例があったという”
これはアウト。
-
悪名高き「アップル帝国」にも綻びの兆しが見えてきたか…。Appleが優越的地位を利用して不当な契約締結を要求しても断れずに泣いた企業は数多い。彼らは「毒林檎を食った」と後に後悔することになったのだが…。
米アップルと部品供給契約を結ぶ日本企業が、公正取引委員会のアンケートに、「自社から開示した技術は取引先が無償で他のビジネスに利用できる」といった一方的な契約を結ばされたと回答していた。
事実ならヤバいですね。
「自社から開示した技術は取引先が無償で他のビジネスに利用できる」
米国企業 Apple の考え方と公取委の考え方を付き合わせ、優越的地位の乱用にあたるか判定してもらおう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR