TOP > 社会 > 最初に駆けつけた消防士「経験のない火災規模」 京アニ [京アニ放火]:朝日新聞デジタル

最初に駆けつけた消防士「経験のない火災規模」 京アニ [京アニ放火]:朝日新聞デジタル

14コメント 登録日時:2019-07-26 20:26 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都市消防局から現場に最も早く駆けつけた署員2人が26日、報道各社の取材に応じた。時折、涙を浮かべながら当時の状況を語った。過…...

Twitterのコメント(14)

>時折、涙を浮かべながら当時の状況を語った。過酷な現場に立ちあうことで生じる「惨事ストレス」を懸念し、市消防局は対策を始めている。
プロの消防士は悲惨な現場を見慣れているはず。
なのに記者会見で時折涙ぐむシーンがあるというのは、相当悲惨な出来事だったのだろう…。

#京アニ放火事件
京アニの放火現場 消防士も「経験のない火災規模」と振り返る
ある署員は「今は気が張っているだけかもしれない。人によって症状も発症時期もさまざま。被害者の生前の様子などを報道で見て、気分が落ち込むこともある」と話す。
会見していた二人、涙ぐんでた・・・
このインタビュー観ていましたが
つら過ぎて
泣きました💦💦

限界を超えた救助活動
無力さを感じた現状

どんなにか
悔しかったかつらかったか

もう二度と
このような悲惨極まりない事件が
起きないように!!
そうだろう
心のケアが必要だろう
悲惨すぎる

 京アニ(朝日新聞デジタル)
京都アニメは、想像できないほど、ひどい状況だったと思う。現場に駆けつけた、消防士さんも驚いたのではないかと思う。日本、世界中のアニメファンは、ショックを受けただろう。こんな事があって、いいはずがない。信じられない。
惨事ストレス/
まあそらただでさえ高層化近代化が進まなかった京都市や宇治市の消防が

京アニ規模の火災現場経験なんかしたはずはない
(あの辺、のどかだし)

東京消防庁の23区ならまだしも


 京アニ
壮絶な現場。大変な仕事だ… / “ [京アニ放火]:朝日新聞デジタル”
京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都市消防局から現場に最も早く駆けつけた署員2人が26日、報道各社の取材に応じた。
「3階建てスタジオの窓から炎と黒煙が噴出していた。防火衣を着ていても、消火しながらでないと中に入れない」通報後、5分でそれだけの火勢だったのか /
以上

記事本文: 最初に駆けつけた消防士「経験のない火災規模」 京アニ [京アニ放火]:朝日新聞デジタル

関連記事