千葉台風関連の記事一覧

TOP > 社会 > 国際芸術祭の「あいちトリエンナーレ」 いったい何?:朝日新聞デジタル

国際芸術祭の「あいちトリエンナーレ」 いったい何?:朝日新聞デジタル

26コメント 登録日時:2019-08-01 06:15 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

■いちからわかる! あいちトリエンナーレ始まるね Q 8月1日に愛知県で「あいちトリエンナーレ」という大きな催しが始まるそうだね。トリエンナーレっていったい何? A 「3年ごと」を意味するイタリア語で…...

Twitterのコメント(26)

[表現の不自由展・その後]:朝日新聞デジタル


*佐藤剛志 2019年8月1日06時00分
「主要な美術大学・芸術大学の入学者数や美術館の学芸員数は女性が多いのに、教員や館長は圧倒的に男性が多かった。」で出展の男女比を同じに・・・・逆に女性差別でしょ
・その後
そもそも前世紀から続いている伝統ある伊の国際芸術祭「ベネチア・ビエンナーレ」の猿まねネーミングで伊語使うところがなんとも大いなるカッペの愛知県らしいが、一旦解散して『愛知国際芸術祭』として専門家有識者入れて企画直してみては?

・その後
@naotarou1981 これが発端ですね。

・その後
国際芸術祭、ベネチアとか瀬戸内とか比較しているけど、
国内最大級の芸術祭とは、出展品数の事なのかな?実行委員会の都合の良い自称芸術家達の芸術作品と称する作品の質が他の芸術祭とは差がある事は伏せてあるよね。懸命に賞賛したいこのマスメディアの意図が見えます。
この金髪ブタがなぜ「芸術監督」なのか?選考理由を明らかにしないといけないよね。税金の使い道には説明責任が伴うはず

・その後
・その後
日本人を永遠に侮辱しようとする意図で制作出品されたものに芸術的価値があるのか?そのような物を展示する催しに税金が使われているならば、納税者は行政訴訟を起こすべきだ> ・その後
ふつーの美術展かと思って、気になってたのに、まず監督にあげられてる人の名前で不穏に感じてて、いざ始まってみたら案の定、というかはるかにひどい内容だったと聞いて落胆してる。
そもそものところをよく知らんなと思って概要の記事を見返してみました。

[表現の不自由展・その後]:朝日新聞デジタル
一発だけなら誤射かもしれないレベルの解説 by 朝日新聞
どこかで見たことが?
朝日だから仕方ないか
いったい何?(朝日新聞デジタル)

今年の真のテーマは「反日ヘイト」でしょうね
「芸術をはき違えた人々の痛い作品展」
にしとけば丸く収まったんじゃねw
能力を持った人がそれにふさわしい扱いを受けるべきとするなら芸大卒でもないのに芸術監督を務めてよりそれにふさわしい人の地位を奪っている現状とはどう折り合いをつけているのでしょう。
アサヒとパツキンおじさんの連携プレー。
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
気持ち悪い朝日新聞の記事
津田大介を異様に持ち上げて「売春婦像」については一言も触れられず。
「人類が直面している問題の原因は情にあるけれど、それを打ち破るのも情だ」
…まああなたの世界観ではそうなんでしょうね、としか。
慰安婦像展示なんて、愛知県大丈夫か?
金豚が芸術監督という時点で笑ってしまう。
“人類が直面している問題の原因は情にあるけれど、それを打ち破るのも情だ”
(Q)今回のテーマは「情の時代」だって?
(A)芸術監督の津田大介さんが考えた。人類が直面している問題の原因は情にあるけれど、それを打ち破るのも情。「情によって情を飼いならす技」こそ本来のアートだと。
津田、れいわ新選組山本太郎との違いを見せつけるw>
「今回のテーマは『情の時代』だそうだね?」「芸術監督でジャーナリストの津田大介さんが考えた」「この世界に存在するあらゆるものを取り上げられるアートが持つ力で、問題解決の糸口を探りたい」 / “ いったい何?:朝日新聞デジ…”
以上

記事本文: 国際芸術祭の「あいちトリエンナーレ」 いったい何?:朝日新聞デジタル

関連記事