TOP > 社会 > インパール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史 [平和連載・モノ語る]:朝日新聞デジタル

インパール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史 [平和連載・モノ語る]:朝日新聞デジタル

48コメント 登録日時:2019-08-13 09:01 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 「この幅わずか2~3メートルのニントウコン川を見て下さい。日本軍と英国軍との戦闘が、ここでありました」 インド北東部インパール郊外。目印もない道ばたで、地元出身のガイド、ヤイパバ・カンジャムさん(3…...

Twitterのコメント(48)

調査に応じたニマイチャランさん(87)は、幼少期に母が病死し、11歳だった43年には日本軍の空爆で父親を失って孤児に。それでも取材にこう語った。「日本兵はかわいそう。人を殺さなければいけない状況に追い込まれたのだから」
「地元の農家から巻き上げた牛をお弁当代わりに山をこえよう」みたいな滅茶苦茶な作戦の被害にあったのに地元民は慈悲深いなあ

・モノ語る
"調査に応じたニマイチャランさん(87)は、幼少期に母が病死し、11歳だった43年には日本軍の空爆で父親を失って孤児に。それでも取材にこう語った。「日本兵はかわいそう。人を殺さなければいけない状況に追い込まれたのだから」"

・モノ語る
「日本兵はかわいそう。人を殺さなければいけない状況に追い込まれたのだから」日本軍の空爆で父親を失って孤児となった男性のコメント。

インパール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史:朝日新聞
地元ガイドのカンジャム氏もナガ族系統のモンゴロイドだろう、所謂「インド人」と見た目が全然違い日本のおっちゃん同然。同じ顔の日本軍にインパール地元民が当初積極的に協力したという話も頷ける
若い男性というだけで徴兵され人殺しにされ、また殺された。女性が性差に基づく差別があると主張するなら、これもれっきとした性差別。なのに、そのように扱われることは決してない。 ・モノ語る
朝日にしては珍しいって思ったけど、「日本兵の暴力は恐ろしかった」これが言いたかったんか
どんなテーマで書くか、そのテーマをどう書くかといった工夫と同じように、いつどのような形でどこから記事を発信するかというのも、記事を読んでもらうためにできる工夫の一つ。

ちなみに触れたのはこの記事です。
"近年の経済成長によって日本の援助の重要性が薄れたことも歴史認識に影響したと、早稲田大の早瀬晋三教授は言う。

「戦争の記憶は各地に残っていたが、経済支援が優先された。それが経済的、政治的に安定して、遠慮せず過去に関する意見が出るようになった」"
私は世界で戦死したり、戦争に巻き込まれた一般市民は
本当に理不尽で可愛そうだと思う。何故そんな理不尽な一般市民が不当だと言えない世界はおかしい!
それで戦争でボロもうけする人間たち企業は恥を知れ
日本のあちこちで、今も、”現在の”インパール作戦が行われている。歴史に学ばないとな…。----- ・モノ語る
・モノ語る “アジア・太平洋戦争で日本は、「南方作戦」として東南アジアのほぼ全域に侵攻した。主な狙いは資源確保。1933年に国際連盟(当時)を脱退して孤立し、英米などから石油禁輸措置などを受けていたからだ。”
「地元はずっと軽視され、孤立してきた。同じように忘れられてきた戦争の記憶も残さないと、忘れ去られてしまう。これは私たちの歴史だから」/ ・モノ語る
私たちはこの人たちに学ぶことがたくさんあると思う。侵略戦争をなかったことにする人たちは、この記事を読んで自分たちの愚かさを恥じたらいい。

・モノ語る
朝日新聞さん
またですか?
余りにワンパターンで脳が萎縮してしまいます。
いつになったら「勇ましい」とか書かないのでしょうか?

・モノ語る
インパール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史:朝日新聞デジ
日本側は食料や武器弾薬の不備などで3万人超の死者を出した。
 「攻撃はいつも夜中でした。想像して下さい。真っ暗で豪雨の中、飢えや病気に苦しみながら戦ったんです」
テレビに比べると新聞はしっかりやっているように見える。
戦争は人間の正常な判断を狂わすものだ、だから致し方ない事が多くしてしまう今それを追求する事は正しくない、戦争をしない事に頭を使うべきだ!
来年の東京五輪はこのインパール作戦と同じ。最初から無謀な作戦といわれており、3万人以上の日本兵が死に追いやられた。にもかかわらずこの作戦を指揮した牟田口廉也は戦後も責任を取ろうとせず、「あれは私のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と言い続けた。
朝日サマ、
オラがお付き合いした
生き残り兵たちはみんな
誇りを持ってたすよ
歴史を残し伝えようとする人達がいる。一方、歴史を改ざんして無かったことにしようとする国がある。言葉巧みに国民を騙し、再び軍事化を進める国がある。/ ・モノ語る
知覧特攻隊の手紙は達筆で文章も理路整然としている。このような優秀な若者を名も亡き者として消費するのが戦争。「国」って何なのか?間違ってもあの人のために死なないで欲しい。
・モノ語る
・モノ語る
来年のボランティアもこうなる可能性が・・・
歴史から何も学んで無い。
#先の大戦 もう一度やるか? 平和ボケ国民目を覚ませ 自公安倍政権 日米同盟戦争法制構築中 九条改憲の後は国民皆兵へ!>>>インパ^ール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史:朝日新聞デジタル
経済的な要因より、時の流れでしょう。→ ・モノ語る
歴史には様々な視点からの評価があるが、事実は一つ。いまだに従軍慰安婦や南京虐殺は無かったとする日本は国際的には奇異に見えるだろう。人数の多寡、命令系統の違いはあれあったものを無かったことにはできない。
インパールに戦跡をガイドする旅行会社ができてたのか。これはぜひ行きたい。

・モノ語る
どんな理由でも、戦争は一番悪いけど、挑む方に怖らなくて立ち上がるのは最適な対応だ。これは歴史の教訓だ。大人しく、侵略について黙っては、戦争を終わらせないんだ。 ・モノ語る
心から同感❗️
昔日本兵、今庶民が・・‼️😭😭
[平和連載・モノ語る]:朝日新聞デジタル
「連合国軍の補給ルート分断を狙った、日本軍の『インパール作戦』 (中略) 日本側は食料や武器弾薬の不備などで3万人超の死者を出した」

インパール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史:08/13 朝日新聞デジタル ・モノ語る
人それぞれに真実の歴史がある。決して一つではない。ただし、事実は一つであって、見方や立場が異なるだけ。主観と客観が異なるなど、今更語るまでもなく。
インパールから遠く離れた大本営参謀部でちょび髭生やした青二才が多くの同胞を
机上の紙切れ一枚で操り戦死させ、戦後も生き残り報復を恐れ護身に忍ばせた短銃。

・モノ語る
・モノ語る

日本人の精神構造と人権意識はこのころと何にも変わってないと思う。
ねぇ、安倍総理。
自殺しちゃった職員がいるんだよね?憲法改正という大事の前の小事と思ってるんだろうな
180813 [平和連載・モノ語る]:朝日新聞デジタル

 議員選びは、投票だけでいいのだろうか。議員としての適正検査とか、まず作りたい法案の明示とか、改正したい法案とか、必要だろうな。
かつて南方と呼ばれ、太平洋戦争の戦場になった東南アジア南アジアの人々が自分たちの視線で戦争を振り返る動き。同僚たちの取材です
今更インパール作戦ネタもなぁ…
日本軍は、食料や武器弾薬の補給を軽視してインパール作戦を断行し、飢えや病気で3万人を超える死者を出した。地元ガイド「攻撃はいつも夜中でした。想像して下さい。真っ暗で豪雨の中、飢えや病気に苦しみながら戦ったんです」 ・モノ語る
他国が日本の戦争を可哀想と言ってくれているのに
日本軍が展開したインパール作戦の激戦地跡で新世代達により埋もれかけた戦争の記憶発掘ブーム「合意したのは、二度と戦争を起こさない思いを、若い世代と共有できる展示にすること...日本兵かわいそう」
・モノ語る
インド独立の英雄、ボース指揮するインド国民軍がインド独立を目指して日本軍とともに戦ったインパール作戦。戦後の独立のきっかけもインド国民軍。独立のために多くの血を流した日本を悪くいうはずがない。インドが親日の所以。朝日の極悪非道の日本軍とは違うのだ。
・モノ語る
インパール作戦に参加した兵士たちの手記を何冊も読むべし。如何に無謀で残酷を極めた悲惨なものだったかが分かる。牟田口中将が過去の自分の汚名返上のため撤退を認めず強行した史上最悪の作戦。
牟田口への悪口はそこまでだ(棒)語り継がれるのか?(´・ω・`)σ
この記事の写真にも写ってる人々の顔は、日本人にも親しみやすい。マニプルやお隣のミゾラムなどには、このような人々が居住している。

・モノ語る
「この幅わずか2~3メートルのニントウコン川を見て下さい。日本軍と英国軍との戦闘が、ここでありました」
目印もない道ばたで、地元出身のガイド、ヤイパバ・カンジャムさん(32)が説明を始めた。
日本の東南アジア侵攻と現地の国々での戦争の記憶を掘り起こす取り組み。

※朝日新聞デジタル有料会員じゃないと読めないかも。その時はごめんなさい。🙇‍♂️
・モノ語る
「東南アジアにとって、日本による占領は、独立やアイデンティティーの確立に関わる歴史であり、資料を残す機運が青年たちの間で高まっている」 /
決して忘れてはいけない。
以上

記事本文: インパール作戦「日本兵かわいそう」地元が語り継ぐ歴史 [平和連載・モノ語る]:朝日新聞デジタル

関連記事