TOP > 社会 > 万引き犯の顔画像、共有ダメ? 被害苦しむ書店の新対策:朝日新聞デジタル

万引き犯の顔画像、共有ダメ? 被害苦しむ書店の新対策:朝日新聞デジタル

 東京・渋谷駅周辺の3書店が30日から、万引きをしたとみられる人物の画像を顔認証システムに登録して共有する。書店の深刻な万引き被害が背景にあるが、個人情報の取り扱いに問題はないのか。 参加するのは、啓...

ツイッターのコメント(39)

有料サイトやから途中までしか読まれへんけどやってるとこもあるのね🤔
いろいろわかっていない人が書いている感じがあるが象徴的なのがここ。「記者の顔画像を登録すると、眼鏡をかけたり、うつむいたりしても同一人物と認知した」 ( 被害苦しむ書店の新対策:朝日新聞デジタル)
(これも裏に行政=警察がいることが真の問題)開発した企業「グローリー」(兵庫県)の.../系列の違う書店間で顔画像を共有するのは国内で初めてだという / “「万引き犯の顔」苦しむ3書店で共有 新対策に課題は?:朝日新聞デジタル”
今までなかったんだ
あんたら、容疑者の顔写真も甲子園球児や応援団の写真も同意なしで公開するのに良くそんなこと言えるなって思った
万引き犯だと書店側が思っている人物の写真を書店間で共有かけて顔認証するのに個人情報保護の観点からは問題ないみたいな事言ってるの何:
こういうシビュラシステムはいいと思うけどね。実際同じ奴やで、やってるの。:  被害苦しむ書店の新対策:朝日新聞デジタル:
SNS等で無秩序に晒すわけではないし、顔以外の個人情報が付いてるわけでも無い。店舗からの情報漏洩や、無関係の人が誤認で不利益を被るような事例が出ない限りは、とも思うが、さてどうだか。
本は買ってくんなまし
そのうち病院でも…
「東京・渋谷駅周辺の3書店が30日から、万引きをしたとみられる人物の画像を顔認証システムに登録して共有する。書店の深刻な万引き被害が背景にあるが、個人情報の取り扱いに問題はないのか」。/
罪も犯していない一般市民を対象にした警察のやり方には批判はしないのね。こちらの方が問題が大きいと思うのだか。
防犯が監視へ。
長年商売やってると来店時のオーラで100%分かるので未然に防ぐようにしてますが、残念ながら未だに稀に。ウチのカメラはダミーではないので、怪しい時は録画確認し、確定の時は警察に被害届けで提出します。

万引き犯の顔画像、
7〜8割りの信頼度でいいのだろうか?
う〜む、新対策の是非はおいて、万引きは絶対にやめてほしい!コンビニでの週刊誌の立ち読みもダメ!
店員が勝手にこいつ気に食わないから登録しておこう、とかできるのかな?

それとも閲覧・設定できる管理責任者を置いて制限してる?

【 被害苦しむ書店の新対策:朝日新聞デジタル】
8割とか、冤罪をうみかねないぞ。
個人情報の取り扱いに問題はないのか。
配慮はすればいい。
しかし、万引きは、犯罪。窃盗事件が繰り返されて言い訳がない
企業が経営に圧迫理由で、とても繊細な個人情報を共有ってどうなの? まずは人権の尊重が先にあるのでは、と思ってしまうんだが。 

『「万引き犯の顔」苦しむ3書店で共有 新対策に課題は?  朝日新聞』
人間のやることにミスは付き物。店側の勘違いで万引き犯として登録されたり、登録時の操作ミスで別の人物を誤登録してしまう可能性もあるんとちゃうの?
そういうのはどうやって防ぐんやろか?表に出ないからそれでOKってことかな?
犯罪率が集中している、未成年者の対応はどうなんかな
いい事だよ。どんどんやった方がいい。あと、公共交通機関や街中にも監視カメラをなるべく多く設置すべき。犯罪も減るだろうし冤罪も減る。悪いことしていない人たちにとっては痛くも痒くもない。
「個人情報の取り扱いに問題はないのか」てマスゴミに向けて盛大なブーメランになってません?大丈夫??
被害苦しむ書店の新対策


東京・渋谷駅周辺の3書店が30日から、万引きをしたとみられる人物の画像を顔認証システムに登録して共有する。書店の深刻な万引き被害が背景にあるが、個人情報の取り扱いに問題はないのか。
こんなの効果あるの?それよりもどうせカメラを回してるのなら不信な挙動を感知したほうがいいんじゃないの。
大問題となっている万引き。とある駅近の書店だと6000万近くの損益を出していて、少しでも減らせるなら保安警備員の人件費も惜しくないというレベルだったり。
ところで顔認証データの共有となると、かなり問題になる可能性もあるし……、いろいろと転換点に来ているね。
|都会に住んでいる心ない人が万引きするから問題化するんだろ。グンマーの地方都市は書店がほぼなく、立ち読みすら出来ない。自分の専用書店はAmazonかヨドバシさんだ。
啓文堂書店渋谷店、大盛堂書店、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店では、来店した客を盗撮して顔写真を共有するとのこと。店員が「こいつ、犯罪者にしちゃろ(ケケッ」と悪戯すると、各店に指名手配写真が回る仕組み。
「「技術の進展に伴い、使い方次第では『防犯』は容易に『監視』に転じる恐れがある。秘匿性の高いプライバシー情報を守れる法整備が必要だ」識者談話と見出しのトーンが違う。:
通常「顔認証」は認識不良に備えて第二の手段、訂正の手段を用意します。
富士Qの顔パスシステムでも係員が常駐、即応しますよね。
時間と場所が離れた状況では訂正がきかないのではないかと。
“「万引き犯の顔」苦しむ3書店で共有 新対策に課題は?:朝日新聞デジタル”
朝日の記事も同様。提供・漏洩の話とプライバシーしか言っていない。プライバシーとか言うから「てめーが万引しなきゃいいだけのことだろw」的な反応が出る。自動処理の問題は秘密性の話ではない。誤解を呼ぶのでEUでは一切privacyの語を使わずdata protectionと呼んでいる。
犯罪者であることが明らかなら問題ないと思うのだが
これはMARUZEN&ジュンク堂書店の仕組みの横展開ですね。
「万引き犯の顔」苦しむ3書店で共有 新対策に課題は?:朝日新聞デジタル

有料記事なので最後まで読めなかったけど、報道してもらって、もっといろんな意見が出るといい。
グローリーか。興味深い

「万引き犯の顔」苦しむ3書店で共有 新対策に課題は?:朝日新聞デジタル
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR