TOP > 社会 > 九州南部で大雨続く 宮崎・鹿児島、土砂災害に警戒:朝日新聞デジタル

九州南部で大雨続く 宮崎・鹿児島、土砂災害に警戒:朝日新聞デジタル

 九州南部は活発化した梅雨前線の影響で大気の状態が不安定となり、各地で断続的に大雨が降り続いている。 気象庁によると、6月28日から2日午前11時までの総降水量は、宮崎県えびの市えびので778・5ミリ…...

ツイッターのコメント(19)

鹿児島・宮崎の豪雨止んでくれ〜っ☔︎
>6月28日から2日午前11時までの総降水量は、宮崎県えびの市えびので778.5mmミリ、鹿児島県薩摩川内市八重山で596.5mm。同県日置市東市来では1日の日降水量が313.5mmミリに達し、観測史上1位を更新
"6月28日から2日午前11時までの総降水量は、宮崎県えびの市えびので778・5ミリ、鹿児島県薩摩川内市八重山で596・5ミリ。同県日置市東市来では1日の日降水量が313・5ミリに達し、観測史上1位を更新"
これ以上被害が広まらないよう祈っております。みなさんが無事でありますように。。
ギャー😖 我が故郷 #えびの高原、先月28日から今日のAM11までの総降水量が、何と778.5mmだと❕❕
シラスは雨に弱いと昔教えられたが、こんなに大雨であれば他よりシラスは雨に強いように思えます。
>鹿児島市では世界遺産「寺山(てらやま)炭窯跡」の大部分が、土砂崩れによって埋没した
おお……(ヽ´ω`)
九州のフォロワーさんたち大丈夫かな…💦

 宮崎・鹿児島、土砂災害に警戒(朝日新聞デジタル)
九州南部は活発化した梅雨前線の影響で大気の状態が不安定となり、各地で断続的に大雨が降り続いている。
⬅️鹿児島市内では、世界遺産『寺山炭窯跡』が埋没してしまったとのことで、非常に残念です。
どんどん日本が壊れていくのが辛い
自然災害だけど……
もう止めて
宮崎県・鹿児島県の皆さま
大事ありませんでしょうか?
ご無事でありますことを心より、お祈りいたします。
宮崎・鹿児島、土砂災害に警戒(朝日新聞デジタル)
《鹿児島市では世界遺産「寺山(てらやま)炭窯跡」の大部分が、土砂崩れによって埋没した。》
九州は大変なことになってるな。まだ降るんだろう?
沖縄地方は既に太平洋高気圧圏内で梅雨明け…
梅雨前線は南下出来ずに身動きも出来ず、
寒気と暖気に挟まれ谷間状態へ雨雲が流れ込んで来る!
此の状態が今年は何時まで続くやら。。。
いつまで続くのやら....
佐賀も引き続き注意しないといけません。
午前10時台後半に宮崎市内で降った雨はものすごかった・・・。まだ続くのかなあ、こんな状態が。
@mscircle19_136 ホントだ。気をつけてお帰りください。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR