TOP > 社会 > 奈良女子大、トランスジェンダーの学生受け入れ 2校目 [いろいろかぞく]:朝日新聞デジタル

奈良女子大、トランスジェンダーの学生受け入れ 2校目 [いろいろかぞく]:朝日新聞デジタル

 奈良女子大(奈良市)は28日、戸籍上は男性だが「心の性」が女性であるトランスジェンダーの学生を2020年度から受け入れると発表した。学部新入生から始め、21年度以降、大学院生や研究生に広げていく。 ...

ツイッターのコメント(27)

“入学した学生には当面、既存の多目的トイレを活用してもらう方針だが、必要に応じ、新たな施設整備も検討していく。”
「奈良女子大の今岡春樹学長は会見で、国際的にも性の定義が変わってきたとし、女子の概念を広げると説明。「自らの性を女性と認める人に学ぶ権利を保障することは国立大学法人の女子大学としての責務だ」と述べた」。
まじで!!!!MtF受け入れ!!
奈良女😭😭😭😭😭やったー!!!!!!嬉しい😆😆
担任の母校🙋‍♂️
連絡くれました!
奈良女子大の今岡春樹学長は会見で、国際的にも性の定義が変わってきたとし、女子の概念を広げると説明。

※「女子の概念を広げる」の思想は危険。
おナイス。
【朝日新聞デジタル】
奈良女子大は、戸籍上は男性だが「心の性」が女性であるトランスジェンダーの学生を2020年度から受け入れる。受け入れを決めた女子大は、お茶の水女子大に続いて全国2校目。
「学長は会見で、国際的にも性の定義が変わってきたとし、女子の概念を広げると説明」。
いいネ

「女子大」とは何か。その存在意義とは何か。考えさせられる。
「受け入れを決めた女子大は、同じく国立のお茶の水女子大(東京都)に続いて全国2校目。私立では津田塾大や日本女子大、東京女子大も受け入れを検討中」:
奈良女子大かトランスジェンダー女性の学生を2020年度から受け入れると発表。「自らの性を女性と認める人に学ぶ権利を保障することは国立大学法人の女子大学としての責務だ」
←「入学希望者は入試出願の1カ月前に、医師やカウンセラーら専門家の意見書か、親族の署名付きの自己申告文などを提出する。大学の担当者と面談し、学内設備などについて説明を受ける」
そもそも女子大をやめたらええんちゃうか?
そもそも、国立の大学が共学じゃないことは憲法違反ではないの?
2校目:朝日新聞 「自らの性を女性と認める人に学ぶ権利を保障することは国立大学法人の女子大学としての責務だ」
コメント欄を読むと、何だか悲しい気持ちになるのです。なぜだろう。

 2校目(朝日新聞デジタル)
「自らの性を女性と認める人に学ぶ権利を保障することは国立大学法人の女子大学としての責務だ」
👍
え!と思ったけど女子大。女子大。女子校に男子校。そこまで分ける意味が現代と、これからにあるんだろうか?と思ってしまう。
これは、”他の女子学生”に関わる問題でもあるわなぁ。トランスジェンダーの学生に”他の学生が嫌がるから教職員用の男子トイレを使え”というのもおかしいしな。>
●2019.6.28 朝日新聞
“奈良女子大(奈良市)は28日、戸籍上は男性だが「心の性」が女性であるトランスジェンダーの学生を2020年度から受け入れると発表した。学部新入生から始め、21年度以降、大学院生や研究生に広げていく。”
奈良女子大(奈良市)は28日、戸籍上は男性だが「心の性」が女性であるトランスジェンダーの学生を2020年度から受け入れると発表した。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR