TOP > 社会 > 玉城知事「辺野古移設断念を強く求める」 平和宣言全文 - 沖縄 [私たちの沖縄考]:朝日新聞デジタル

玉城知事「辺野古移設断念を強く求める」 平和宣言全文 - 沖縄 [私たちの沖縄考]:朝日新聞デジタル

 玉城デニー知事による、沖縄慰霊の日の「平和宣言」全文は以下の通り。     ◇ 平和宣言 戦火の嵐吹きすさび、灰燼(かいじん)に帰した「わした島ウチナー」。 県民は、想像を絶する極限状況の中で、戦争…...

ツイッターのコメント(32)

あれ?昨日のNHK夜7時で沖縄のニュースやってたっけか?完全スルーじゃなかった?
辺野古移設断念すれば普天間が恒久化する。それが何故にわからぬ。
「広大な米軍基地は今や沖縄の発展可能性をフリーズさせていると言わざるを得ません」/
皆に噛み締めて読んでもらいたいですね/
玉城さんの平和宣言全文。たくさんの人に最後まで噛みしめて読んでほしい。僕は久しぶりに良心の声を聞いて目頭が熱くなった。こういう方が首長を務める沖縄が羨ましく、こういう人を知事に選んだ民度の高さを尊敬する。誰かのチンケなコピペ作文と比べるのも失礼である。
◆朝日新聞の偏向記事
「 平和宣言全文」

玉城知事の、「中国様がパトロールしているから刺激するな」という発言を報道してほしい。
.
かのチャーチルの言葉をデニー氏に送ろう。「平和を口だけで声高に唱える者こそが、結果は戦争を誘発する」
沖縄慰霊の日にあたり、デニー知事が宣言した。泣けてくる。
基地反対の立場のみを示せばいいというものでもない。代案は?国の安全保障はどう考える。名護市長選は保守系が勝っている。その点もどう考えてるのか。
ーー
平和という言葉を日本分断に利用し、
戦争犠牲者への追悼を隠れ蓑に共産主義を招き入れる。
沖縄県民はなぜこの男の欺瞞を見抜けなかったのか。
平和宣言なら70年も前に日本国憲法でしてるんですけど、北朝鮮に日本人が拉致されて、韓国に竹島強奪されて漁師が何十人も殺され、尖閣には毎日のように中国船が現れる。なぜなの?
『国民の皆様には、米軍基地の問題は、沖縄だけの問題ではなく、我が国の外交や安全保障、人権、環境保護など日本国民全体が自ら当事者であるとの認識を持っていただきたいと願っています。』
朝日新聞: 朝日新聞: 玉城知事「辺野古移設断念を強く求める」 平和宣言全文.
玉城知事・平和宣言
国籍や人種の別なく、犠牲になられた全ての御霊に心から哀悼の誠を捧げるとともに、全ての人の尊厳を守り誰一人取り残すことのない多様性と寛容性にあふれる平和な社会を実現する。

慰霊に敵味方はない。これが日本の伝統。靖国神社は、日本兵だけ。
どうしても琉球王国の歴史を持ち出されると、大和人(やまとんちゅ)としては言い知れぬ罪悪感を感じるな……。
この慰霊の日に国の方針と180度異なる政治的意見を一方的に発信して同盟国にも対象となる周辺国にも間違ったメッセージを拡散、同時に国内の分断を煽ろうとするものだ。また沖縄防衛戦で戦死された県外からの6万5千の将兵への一言の哀悼の表明もないとは…😔
どのツラ下げて、安倍と衆参議長(自民党)は聞いてるのか。
聞いてないだろうね。自分たちに都合の悪いことは。
『日本の国土面積の約0・6%に、約70・3%の米軍専用施設が集中しています。』米軍は沖縄から撤退すべきだし、日本政府はそうさせるべきだ。
今日開かれた沖縄全戦没者追悼式、一言一言、噛みしめるように平和宣言 ↓ を語る玉城デニー知事に対し、早口で、なるだけ早く語り終えようとしているかに観えた安倍首相。

本当は来たく無かったが、そうも行かずーとの思いが為せる?「観光客が過去最高」と経済論に逃亡⁈
今日は「沖縄の日」
玉城知事の平和宣言
「全ての人の尊厳を守り誰一人取り残すことのない多様性と寛容性にあふれる平和な社会を実現」
本当に噛み締めるべきです

「国民の皆様には米軍基地の問題は沖縄だけの問題ではなく我が国の外交や安全保障、人権、環境保護など日本国民全体が自ら当事者であるとの認識を持っていただきたいと願っています」

辺野古移設断念を強く求める
「普天間飛行場の一日も早い危険性の除去と、辺野古移設断念」。沖縄の願いにこたえる政治を。沖縄を人を大切にし平和を愛する発信地に。
固定でいいの?

 平和宣言全文(朝日新聞デジタル)
気づけば6/23 沖縄慰霊の日。
玉城知事は日本語、うちなーぐち、英語で伝えたメッセージ。それは平和希求の強い想いが、沖縄の地から日本を超えて世界の発信しないととの危機感からではないか。沖縄の人々を虐げるような、日本語で訴えても馬鹿にされるだけの環境にはしない。
沖縄だけではなくなってきているのが、今の政権での基地問題だと思っています。
イージス・アショアの設置や空母化や日本はどこに向かおうとしてるの😔
よく言ってくれた。
沖縄慰霊の日、玉城デニー沖縄県知事の「平和宣言」、毅然としていて心を打たれた。しかし玉城知事が宣言を読み上げている間、安倍晋三首相は左手で眉の辺りを掻いたり、目がせわしなく動いたり、目を閉じたりと落ち着きがなく、人の話を聞く姿勢ではなかったと見受けました。
「人を大切にする琉球文化を礎に、平和を希求する沖縄のチムグクルを世界に発信する」玉城知事
玉城知事「県民投票の結果を無視して工事を強行する政府の対応は、民主主義の正当な手続きを経て導き出された民意を尊重せず、地方自治をも蔑ろにするものです。政府におかれては、辺野古が唯一との固定観念にとらわれず、沖縄県との対話による解決を強く要望いたします」
県民投票の結果を無視して工事を強行する政府の対応は、民主主義の正当な手続きを経て導き出された民意を尊重せず、なおかつ地方自治をも蔑(ないがし)ろにするものであります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR