「タンカー全力で助けたのに」イラン大統領が米など批判:朝日新聞デジタル

 中東のホルムズ海峡付近で起きたタンカー攻撃事件をめぐり、イランのロハニ大統領は19日の閣議で、「イランは全力でタンカーの船員を救助した。この人道的な行動に感謝する代わりに、(米国などは)世界中で政治...

ツイッターのコメント(23)

(一方アメリカはカショギ事件と同じように、同盟国の日本に警告もせず、ただ撮影していたと)ロハニ師がこの事件について発言するのは初めて / “「タンカー全力で助けたのに」イラン大統領が米など批判:朝日新聞デジタル”
もしかして
米軍の
作戦なのかも?
ロハニ師は、「イランが日本や中国との密接な関係を築いているからこそ、何者かが日本の首相がテヘラン訪問時に事件を起こした」とイランの関与を否定。
イラン外相が安倍首相に会うために訪日し、安倍首相がイランを訪問した。
その流れの中で、イランが日本のタンカーを攻撃するメリットがない。
どうしてもアメリカの世論誘導に思えてならない。
さあ、普通に考えてどちらに整合性があるでしょう?
イランが関与したと主張する米国などを批判、と。
これも米国の手なのだろう。
汚い、残酷な事を平気で実行する米国。
イランに原爆が投下されないことを祈る。
これが本当なら、まさに踏んだり蹴ったりだな。

イラク戦争をあげるまでもなく、選挙に勝つためなら戦争をおっぱじめることも厭わないアメリカだけに、注意深く見ておく必要はありそうですな。
ロハニ師は、イランの関与を否定。また、ハタミ国防相も同日、「米国が公開した画像は撮影日時もわからず、証明にならない。事件後、イランの船舶が現場に向かったが、必要な措置を講じて安全を確保するためのものだった」と語った。
アメリカがやった臭くね?ww
あいや、米国は何も得しないアルよ。米国陰謀論をでっち上げて日本を自陣に取り込みたいアルね。世論が大事、流石朝日日報は仕事が早いアルねw
 
PR