TOP > 社会 > 清原和博さん「今も突然…」 苦しい時は住職にSOS [清原和博、薬物依存を語る]:朝日新聞デジタル

清原和博さん「今も突然…」 苦しい時は住職にSOS [清原和博、薬物依存を語る]:朝日新聞デジタル

 薬物依存症の治療を続ける、元プロ野球選手の清原和博さん(51)。今も突然、覚醒剤を使いたくなることがあるという。そんな欲求に打ち勝ち、薬物をやめ続けるには、主治医をはじめ色々な人の助けが欠かせない。...

ツイッターのコメント(27)

清原和博様、生き様を見守っています。
誕生日おめでとうございます、マイヒーロー。
、薬物依存を語るやよの妻やヌナにやななぬたツアーわなたたのなにゆややなやよやぬぬののなやなたわたゆやこわおたななぬゆやな」あなたよぬたやののななゆややよやわ
〈逮捕後の取り調べで刑事さんから「(別居後に)子どもさんの野球の試合を見に行った後など寂しくなった時に薬を買いに行っていましたね」と指摘されました〉

何気に書いてあるけど、警察の立ち回りに少し納得できない感。
、薬物依存を語る
こういう記事こそ、朝日は無料なり、無料会員向けにしてほしいと思う。

、薬物依存を語る
苦しい時は住職にSOS
聞き手・榊原一生、大岩ゆり 2019年6月24日16時00分


仏教へと改宗したのかどうか知らないが

もし

野球のためだけにPL学園(外来宗教の仏教・キリスト教以外の神道系新宗教団体)へと進学したなら、
ダルビッシュ有「さぁ皆で清原さんのセカンドチャンス、応援しましょうよ! 甘いとか自業自得とか聞くけど、そんな理由で人の人生を消してもいいのでしょうか?」▼ 、薬物依存を語る
"今日1日使わなかった、また明日も……という風に、一日一日の積み重ねでここまできました。"
、薬物依存を語る:清原頑張っているね!
ほろっとしました。頑張ってほしい。

、薬物依存を語る
表情が別人・・・。 
→ 、薬物依存を語る
清原さんは戦っている。自分に勝ち、薬物に苦しむ人の社会復帰の励みとなり、薬物犯罪を一掃する伝道師になって欲しい。まだまだ苦しいのだと思いますが頑張ってください。→
「最近、主治医から外見で誰だか特定できるようないわゆる『著名人』の集まる自助グループができたと紹介されました。ぜひ参加したいです。」
、薬物依存を語る
苦しい時は住職にSOS(朝日新聞)

「薬物依存症の治療を始めて3年が過ぎてはっきり言えるのは、主治医をはじめ色々な人の助けがなければ、ずっと薬をやめ続けるのは無理だった」
弱い部分をさらけ出せることも強さ。
ゆっくり戻って欲しい。
、薬物依存を語る

本当に断ち切って復活して欲しい。
毎回尿検査を受けるという約束でプロ野球の解説やらせるとかなんとか仕事与えられないものか?
俺の考えがぬるいのか?
自身の弱さを自覚して、他者に助けを求めることが「強さ」です。正直でカッコいいと思います。
週末などに親子が楽しそうにしている光景を見るとつらくなり、無性に覚醒剤を使いたいという欲求に襲われます。刑事さんから「子どもさんの野球の試合を見に行った後など寂しくなった時に薬を買いに行っていましたね」と指摘されました。
人間の明日は分からない

過去や今がどうであれ
100%強い人なんてあり得ない

だから人は人の間で助け助けられる位置に居続ける必要がある

文字通り
『人間』であるために

清原さんには、
復活して歴史に残るアスリートでいて欲しい
私もお寺さんに救っていただきました。
「人の助けがなければ、薬をやめ続けるのは無理だった」。多くの反響をいただいている薬物依存症治療を続ける元プロ野球選手の清原和博さんのインタビュー連載。2回目です。 … 、薬物依存を語る
グルはいつでも待っている: 、薬物依存を語る
もう一回、立ち直って、いつか、もう一度、グラウンドに立つ姿を見たい。
清原和博さん「今も突然、覚醒剤を使いたくなる」 :朝日新聞デジタル 、薬物依存を語る
「自分も依存症当事者の1人として、他の当事者の方たちの役に立つことがしたい」と。率直に今の自分を語っているように思う。ガンバレ清原! → 苦しい時は住職にSOS
ロングインタビューの2回目です。
清原和博さん、「今も突然…」 苦しい時は住職にSOS
、薬物依存を語る

元プロ野球選手の清原和博さん。今も覚醒剤を使いたくなることがあるという。そんな欲求に打ち勝ち、薬物をやめ続けるには色々な人の助けが欠かせない。
清原和博さん、「今も突然…」  、薬物依存を語る
『薬は、やはり一度目を防がなければ…』
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR