TOP > 社会 > 悲鳴と怒声の香港デモ「自由かけた戦い」雨傘運動再来か:朝日新聞デジタル

悲鳴と怒声の香港デモ「自由かけた戦い」雨傘運動再来か:朝日新聞デジタル

24コメント 登録日時:2019-06-13 05:32 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 香港の「逃亡犯条例」改正案に対する抗議運動は12日、学生や市民ら数万人が立法会(議会)周辺の道路を占拠する事態に発展した。譲歩の気配を見せない政府に対し、デモ隊は改正案が撤回されるまで抗議運動を続け…...

Twitterのコメント(24)

譲歩の気配を見せない政府に対し、デモ隊は改正案が撤回されるまで抗議運動を続ける構え。事態は緊迫し、5年前、学生らが79日間にわたって香港中心部を占拠した「雨傘運動」の再来も現実味を帯びてきた。
香港のデモのニュース…
報道がほとんどなくなりましたね…

なぜ?
自由へのうねりを多くの人達に見られたくないから?

これは『未来の日本の姿』…
取り上げられる自由を取り戻そうとする姿…

いや…
未来ではなく、もうすでに…
『日本は香港と同じ』なのかもしれない…
ネトウヨが「何で左翼は香港デモにダンマリなの(笑)」とか言っているけど、現地には大袈裟太郎氏も行っているし、朝日新聞もこの様に取り上げているのだが、目に入らないのか?本当に都合がいいよネトウヨは。
香港の「逃亡犯条例」改正案に対する抗議運動に対して警察が催涙ガスやゴム銃などを使用して負傷者が出たと報じられている。言論の自由を力で抑え込むやり方は民主主義とは相容れない。
中国はまるで癌細胞。
中国を止める抗がん剤はないものか。
天安門事件を想起してしまうね/
身の危険を顧みないで立ち上がった香港のデモ隊に、日本のサヨクは徹底した無視を貫いていますね。

こんなサヨクや野党に力を持たせたら、日本やアジアの人権がなし崩しにされてしまう。
支那に対しては市民運動など無力である、チベット東トルキスタン、ネイモンゴル散々弾圧されて来たが何も言ってこなかった奴らが、香港香港と叫んでいる!香港も台湾も沖縄もいずれ呑み込まれるよ
雨傘運動との違いは、まだ逃亡犯条例は可決していないということ。阻止できる可能性があるうちは強固だが、可決を強行されたら雨傘運動のように萎みかねないので譲る訳にはいかない / “悲鳴と怒声の香港デモ「自由かけた戦い」雨傘運動再来か:朝日新聞デジタル”
悲鳴と怒声の香港デモ「自由かけた戦い」雨傘運動再来か


香港の「逃亡犯条例」改正案に対する抗議運動は12日、学生や市民ら数万人が立法会(議会)周辺の道路を占拠する事態に発展した。譲歩の気配を見せない政府に対し、デモ隊は改正案が撤回されるまで抗議運動を続ける。
>「雨傘運動は香港にない民主主義を取りに行く戦いだった。我々は負けたが、失うものはなかった。今回は香港の自由が奪われるかどうかの戦いだ」
大規模デモなのになんであんまり報道しないだろ?
運動に加わる芸術家の馬玉江さんは「雨傘運動は香港にない民主主義を取りに行く戦いだった。我々は負けたが、失うものはなかった。今回は香港の自由が奪われるかどうかの戦いだ」と話す。
香港の若者は日本とは異次元の戦いをしている 日本の市民も逃亡犯条例阻止に向けて行動を起こそう
運動に加わる馬玉江さんは「(民主選挙の実現を訴えた)雨傘運動は香港にない民主主義を取りに行く戦いだった。我々は負けたが、失うものはなかった。今回は香港の自由が奪われるかどうかの戦いだ」
香港の混乱が続いています。今週、ブロックチェーン事業を手がける米国人に会いましたが、仮想通貨関連の企業が、香港や日本からシンガポールに拠点を移す動きがあると話していました。香港には知人もいるので心配です。
香港浸会大の呂秉権・高級講師は今後について、「最終決定権は香港政府にはなく、(中国の)共産党政権にある」と指摘。(中略)中国政府の姿勢を覆すのは容易ではないとの見方を示す。
13日付けの記事で「雨傘運動再来か」なんて見出し立てるとは
香港旅行を検索したらTOPにこれ。旅行とか行ってる場合ちがうな。
「バリケードをはさんでにらみ合った若者たちの手には、2014年の民主化デモの象徴だった雨傘が握られていた…参加者の大半は中高生や大学生などの若い世代だ」
そんなに悪い法律なら国会議員は何をしているのだろう?国民個人レベルで意見表明する事は別にいいと思うが、正当な手続きを踏まずデモなどの恣意行為で施策が変わるとしたらある意味民主主義の危機なのでは?

悲鳴と怒声の香港デモ「自由かけた戦い」雨傘運動再来か:朝日
雨傘運動の再来ですね。このままでは、「第二の天安門事件」にもなりかねません。自由主義や民主主義は、当たり前のようにあるわけではない。そんなことを考えながら、香港のニュースを日本国民としてみています
悲鳴と怒声の香港デモ「自由かけた戦い」雨傘運動再来か
「悲鳴と怒声の」はなくても大丈夫だと思うがなあ…。 /
以上

記事本文: 悲鳴と怒声の香港デモ「自由かけた戦い」雨傘運動再来か:朝日新聞デジタル

関連記事