TOP > 社会 > 児相、警察との連携限定的 札幌の2歳女児死亡:朝日新聞デジタル

児相、警察との連携限定的 札幌の2歳女児死亡:朝日新聞デジタル

19コメント 登録日時:2019-06-07 08:12 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 「幼い命が亡くなったことを重く受け止める。母子に接触できなかったことは、非常に残念」。札幌市中央区で池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が死亡した事件を受けて、6日夜に行われた記者会見で、札幌市児童相談所…...

ツイッターのコメント(19)

情報がいろいろあるな。こういう場合にはこう対応すべき、という基準を国が責任をもって明確にすべきかと。もちろん、予算、人員配置の裏付けは必要。
札幌の2歳女児死亡:朝日新聞デジタル

令和1ヶ月浮かれている間に幼き命が次々消され、荒んだ息子を自ら殺した父の無念。
悲しさひとしお何も変わらぬ令和かな。
5月15日に警察が容疑者宅を訪問して面会。警察は虐待はないと判断した、ってこっちには書いてあった。児相の判断も警察の判断もヤバイ。
何回繰り返すのだろうか…お役人様は想像力が欠如しているんだろうね→
札幌のやつよっぽどこのカップル馬鹿やな
子供をおもちゃにしか思ってないやろ
交際相手を見て、吐き気がしました
入れ墨のkzすぎる
夏場は泣き声通報で多忙になるというのは周辺住民の育児リテラシーが無いとスクリーニングの労力が無駄に大きくなるという事に思える。
通報も経験と技術が必要なのだ。
数年前に甥っ子達のことで相談に行った時も「命の危険が無いと動けない」って言われたけど、他人が見て命ヤバイって判断できる状態まで追い込まれないとダメなのか。
事案では48時間以内に安否を確認するルールがある。

は「認識が甘かった。国からの通知が徹底されていなかったのは事実だ」「見極めや判断がしっかりとできておらず、判断に甘さがあったと思う」
母親と同居の恋人ってケース多かないかい?
!!! またまた お詫びと反省と再発防止宣言で一件落着 制度と職員の資質そのものを見直す時期が来ている 虐待児童の保護と虐待防止を分離すること 誰も手を染めないこのもどかしさ>>>
同様の言い訳会見を何度も見ています。児相に問題を重要と認識して解決する行動から逃げているようにしか見えません。警察との密接な連携は必要不可欠と考えます。
なんつー噛み合わない対応か。
虐待親が児相の連絡や訪問に応じないのなんて「当たり前」だよ。
そこで警察が動かないんじゃ話にならん。

こんな事があと何回繰り返されたらこの国は変わるの?
子供を不幸にするのは常に大人である。
「個人情報なので、なかなか踏み込めなかった」などと、そんな物は醜い言い訳だろう。人命と制度と、どちらが大切なのか。人命が制度の為にあるのか、制度が人命の為にあるのか。申し訳ないと思うなら、自らの命を以って詫びよ。
股と頭のゆるい人殺し女の交際相手の特定というのはなんとも不毛だ。関係者に同情する。
悲劇については痛ましく、児相、警察にとって痛恨事である。体制の改善が望まれるだろう。
子ども全員にチップ埋め込んで異常なサイン出たら直ちに強制保護。
以後は施設で成人まで面倒見るくらいにしないと防がれへんやろこれ。。。
子どもを一番殺してるのは通り魔ではなく親という現実。
子育てについては『監視社会』なみとは言わないけど、「長屋方式」にするしかないのかな?
同じ失敗を何回繰り返せば虐待死を防げるのか。もう警察と同じくらいの権限を児相に与えなきゃダメだろ。
以上

記事本文: 児相、警察との連携限定的 札幌の2歳女児死亡:朝日新聞デジタル

いま話題の記事