TOP > 社会 > 国民監視か、不正防ぐ盾か マイナンバーカードの未来:朝日新聞デジタル

国民監視か、不正防ぐ盾か マイナンバーカードの未来:朝日新聞デジタル

 政府がマイナンバー(個人番号)カードの利用者を増やそうと躍起になっている。カードが普及すれば、より暮らしが便利になるという理屈だ。カードが浸透した社会の「未来予想図」は。■向井治紀さん 内閣審議官・…...

ツイッターのコメント(12)

保険、年金、税、預貯金、日々の行動すべてを一つの番号で管理・監視しようとするのがマイナンバー制度
確かにカード一つ有れば手続きが一気に済む便利さはあるだろうし、預貯金などに隠し財産を許さず税徴収する確実さはあるだろう
しかし国にそこまで監視され中国化を望む?
青色申告でカード作った。
 マイナンバーカードの未来

マイナンバーカードが浸透すると、暮らしは便利になるのか、危険性が増すのか。「未来予想図」を識者ら3人に聞きました。
「そもそも税の取り損ないを防ぎ税の公平性を高める為導入する」という当初の目的からテロ予防やら健康管理やら紆余曲折過ぎて💦

 マイナンバーカードの未来:朝日新聞デジタル
#マイナンバー カードの未来
カードを普及させたい理由は、ICチップに埋め込んだ情報で本人確認する「電子認証」を進めたいからです。カードで認証できれば、行政事務の効率化だけでなく、民間のIT取引も飛躍的に伸びるでしょう。
つまり、全ての国民の、いつどこで何を買ったかの情報が蓄積され…→例えば生活支援のための給付をポイントで支給すれば、趣旨に反して遊興費に使われてしまうといったことを防ぐことができるかも知れません。/ マイナンバーカードの未来:朝日新聞
マイナンバーカードの普及率は13%。
政府はあの手この手で、持ってもらおうと必死。

知り合いのばあちゃんは運転免許証もマイナンバーカードも持ってないけど困ったことはないって言ってたぞ。
政府が何で必死になるのかを考えないと🤔安易に口車に乗ると財産まで監視される。
監査以前に盗まれたり、失くしたり、危険極まりない。ある意味無責任。
公文書改竄、統計不正、嘘だらけのこの政府を信じる方がどうかしてる。
記事:カードの発行から3年たちましたが、実際に取得した人は13%に過ぎません。開始時にシステム障害が続いたことが大きいですが、「政府に対する不信感」も大きいと思います。
マイナンバーカードがアホなのは整理するための番号が控えられないから身分証明として免許証以下という点。そんな不便でアホなもん、出来ることなら持ちたくないわな
突然ですが、あなたはマイナンバーカードを持っていますか? 普及率は13%にとどまっており、政府は持ってもらおうと必死です。カードが普及した暁に待ち受ける社会は……
こと個人情報の扱いにおいて、日本のお役所は信用が皆無である。
監視管理社会。

★ マイナンバーカードの未来
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR