TOP > 社会 > 元立命館大准教授、イラクで拘束 テロ実行犯勧誘の疑い:朝日新聞デジタル

元立命館大准教授、イラクで拘束 テロ実行犯勧誘の疑い:朝日新聞デジタル

 バングラデシュの首都ダッカで日本人7人を含む22人が殺害された2016年の飲食店襲撃テロ事件で、実行犯らを過激派に勧誘した疑いのある立命館大元准教授のモハメド・サイフラ・オザキ容疑者がイラクで身柄を…...

ツイッターのコメント(24)

@madaimeijin 「 テロ実行犯勧誘の疑い」って去年ありましたよね。
誰が学内に引き込んだか公安は忙しすぎて調査してないのかな?
@CDP2017 選挙に行くのは賛成だけれども....
立命館大学って危ないです。イラスムのテロリストが活動している可能性もありそう。
拉致問題でも出てくる大学なので、受験する人は要注意ですよ。

 テロ実行犯勧誘の疑惑
テロリスト養成機関なんでしょうか?/
過激派に勧誘したりした疑いでオザキ容疑者を手配し、公開捜査していた。こんな大学教授・・・。大学って大丈夫か?まずは、国歌を歌うようにしてほしいものです。
立命館はおかしい。徐勝氏と件と言い。孔子学院の件など、とても若者を学ぶ土壌があるとは思えない。関西ではブランドだがお母様方はこの事実を知った上で付属の小中高を選んでいただきたい。
納税者の一人として、立命館への私学助成金の交付に反対します。
たまたまテロリストを生んだわけではなく、学内にそうしたものを生みやすい土壌があることはかねてより指摘されていた。
なんか色々考えさせられる。なにより子供がかわいそうだ…。
大学教授はある意味その筋のオタクだからね。一般的に認められたオタク。イスラムなんて恐ろしい。→
テロ実行犯勧誘の疑い:朝日新聞

日本人の妻と二人の子供はシリア内戦で死亡ですと。
日本人の妻や2人の子どもは、シリアでの空爆で死亡したという。
バングラデシュで日本人7人を含む22人が殺害された2016年の飲食店襲撃テロ事件で、実行犯らを過激派に勧誘した疑いのある立命館大元准教授の容疑者がイラクで身柄を拘束されていることが明らかになった。
この人見たことあると思ったけど、やっぱり確実に見てるわ。
この人種の人って基本区別つかないけど、すごく見覚えある。
“シリア東部バグズ村で、複数のバングラデシュ人とクルド人対テロ部隊に投降。その後、イラク北部のクルド人自治区スレイマニヤの拘置所に移されて拘束されている。妻や2人の子どもは、シリアでの空爆で死亡したという。”
日本国内にいたテロリストか
他にもいそう
“ダッカで日本人7人を含む22人が殺害された2016年の飲食店襲撃テロ事件で、実行犯らを過激派に勧誘した疑いのある立命館大元准教授のモハメド・サイフラ・オザキ容疑者がイラクで身柄を拘束” / “ テロ実行犯勧誘の疑い:朝日新聞デ…”
立命の風評被害草
バングラデシュでのテロの実行犯を勧誘して行方をくらましていた。ISに入り、シリアまで同行した日本人の妻と二人の子どもは爆撃で死亡。日本に暮らしていればよかったのに。
ちょっと待って

日本人女性とその子どもが、2015年以降にシリアの空爆で亡くなってるの!?
日本でイスラムテロが起きるとしたらこの元教授がやると思ってたけど拘束出来たのは五輪前の良いニュース…日本人の奥さんと子供達は可哀想な結果になったけど。
どう解釈していいのかわからない……
だから何?としか……
以上
 

いま話題のニュース

PR