TOP > 社会 > きっかけは韓国の「限界」発言 元徴用工問題で仲裁要請:朝日新聞デジタル

きっかけは韓国の「限界」発言 元徴用工問題で仲裁要請:朝日新聞デジタル

16コメント 登録日時:2019-05-21 07:55 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、日本政府は20日、日韓請求権協定に基づいて、第三国を交えた仲裁手続きに入ることを韓国政府に要請した。李洛淵(イナギョン)首相が…...

Twitterのコメント(16)

もともと韓国政府が国家予算の1.5倍の賠償金を個人に回さず、経済復興に回すという、横領に近いことをしたためで、横領犯としては何も言えないわけで、限界でしょうね。
大法院の判決で請求先を韓国政府にしなかったことが根本的間違い。
#徴用工賠償
なにがどう限界だったかは無料記事にはなかったです
日本政府は昨日、徴用工問題で、韓国政府に仲裁手続きに入るよう要請しました。きっかけになったのは、韓国首相のある発言でした。
「韓国政府に日本企業に被害が及ばないようにする措置を求めてきた。」ちょっと待て。被害者は徴用工。日本企業は加害者。その原点を忘れるな。
『もう、馬鹿は相手にしない方が良いと思うけど。』
「仲裁」でも、司法の独立や個人請求権の担保は国際標準だし日本に勝ち目なさそう。そもそも軍事独裁政権と結んだ協定の妥当性も怪しい。単に のイキリ芸、「やってるフリ」。
ブラック企業は早く賠償を。
これなぜ仲裁委員の任命が韓国側に決定権あるんだ。第三国委員の選定は誰がするんだ
いくら仲裁しても、将来にわたり反日国民が騒がないと言っているものではない。日本も勇み足で墓穴を掘らないことだww
文大統領の親日派排除の運動は抗日運動を活発化させているので、文大統領との会談は全く無意味ですね。早く仲裁手続きを淡々と行うべきですね。
「ICJに提訴」も、結局は韓国が無視したら裁判できないでしょ? >
韓国では、裁判所が二国間条約を越えて判断を下すことができるようになっているのかな。
韓国大法院(最高裁)が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、日本政府は20日、日韓請求権協定に基づいて、第三国を交えた仲裁手続きに入ることを韓国政府に要請した。
共産党風に言えば、「多くの日本国民は韓国のしつこいタカリにうんざりしている」。

>
まともな対応が返ってくるとも思えんけど、やれることは全部やっておかないとな。韓国は国連事務総長を出したくせに受諾宣言をしていないから国際司法裁も無理だろうなぁ。>
“きっかけは韓国の「限界」発言”だとか“韓国側が仲裁手続きに入る気配はない”だとか、さも韓国側の対応に問題があるかのような書き方をしていますが、原告(被害者)側が独自救済案を提示していることは無視ですか?朝日新聞さん。
以上

記事本文: きっかけは韓国の「限界」発言 元徴用工問題で仲裁要請:朝日新聞デジタル

関連記事