TOP > 社会 > アクセルペダルなし 踏み違いゼロへ開発、ヒヤリ体験者:朝日新聞デジタル

アクセルペダルなし 踏み違いゼロへ開発、ヒヤリ体験者:朝日新聞デジタル

16コメント 登録日時:2019-06-06 14:53 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 アクセルとブレーキを踏み間違えた――。痛ましい事故が起き、原因をそう供述する運転者が後を絶たない。実は約30年前から、熊本県の機材会社が「踏み間違いが起こりえない」ペダルを作り続けている。本来は、の…...

ツイッターのコメント(16)

アクセルとブレーキを同時に踏むことはないのだから、デフォルトをブレーキにする発想はあり。
危険なアクセルの方をチャイルドロック的に閉じて必要な時だけ解除する発想は危機回避的。
大手メーカー側も製造責任として何か改良できるところはやってほしい。
朝日新聞: 踏み違いゼロへ開発、ヒヤリ体験者.
交通事故の原因は #認知症 ばかりではないです。
ある実験では、健康な人でも運転中に携帯電話が鳴ると20回に1回は、運転操作ミスが出るとニュースで伝えていました。
生産時から、すべての車のペダルを変えればいい。

【 踏み違いゼロへ開発】
@area298 @hoshimarutohoho 今年の流行語大賞にプリウスロケット🚀が選ばれないように、トヨタには頑張ってほしいね〜。熊本に頑張っている中小企業があるけど、これからの車に標準装備すればイイのに。
体が左に倒れ、足がブレーキから滑って右に行った場合、意図せず加速する可能性。
可能性をあげたらキリがないけど、慣れないと運転しづらそう。高齢者がコレに慣れるか?
苦心の作ですね。でも、根本的には、高齢者が運転しなくても移動できる地域社会をつくる必要がありそうです。
慣れないと低速度の微調整が難しいし、男性の場合は足が開きやすいのでそこも気を付けないといけない
バックで体をひねったときにアクセルを踏む方向に足が動きやすいのも怖い。普及がいまいちなのはそのあたりがネックなのだろう。
いいじゃないですか.一つの解だと思います. >
環境・エネルギーの記事ではありませんが、痛ましい事故が相次ぐ中、これは気になります。どんな仕組みなのでしょうか
踏み間違えてパニクって足が突っ張って暴走する、というメカニズムなら、インターフェイスから変えていくのはアリだと思う。
こうした試みを怠っている自動車メーカー・管轄省庁の罪は大きいと思うのです。
まずは熊本だけでもワンペダル装着の為の補助金を出して普及させたほうがいいと思うの。ある程度数が出たら量産化させて全車標準装備化も視野に!
高齢者には余計に難しいと思います。助手席にブレーキペダル設置許可が認定されて80歳~助手の同席者(要、操作を認識できる方)普通免許などの法律に。
アクセルとブレーキを踏み間違える事故が後を絶たないなかで、熊本県の機材会社が「踏み間違いが起こりえない」ペダルを作り続けています。
高齢者による自動車事故がマスコミで取り上げられている
アクセルとブレーキの踏み間違いが原因となっているケースが多い
技術的にこのような解決策は十分に考えられるが、その先、
ここから自動運転の議論が加速しそうな感じですね...
ついに(メーカーがあえて無視することでずっと葬られてきている)
ナルセペダルがクローズアップされる日が
以上

記事本文: アクセルペダルなし 踏み違いゼロへ開発、ヒヤリ体験者:朝日新聞デジタル

関連記事