TOP > 社会 > 名物ロボット、半年で「クビ」 大量失業の変な理由:朝日新聞デジタル

名物ロボット、半年で「クビ」 大量失業の変な理由:朝日新聞デジタル

■(シンギュラリティーにっぽん)第1部 未来からの挑戦<1> 少子高齢化とともに、日本の人手不足は進んでいく。老いる社会の「特異点」に向かう日本で、人工知能(AI)とロボットは、「救世主」になれるのか...

ツイッターのコメント(25)

こうゆう続編生地大事!
大量失業の変な理由: 名物の「コンシェルジュ」は、わずか半年でクビになった。

 長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボスの隣にある「変なホテル」
AIは、具体的どう使うのか?
ロボット🤖が、問題解決してくれる訳ではありません。
ロボットを使う側の問題だと思います。
シンギュラリティなどというが、実際には構築とメンテナンスに掛かるコストが指数関数的増加をすることは目に見えているので、逆シンギュラリティこそ発生する。【 大量失業の変な理由:朝日】
ロボットうざい。ロボットみたいな人はもっとうざい、、、
技術的失業だ。/
あゝ、NAOちゃん… まぁわかりきってたことではあるけど 苦笑 ∣
「人手に頼らないホテルをめざしたのに、ロボットの面倒をみるために人手がかかってしまった」
ロボットもリストラされるこんな世の中じゃ/
「人手に頼らないホテルをめざしたのに、ロボットの面倒をみるために人手がかかってしまった」
人間を不要にするためのロボットですら、すぐにクビになる時代。
大量失業の変な理由:朝日新聞
ロボット使用の場面設定を間違ったのだろう。
ロボット接客が面白さだったのに残念
「ロボットは万能ではない。ただ仕事を一部任せれば人の負担は少し減る。どこまで任せるのか。その切り分けが大切だと」
『 大量失業の変な理由』 現状、この類のロボット(Pepperとかロボホンとか)は客寄せパンダ以外の機能を期待してはいけない。その唯一の機能であった客寄せもすでに効果切れ。役立たずがクビになるのは当然。
ハウステンボスの隣にある「変なホテル」。「ロボットが初めて従業員として働いたホテル」とギネス認定。2017年にロボット27種243体→現在16種128体「AIの会話能力には限界」従業員30人→8人。ロボットの世話に翻弄 / “ 大量失業の変な理由…”
近頃AIだAIだと騒いでいるが、パターン認識のために集めた膨大な学習データもとどのつまり五歳児の判断力にしかならない。では教師なし学習はどうかというと、事ある度に大変な事になりかねない。
「当初の約30人から8人に減らした従業員が数時間かけて充電したり、インターネットにつないだりと、ロボットを働かせるために追われた。」
これはきっとカリヨンをないがしろにしてロボットに頼ることへのたたりですよ(違
NAO間に合わん模様
人手に頼らないホテルをめざしたのにロボットの面倒をみるために人手がかかってしまった、と。→
なに、ロボットの世話で人手がかかるとな笑笑。
「人手に頼らないホテルをめざしたのに、ロボットの面倒をみるために人手がかかってしまった」と総支配人。
ロボットの面倒見るのに人手がかかるとはウケる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR