TOP > 社会 > 「結婚や出産は個人の自由な意思決定で」宮腰少子化相:朝日新聞デジタル

「結婚や出産は個人の自由な意思決定で」宮腰少子化相:朝日新聞デジタル

■宮腰光寛少子化担当相(発言録) (自民党の桜田義孝・前五輪相が「子供を3人くらい産むようお願いしてもらいたい」と発言したことについて)政府としては、個々人が結婚や子供についての希望を実現できる社会を…...

ツイッターのコメント(10)

70年前憲法に書かれたことをわざわざ今、記者会見で言わなきゃならないというこの体たらく。そして、多くの自民党議員が桜井氏と同じ思想を持つが故に、結婚の自由や家族についての憲法規定も改正の目標になっている。

「結婚や出産は個人の自由な意思決定で」宮腰少子化相
この人達普段何してるの?
「(略)結婚や出産はあくまで個人の自由な意思決定に基づくもので、その点に十分留意しつつ、今後とも結婚や出産を希望する方々が、その希望をかなえられるような環境整備にしっかりと取り組んでいきたい。」これが模範解答というか、これ以外にないんじゃないかな?
「結婚や出産は個人の自由な意思決定で」宮腰少子化相:一丸に、なれないようで・・・www
超超超超超超超超超当たり前な事言ってる少子化担当大臣。
あったりまえの話で3人産む様にお願いすることが何故失言なのか。桜田しが言ったことが問題なのか?マスコミが騒いでいるだけです。
こんな当然のことを国民に発表し釈明しなければいけない、情けない安倍政権。むしろ必要なのは、桜田前五輪相の処分と、身内の自民党議員への説教だろう。

「結婚や出産は個人の自由な意思決定で」宮腰少子化相
まあ、テメエが何を言おうと知ったこっちゃないが、老い先短い役立たずのジジイはそろそろ棺桶に入れよ。
子どもを持つ持たないが個人の自由なのは当然。一方で少子高齢化を問題視とするならば、社会に子どもはたくさんいてほしい。この二つの立場は両立するはずやけど、意外と言語化されてきてない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR