TOP > 社会 > 高校生がクラゲ撃退クリーム開発 きっかけは先輩の疑問:朝日新聞デジタル

高校生がクラゲ撃退クリーム開発 きっかけは先輩の疑問:朝日新聞デジタル

 愛媛県立長浜高校(愛媛県大洲市)の水族館部が、肌に塗るとクラゲに刺されるのを防ぐとされるクリームを静岡市の化粧品会社「エイビイエス」と共同開発し、4月末に販売が始まった。部の先輩が残した研究成果を受...

ツイッターのコメント(54)

お盆過ぎて今からは特に良いね
「水族館部」がある高校!
こんだけ若いと、おじさん名前が読めません、が…。偉いですね。
夏に向けて虫除けの決定版も欲しいなあ〜
なにこれめっちゃ欲しい!
見出し見て長高のカクレクマノミのあれかとピンときたけどやっぱりそうだったね。
しかし2~3年も経つと完全に代替わりしてしまうわけで、高校時代ってあっという間なんだと改めて感じるね
「カクレクマノミがイソギンチャクに刺されないことに疑問を抱き、カクレクマノミの体表の粘液に含まれるマグネシウムが影響していることを突き止めた」
長浜高校の水族館部が開発したクラゲ予防クリーム‼️
水中でどれくらい耐久性があるのか気になるところ。
これ宮内庁あたりから注文あったら笑うんだけど
凄い!研究成果の商品化を高校生チームが達成!
ほへえ……これはすごいな……
【web gossip】『 きっかけは先輩の疑問』:朝日新聞デジタル
「チーム・ニモ」!!
すごいね!高校生🙆❗
名前にしか目がいかない。
発想がテラフォーマーズっぽいな
昔のバットマンでサメ撃退スプレーなんてのを使ってたのを思い出した
「法令上の関係で、クラゲ予防の効果は明記していない」のに、見出しに堂々と「クラゲ撃退クリーム」と書かれるともにょる。 /
ニュース其の物より
高校生たちの名前全てにふりがなが振られている時点で読めない確定ですやんw
/ 「カクレクマノミがイソギンチャクに刺されないことに疑問を抱き、カクレクマノミの体表の粘液に含まれるマグネシウムが影響していることを突き止めた」、それをクラゲに応用という話。
Safe Seaと似てるけど、特許とか大丈夫なのかな>
実績は凄いんだが、女子高生のキラキラネームが今時だなあ>
カクレクマノミに着目したところが面白いなぁとずっと気になってた!学生の力とがんばりって本当にすごい。
効果がどのくらいあるかはともかく、アイデアはいいね。 |
グレートだぜ!
これは画期的!
このような高校を応援するためにも、SSH指定校にして国として予算を直接的に投入してもいいと思う。僕の母校もSSH指定校だったが、潤沢な予算のおかげで最先端の理系教育を受けられたことはよかった
おーGSCの人らやん
もしかしてと思ったらそうだった!!!
GSC全国受講生発表会で発表していた研究だ!!!
愛媛の子か。いいね、いいね /
2015 日本代表だったチームニモの研究、カクレクマノミがイソギンチャクに刺されない理由の解明が、クラゲ予防クリームの発売につながりました!
これは凄い! →
これはすごい。
研究は生活の安全と安定の中で成果が得られるという好例。
高校生だからこそできた。
先輩から引き継いだ研究というのも良い。3年間という時間制限の中で各生徒が最善を尽くしだのだろう。

高校生が 開発
愛媛県立長浜高校(愛媛県大洲市)の水族館部が、肌に塗るとクラゲに刺されるのを防ぐとされるクリームを静岡市の化粧品会社「エイビイエス」と共同開発し、4月末に販売が始まった。
“法令上の関係で、クラゲ予防の効果は明記していない。販売による収益の一部は、部員らが地域に公開している「長高水族館」の運営などにもあてられる。” /
らら、うゆめ、こなみ、ようやった!
朝日新聞5/6:愛媛県立長浜高校の水族館部が、肌に塗るとクラゲに刺されるのを防ぐとされるクリームを静岡市の化粧品会社「エイビイエス」と共同開発し、4月末に販売が始まった。部の先輩が残した研究成果を受け継ぎ、商品化に結びつけた。→
水族館部カッコいい。

>重松さんの先輩は、カクレクマノミがイソギンチャクに刺されないことに疑問を抱き、カクレクマノミの体表の粘液に含まれるマグネシウムが影響していることを突き止めた。
興味深いね。>
素晴らしいとしか言いようがない。
お盆過ぎでもクラゲに刺されないで海水浴を楽しめますね。
24,000円はちょっと高価だけど、効能が認められて生産体制が整えばもっと安くなるだろうし、期待が持てますね。
これは、スゴイ!
おー。「水族館部」って名前もなんかいいな。
なるほど~、ハブクラゲにも効きそうだね。
日々の積み重ねが代々受け継がれた結果か。。。凄いなぁ☆
これもっと早くできて欲しかった…‼︎
中学生の時ハブクラゲに刺されたけど全然疑問に思わんかったやっさ🤔

「カクレクマノミがイソギンチャクに刺されないことに疑問を抱き…マグネシウムが影響していることを突き止めた」
重松さんの先輩は、カクレクマノミがイソギンチャクに刺されないことに疑問を抱き、カクレクマノミの体表の粘液に含まれるマグネシウムが影響していることを突き止めた…ほお
水中で激しい動きをして、効果はどれぐらい持つものなのだろうか? その辺も記事に書いてほしかった。
薬事法の関係で書けなかったのかな?いや、それならそもそもこの記事自体が書けないわな。
(^▽^)部活の研究が受け継がれたって。文化系クラブの活躍、うれしいなあ。
「販売による収益の一部は、部員らが地域に公開している「長高水族館」の運営などにもあてられる。」知る人ぞ知る長浜高校
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR