TOP > 社会 > NHK専務理事復帰案、2人棄権 「官邸に近い」の声も:朝日新聞デジタル

NHK専務理事復帰案、2人棄権 「官邸に近い」の声も:朝日新聞デジタル

 NHKは9日、子会社のNHKエンタープライズで社長を務める板野裕爾氏を専務理事に復帰させる役員人事を発表した。25日付。経営委員会は同日の会合で人事案に賛成多数で同意したが、2委員は棄権。全会一致と...

ツイッターのコメント(20)

#ロブ・ライナー「記者たち」で出てくる、ニューヨークタイムズで政権寄りの記事を書いてた女性記者の話などを見ると、このニュースを思い出したりするわけだ。フォックス・ニュースだけじゃなかったのかぁ、と。
反対者がいてもアベ忖度の道を選ぶ これで受信料が払えるか?
ついでにここで紹介→
抜粋「板野氏については、「官邸に近い人物」(NHK幹部)との評価があり、局内からは再任を疑問視する声も出ている」
「官邸に近い人物」ではなく、安倍晋三の「手下・金魚の糞・パシリ」が正解だろう!
NHKはあまりにもあからさまなことをやるね。国民を愚ろうしすぎた報いをNHKの全職員が味わう日が必ずくるだろう。
棄権したのは反対だと角が立つからギリギリの選択をしたのだろう。交代させられたら更に政権寄りで固められる恐れがある。

〉2委員は若手を登用する必要性や板野氏の資質に対する疑念などを述べ、棄権したという。
メモ:板野裕爾氏の復帰人事「関係者によると、上田良一会長から人事案が示された際、2委員は若手を登用する必要性や板野氏の資質に対する疑念などを述べ、棄権したという。」→NHK専務理事復帰案、2人棄権
国民は受信料を払うのを止めたら。
▼個人の出生地や出身校や信条は必ずあろう。どこに近い、誰に近い、彼を気に入らない人々にとって、文句のネタはつきない。異常な体質のNHKが公平公正な公共へ立ち直る事を願う。 @MIC_JAPAN
経営委員の中からさえ資質を疑問視する声が上がる人物を登用するNHK。「政権忖度報道」を改めるつもりはないことの表明とも取れる。こうなれば、スポンサーである視聴者がこの異常な人事にノーの声を届けるしかない。
【NHK専務理事復帰案、2人棄権「官邸に近い」の声も】
国営メディアの無いこの国で国民の実質的な税金で運営するNHKが反政府なら反政府メディアばかりのこの国で国民はどうやって客観的に国の政策や議論を知れば良いんだ?近いと何故ダメなんだ?
※韓国に近いよりましかなぁ
公共放送機関から、ますます離れる人事では?
板野氏については、「官邸に近い人物」(NHK幹部)との評価があり、局内からは再任を疑問視する声も出ている
「板野氏については、「官邸に近い人物」(NHK幹部)との評価があり、局内からは再任を疑問視する声も出ている」
「日本出身力士」も官邸の意向か
皆さまのNHKじゃなく安倍さまのNHKだよな。受信料制度はやめてWOWOWのようにスクランブルかけて見たい人が見るようにした方がいい。→ 「官邸に近い」の声も(朝日新聞デジタル)
"関係者によると、上田良一会長から人事案が示された際、2委員は若手を登用する必要性や板野氏の資質に対する疑念などを述べ、棄権したという。" ……
NHKは今後ますますパワーアップして、安倍政権のプロパガンダを拡散します。
やはり今回のNHK人事も「安倍案件」だったか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR