TOP > 社会 > 朝日新聞デジタル > 竹中平蔵氏が振り...

竹中平蔵氏が振り返る激変時代 次は「分かれ目の時代」:朝日新聞デジタル

38コメント 登録日時:2019-04-15 17:47 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 平成経済はバブル崩壊で始まり、いくどかの金融危機にも見舞われた。日本が世界第2位の経済大国から転落していく歴史でもあった。低成長社会のままではいけないのか。経済政策運営には問題があったのか。小泉政権…...

Twitterのコメント(38)

─ 竹中さんもふつうの新自由主義なので言ってることはまとも(だけどやってることがアレ)
失われた20年の責任は竹中氏にもあるぜよ。他の先進国と比較してみれば一目瞭然じゃ。God bless Japan!!😠
日本経済をぶち壊した人間が偉そうに説くな!
ある意味呆れた……。こういう人間もいるんだ。シロアリと同じ臭がする。
>>>
日本の経済を根底からぶっ壊した張本人。
こいつ偉そうにしてるけど、議員でもなんでもないただの民間人だからな。
なんでこんなヤツに国を社会を破壊されなきゃならないんだよ。
マジふざけんな!
そうや。ソロソロ大きな暴動起きるぞ。小さいのはちょくちょくあったけど、テレビが無視出来ない政府もシャレにならん事が起きるぞ 今でやめとけ!この銭ゲバ!シンガポール帰れ!
竹中平蔵アホ等氏
①≫デフレこそ元凶だと認識した安倍政権は正しかった
②≫思い切った規制緩和で経済の活性化が必要
⇒経済再生の処方箋を示せず、正規社員を崩壊させるなど社会の劣化速度を加速させ、デフレを悪化させた張本人が言うか?
お前の本業は今や人売りだろう?
竹中平蔵って経済学者としてはどうなん?
過去の人のような紹介で、平気でよく記事にできますね!朝日新聞さん💢
今でも政府の諮問機関に在職の責任者ではないですか?
日本の経済を破綻させた張本人にインタビューしてどうする!こんな記事を載せるから朝日はダメなんだよな。徹底的に批判する記事書けよ、大バカ者!
経済学者なんだって、世を偽る姿は。本当は政商納言なんだろう。
究極の買弁野郎なんですが。
報復の時代の間違いなんじゃない?
まずこの人を困窮の中で死んだ人達に対しての殺人罪で死刑にしてからだ。
竹中氏の雇用破壊と小泉元首相の郵政民営化は許さない。
生活保護費などの社会保障費が削減され、貧困者世帯が「これでは暮らしていけない」と悲鳴をあげているのに、まだ歳出削減しろと言うのですか。このままでは貧困者世帯は本当に餓死しますよ。
こんなイカサマピンハネ屋じゃなくて、まともな経済学者に聞けばいいのに。
優れた聞き手は、話し手の矛盾を裸にして晒す。しかも、話し手にバレないように。(^^)  →
これは有料記事か。まあ読まなくてもいいか。
(有料記事?)たしかにこの人が一番わかってるでしょうねw
この男の話を聞く価値があるのかどうかがまず疑問。
偉大なる竹中大先生がこう仰るのだから次は分かれ目の時代にするんだろうな。
絶対に阻止しなきゃね😀。
読む価値もない内容なのは言うに及ばないが、とりあえず顔見るだけで吐き気がする。
このクソタコ何客観的に語ってんの?お前が元凶でしょうがああああ!!!
そもそも竹中氏に「平成の経済を振り返る」資格などあるのだろうか。それが疑問だ。
ネトウヨの支持率が高いらしい 🤭🤷‍♂️
あなたが激変時代にしたと理解しております!この後に及んでまだ何かするのであれば抵抗するしかありません。
相変わらず、とんちんかんなことを言っている。「時代の分かれ目」なんて、とっくに過ぎているんですよ。成果をあげてない学者に、助言を求める必要性などない。
有料会員限定記事なのがせめてもの救いだ。この人が中枢に居続けるのが本当に理解できない。
この経済学者然としているピンハネ屋パソナ会長の竹中平蔵は、自民党と結託して政府に寄生し、この20年の雇用破壊を主導し、日本の労働者階級を搾取して私腹を肥やし続けた張本人。経済停滞の元凶。
竹中平蔵氏が振り返る激変時代。次は「分かれ目の時代。朝日新聞。・・・もうこうなると新聞社じゃない。彼は露骨な犯罪者だろう?なぜこの新聞社は独自に経済分析をして、彼がとんでもない犯罪者だということを証明しないのか? この新聞社は狂っている。なんのための新聞か?
次も俺の時代(にしよう)と思ってそう
今だけ自分だけ儲かれば良い人に聞いてどうする?
こいつCIAが後ろ盾ちゃうんかってくらい政商として居座っとるよな🙄何が次は分かれ目の時代や、「今こそお前と別れめ」やわ🤮→
小泉政権で経済政策の司令塔を長く務めた東洋大学教授の竹中平蔵さんの視点から、平成がどう見えるのかを聞いた。
この人の嫌われ方はハンパない!朝日もしつこすぎる。終わった記事を、WEBに再掲するな。この人は目立ちたいだけなんだから。この人を喜ばせてどうする?→
世界2位から転落したのは、小泉政権で経済政策の司令塔を務めたご当人に責任の一端がある。「激変の時代です」と、何で他人事みたいに、ふんぞり返る?
次こそ政商竹中平蔵との「別れの時代」だね。
以上

記事本文: 竹中平蔵氏が振り返る激変時代 次は「分かれ目の時代」:朝日新聞デジタル

関連記事