TOP > 社会 > 小平奈緒と李相花に韓日友情賞 平昌五輪レース後に抱擁:朝日新聞デジタル

小平奈緒と李相花に韓日友情賞 平昌五輪レース後に抱擁:朝日新聞デジタル

 韓国の2018平昌(ピョンチャン)記念財団は7日、昨年2月の平昌冬季五輪スピードスケート女子500メートルでライバルとして金メダルを争い、レース後には互いの健闘をたたえ合った小平奈緒と韓国の李相花(…...

ツイッターのコメント(24)

旭日旗を認めた橋本聖子氏の存在は、スケートファンとして恥ずかしい。平昌五輪で、スピードスケート界の後輩の、小平奈緒選手と韓国の李相花(イサンファ)選手が互いへのリスペクトと素敵な友情を見せてくれたのは忘れたのかな。海外の人から見た旭日旗の意味を理解すべき。
平昌での感動が甦るステキなニュース(*'ヮ'*)
スポーツマンシップと友情から生まれた感動的な賞。素晴らしい!
韓国も朝日新聞も日本ヨイショ路線に変更か?去年の2月の話だね(笑)
小平選手に、日韓親善大使やってもらいたいよね。
厚労省の前賃金課長とか、世田谷の年金事務所所長とか、の偏見やヘイトを少しでもなくすためにも。こういう人材がホントに貴重で大事!
レース後に抱擁:朝日新聞デジタル
これは本当に競技以外で感動したシーンでした。国同士もこうなればいいんだけどね。
お二人共尊敬するし、厚い友情には心から称賛するが、時期が時期だけに、韓国の、日本人の反韓感情をやわらげたいという魂胆かと、うがった見方をしてしまう。
韓国に利用される小平奈緒!
韓日友情賞
平昌冬季五輪のスピードスケートのライバルで、健闘をたたえ合う姿が話題になった小平奈緒、李相花に、韓国の財団が「友情賞」を贈りました。2人が式典で当時を振り返りました。
何の美談もなかったどころか、外国人選手に対する誹謗中傷、自国選手に対する攻撃と朝鮮人の醜さが世界中に拡散した平昌五輪。
単に小平選手が慰めただけの話なんだが。
朝鮮人目線の朝日新聞社。
こういうニュースにも「韓国の狙いは一体何なんだ?」とか言っていちゃもんつけてる馬鹿が大勢いて、もう笑うしかないね。
このふたりを見てるとなんだかとても幸せな気持ちになるんですよね!😊
当時から話題になっていた件。なんで1年以上経って、韓国の度重なる反日政策に業を煮やした日本が制裁を課そうかというタイミングで?今更ご機嫌取りのつもりか?たわけが!
ネトウヨの皆さんの反応はどうなっているかね。彼女は反日?
露骨な政治利用。気持ち悪い。
仲良しこよしは個人的にやってね!
臭い芝居に悪用された…
「いいね!」としか言えねえ。
"좋아요!"라고 밖에 말할 수 없다.
五輪に意味があるとすればこういうところ。国がどこであろうと、人と人は、切磋琢磨し、繋がり、支えあうことができるということを知らしめてくれること。
政治と友情は別物。
政治は自己主張ばっかりだよ。
「韓国の2018平昌記念財団は7日、(中略) 金メダルを争い、レース後には互いの健闘をたたえ合った小平奈緒と韓国の李相花 (イサンファ) に『韓日友情賞』を贈った」

平昌五輪レース後に抱擁:04/07 朝日新聞デジタル
「私たちにとってあの情景は特別なものではなく、ごく自然なものだった」(小平奈緒)
「2人の友情は財団が目指す五輪精神を象徴する。今後、日本とのスポーツ交流や民間交流が拡大することを望んでいる」(柳承敏理事長)

いいねぇ!(^^)b
以上
 

いま話題のニュース

PR