TOP > 社会 > マエケン野球論「休み肩の方が速い」 球数制限に賛同 - 高校野球:朝日新聞デジタル

マエケン野球論「休み肩の方が速い」 球数制限に賛同 - 高校野球:朝日新聞デジタル

27コメント 登録日時:2019-04-16 17:13 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 全国高校野球選手権は今夏、第101回大会を迎える。「新世紀」に入る高校野球をより良いものにするためには――。大阪の強豪校PL学園でエースとして活躍し、プロ野球広島を経て現在は大リーグ・ドジャースでプ…...

Twitterのコメント(27)

2019.04.16 アーカイブ

- 高校野球:朝日新聞デジタル
高校野球の球数制限について。試合だけじゃなく、練習の話もしてる。
【 球数制限に賛同】
野球にもサボリバネ的な用語あるんですね -
俺も賛成。
甲子園でエースが160球を投げ熱闘!って高校野球っぽくて美談になるけど肩はぶっ壊れてる。
いいぞマエケン
もっと言って!!!
この考え方が広まってほしい
最近見ないけど、健大高崎って分業制だよね
今日先発です。その前にこちらの記事をどうぞ/
投げないと身につかないではなく、考えて試行錯誤しながら投げる。
量より質のを考える必要性🤔✋🏻

60球投げれば、60回試せる🤔
「考えて投げれば少ない球数でコントロールは改善できると思う…大事なのはやっぱりキャッチボール。肩を作るためにするのではなく、色々試す場所にする。いいなと思ったことをブルペンで試す。」
今でも実しやかに囁かれる200球投げ込んで疲れた時に投げる事が出来るという真のフォーム。
公式戦で球数制限より練習から考えないと。
誰しも「新聞記事は中立であれ」と言うが、「中立」とはAとBの中間という意味ではなく、どちらとも利害関係を持たないということ。だから朝日の高校野球記事が必ず「甲子園大会は必要」という結論になってしまうのはまさしく中立性の欠如といえる。
マエケンの「投げ込み不要論」を昔、記事にした。こうやって、彼がアメリカに行って、感じたことを発信してくれるのは嬉しい。日本人がメジャーへ挑戦することの意義ってこういうことだと思う。
投げ込まなくても制球力は養えると言うコメント、強く賛同します。
トレーニングと考え方でコントロールは絶対に良くなると信じます。
このインタビュー見てもマエケンええわー。
マエケン「休み肩の方が速い」 「プロの僕らでも1試合で100球ちょっとしか投げない。僕らより体が強くない高校生が170、180球を投げるのはケガのリスクが高まる。大人が制限を設けてあげることはすごく大事なことだと」
そらそうだよな。
WBCとかの球数制限はそれはそれで面白いよね。

球数だけが問題ではないはずだけど、優秀な投手が1年も投げられなくなる怪我はなくせるならない方が良い事。
あくまで自分の経験論ですが高校の卒業旅行明けの練習試合ではすごく体が切れて球も走ってた。
この時に初めて体を休めるのも必要だと感じました。
「 どうやったら長いイニングを投げられるのか 」投球制限があればバッテリーは考えるし、成長するはず。意図して年間の投球数を1000球近く減らした前田健太投手の考えが深く、多くの方に届いてほしい。| 朝日新聞デジタル
「休み肩」の方が速い(朝日新聞デジタル) 前田を一年にときから地方大会で見て木戸さんの後輩でもあるので阪神タイガース入団を願ったがカープでエースとなりメジャーリーガーに育ち本当に良かった。
野球にとってはプラスなことだと思うけどなぁ。
「休み肩」の方が速い(朝日新聞デジタル)

「プロが球数制限に賛同してますよ」って記事を書きながら夏になると『エース◯◯君180球の大熱投に感動』って記事を書くんでしょ?どうせ朝日の事だし( ̄ー ̄)
マエケンは体操だけでなくてさすが良く考えてるな。/
カープはマエケンが投げないから、という理由でブルペンの球数が減ったという逸話があるからな。コーチよりマエケンの言う方を採り入れた選手も多々。入れ替わりで黒田も来たし、球数の意識がだいぶ変わったと思う。
"甲子園はいつまでも残ってほしい。いま、僕らが見ても初心に戻れる。やっぱりトーナメントはすごくしびれる。トーナメントでしか養えない精神力はある。" - 高校野球:朝日新聞デジタル
以上

記事本文: マエケン野球論「休み肩の方が速い」 球数制限に賛同 - 高校野球:朝日新聞デジタル

関連記事