TOP > 社会 > 正答率、国語は改善も数学は… 大学入学共通テスト試行:朝日新聞デジタル

正答率、国語は改善も数学は… 大学入学共通テスト試行:朝日新聞デジタル

 大学入試センターは4日、2020年度から始まる「大学入学共通テスト」に向けて、昨秋に実施した2回目の試行調査の結果を発表した。新たに導入される記述式問題は、80~120字の解答を求める国語の問題は全...

ツイッターのコメント(13)

大学入試共通テストのプレテスト結果。数学低迷、国語、英語とともに記述式が難しい。
マーク式に慣れている生徒に記述をさせたからなのか、
そもそも記述する力、国語の力が低いのか。
とにかく小、中学生は今のうちに国語の力、表現力をつけておくことが大事。
自己採点が合わないのに、採点完了までかなり時間がかかるのに、本当に大学入試で使うの?受験者はもちろん被害を被るけれど、大学側は点数(段階?)分からないのに、どうやって合否を出すの?記述部分も使うと言いながら、採点が早いマーク部分の点数で合否を出すの?
「今秋には高校生1万人程度から記述式の答案を集め、採点作業を行う「準備事業」を実施するという。」

また言葉遊びを始めたな
2回目やったんやね
英語の対策しかしてない方が多いですブンが、文化の森スクールの2月のチラシでも書いている通り、勉強の仕方が完全にかわるぶん、一番大変なのは数学らしいですブン!
くらし☆解説「大学入学共通テスト」、共通テストに記述を導入という暴挙、だれが主導したんだろねぇ…
…ダメやんけ。
もうコンセプトの破綻は明らかではないのですか。>
採点の結果をすぐに出せるかどうか
数学の記述式、テストとして成立してないんとちゃうのん?
「数学の3問の記述式問題の正答率は5・8%、10・9%、3・4%で、無解答率は17・3%、44・5%、62・0%だった。1回目は3問の正答率が1割を切り、無解答率が5割前後で、あまり変わらなかった。」
自己採点との不一致率はべつに大学入試センターの責任じゃないと思うよ。
生徒の自己採点能力の低さが問題なんじゃないの
大学入学共通テスト試行:朝日新聞
またこうやって大きな問題を積み残したまま実行しようとする…。入試は一生もんなんだからちゃんと仕組みを組み上げてからやってもらわないと困るのは受験生なんだよ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR