TOP > 社会 > 朝日新聞デジタル > ゲノム編集、人間...

ゲノム編集、人間へ応用研究「登録制度で透明性確保を」:朝日新聞デジタル

3コメント 登録日時:2019-04-17 11:34 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」を人間に応用する研究について、世界保健機関(WHO)の専門家会議が、世界の研究を登録する制度の創設をWHOに求めました。制度を設けることにどんな狙いがあるのか。3…...

Twitterのコメント(3)

ゲノム編集の国際的な研究登録制度を提案したWHO専門家会議。その会議メンバーである大阪大の加藤和人教授にインタビューしました。
京都医塾では、5/6~9の授業でゲノム編集の話をする予定です。

ゲノム編集、人間へ応用研究「登録制度で透明性確保を」:朝日新聞デジタル
遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」の人間への応用研究。世界保健機関(WHO)の専門家会議が、世界の研究を登録する制度創設を求めました。この制度にどんな狙いがあるのでしょうか。会議のメンバーのひとり、大阪大の加藤和人さんに聞きました。
以上

記事本文: ゲノム編集、人間へ応用研究「登録制度で透明性確保を」:朝日新聞デジタル

関連記事