TOP > 社会 > ふるさと納税、趣旨反した自治体は対象外に 新基準公表:朝日新聞デジタル

ふるさと納税、趣旨反した自治体は対象外に 新基準公表:朝日新聞デジタル

 ふるさと納税制度の対象自治体が6月から事前審査制になる。総務省が28日、事前審査して指定する仕組みに変えると公表し、指定基準を自治体側に説明した。豪華な返礼品や過剰な宣伝をする自治体は指定されないこ...

ツイッターのコメント(23)

都会に納税されている税金を過疎化する地方自治体にも割り振る趣旨だったのでは?ならアマギフが返礼でも良いと思う。それより泉佐野市は10万人もいるのに、ここにふるさと納税が集まる現象自体が問題なのでは??? /  新基準…”
対象外リストの自治体がオススメリストのようなものだな。
6月までに申し込まないと!
いろんなプレーヤーが工夫して盛り上がって来たのに、裁量権振りかざして弱いものイジメすんじゃねーよ、総務省。
現状やりたい放題だからなぁw
「総務省が28日、事前審査して指定する仕組みに変えると公表」
ふるさと納税制度の対象自治体が6月から事前審査制になる。豪華な返礼品や過剰な宣伝をする自治体は指定されないことになり、納税者が寄付しても住民税などが減るメリットはなくなる。
あら。
こんな仕組みになるのか〜
結局は東京の言い分を丸飲みし、省庁は利権を強化しただけで、財政難に喘ぐ地方の財政事情など1ミリも考えていない。東京が不利益を被れば、すべて悪として葬り去られる。
税金ショッピング、ちょっと改善(納税者には改悪?)されるみたいですね。
ああ、とうとうこんなところにまでもメスが入ったか・・・
泉佐野市に納税しました…
「①返礼品は地場産品 ②返礼品の調達額は寄付額の3割以下」 /  新基準公表:朝日新聞デジタル”
そもそも、寄付って見返りを求めるものでもないし。寄付したいという思いがあれば、するでしょう。総務省に勤務する人で、年間手取り額の1割以上を寄付(見返りなし)している人がどれだけいるか公表してもらいたいよ。事前審査制なんて案が出てくるはずないと思うが。
制度趣旨を逸脱した意地汚い状態だと思ってるので規制自体は否定しない。規制強化を先回りして年初早々に払ったふるさと納税が遡って否認されたらメシウマだと思う。│
ふるさと納税制度も落ち着きませんね。寄付金控除は、税の使い道を個人に、それも所得控除が意味ある層のみに委ねるもの。あくまで税制としては例外的なもの。作られてから10年たったいま、制度そのものの本格的な検証が必要では。
現場をわからない中央政府の「指導」はできる限り行わせたくはないんだが→
自治体にも個人にも、明らかに残念な思いをさせる“ふるさと納税趣旨”を作らせたがったのは、安倍晋三ですかね? そうですよねぇ、きっと。。。

『  朝日新聞』
返礼品は地場産品に限るって事?
生産したもの以外はダメって事になると、どこも同じような物になって特色が無くなっちゃうんだけど…
泉佐野市だけ特に名指しで草
豪華な返礼品や過剰な宣伝をする自治体は指定されないことになり、納税者が寄付しても住民税などが減るメリットはなくなる。
個人的には、返礼品は全面禁止で手数料の2千円相当の記念品までしか認めない、というのが、本来の制度の趣旨だろうと思っていますが、このあたりが現実的な落としどころですかねぇ……。
“ふるさと納税制度の対象自治体が6月から事前審査制に…総務省が…事前審査して指定する仕組みに変えると公表し、指定基準を自治体側に説明した。豪華な返礼品や過剰な宣伝をする自治体は指定されないことに” /  新基準公表:…”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR