TOP > 社会 > 被差別部落の地名掲載した本、メルカリに出品 既に削除:朝日新聞デジタル

被差別部落の地名掲載した本、メルカリに出品 既に削除:朝日新聞デジタル

 被差別部落の地名などを掲載した本「全国部落調査」の復刻版がネットのフリーマーケット「メルカリ」に佐賀県内から出品されていたことがわかった。本は、部落解放同盟側が横浜地裁に申し立てた出版禁止の仮処分が...

ツイッターのコメント(13)

@hidden_czar これ、高校生がやったことだったんですね。
ほんの悪戯心からやったことの事の重大性にビビったのかもしれませんね。
「何だかよくわからないが」が本心かどうかは怪しいですが。
示現舎のトンデモ行動の余波がこんな形で出てくるとは...

『全国部落調査』に限らず、差別本やヘイト本が氾濫するような状態はどうにかしないとアカンやろなぁ。
「全国部落調査」の復刻版がメルカリに出品される たまたまアプリをポチポチしてた職員が見つけて削除要請
いくらぐらいで売れるんかなあ。データなら簡単に手に入るから印刷して密売したろかな。
ああ、これって某出版社のあれかな。
部落解放同盟ってヤクザの事務所に看板出てたわ。
「本は2016年2月、川崎市の出版社が復刻版発行をネットで予告」。差別への執念というか、狂気を感じる。
■ 既に削除(朝日新聞)

被差別部落の地名などを掲載した本「全国部落調査」の復刻版がネットのフリーマーケット「メルカリ」に佐賀県内から出品されていたことがわかった。本は、部落解放同盟側が横浜地裁に申し立てた出版…
本自体下らないけど、もうほぼ絶滅しつつある部落の話を未だに活動としてやってる団体って。

未だに部落がどうのって言ってるの、特定地域の高齢層だけやないの?

 既に削除(朝日新聞デジタル)
朝日デジタルにも!メルカリで「部落地名総鑑の原点」の『復刻版・全国部落調査』が3冊も売買。1975年に発覚した「部落地名総鑑事件」で法務省が10年間かけて663冊を回収。現在では公然と売買。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR