TOP > 社会 > JR西の新たな長距離列車は「銀河」 20年春運行開始:朝日新聞デジタル

JR西の新たな長距離列車は「銀河」 20年春運行開始:朝日新聞デジタル

28コメント 登録日時:2019-03-20 06:35 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 京阪神から山陰・山陽地方を走る新たな長距離列車について、JR西日本は19日、列車名を「WEST EXPRESS(ウエスト エクスプレス) 銀河」にすると発表した。西日本を宇宙、各地の魅力を星になぞら…...

Twitterのコメント(28)

JR西の新たな長距離列車は「銀河」 20年春運行開始:朝日新聞デジタル
今日の大田市内のイベントとは関係ありませんが…これ、おもしろそうです。
思ってたよりいい。でも銀河を名乗るのだけは納得できない。東京-大阪で急行として走らせてくれるんなら大歓迎だけど。
末期塗装の次は真っ青塗装か…… >
「価格は通常の運賃と特急料金を想定」
個室がどれくらいになるかだけどサービス価格じゃない?
ほほう!
京阪神から山陰・山陽地方を走る新たな長距離列車について、JR西日本は19日、列車名を「WEST EXPRESS(ウエスト エクスプレス) 銀河」にすると発表した。
まさか「銀河」が特急に昇格して帰ってくるとは。
普通車指定席でのびのび座席って運賃+500円でこれってこと?すばらし…
イメージが・・・117系改造車かと思ったw
良いなあ~ >>>
この値段なら乗れるし乗ってみたいかな。出雲大社も行ったことないし。
この列車は違う名前にしておいて、大阪↔️東京の寝台急行『銀河』を復活させて欲しいね。
あれ?需要は智頭急行と被ると思うけど。
向こうも好調で30年目の車輌更新をすると聞いたが...

京阪神なら三ノ宮も通るので、競合しない電車なら伯備線経由しかない。
やくもの代替かもね。
国鉄車両の改造で今回はデビューだが、上手く行ったら、jrになってからの新車が改造になって、出雲とか彗星、あかつき、なはとかついたらね。
117系は国鉄設計なので、保安装置をなんとかしたら西に限らずJRの直流区間はほとんどの区間で走れるのが強み(中央東線や身延線はわかんない)。機関車牽引で北海道もいかが?
興味深いね。>
「価格は通常の運賃と特急料金を想定しており、大阪―出雲市(島根県)で1万円ほどという。」
これくらいの価格なら乗ってみたいと思うけど経路は何処通るんだろうねぇ
関口知宏の中国鉄道大紀行を思い出した。
WEST EXPRESS・・・
航技廠では・・・(ない
1985年4月に東京→大阪で乗ったっけ. 寝台急行「銀河」
何もかもみな懐かしい…
そんな事より東京↔大阪間に寝台急行復活させて欲しい。需要あるだろー。
東京〜大阪間で2008年まで運行されていた、20系や24系客車が思い浮かぶかつての寝台急行「銀河」が復活したのかと思ったら勘違い。どうやら走る路線も時間帯も全く違うとガッカリする鉄分好きな方々の姿も…。
西日本お得意の魔改造ってやつか?
休車を大切にする西日本ならではだけど、管内のみの運行で寝るような行程だと停泊中に寝ることにするんだろうね。
走ってたらうるさくて眠れないもんね。

 20年春運行開始(朝日新聞デジタル)
大阪ー出雲市で1万円程やったら乗ってみたいが、予約なかなか取れないかも…
その前に乗れる機会がないかも…(ーー;)
来年は、これに乗って旅打ちだな。
@YahooNewsTopic
「銀河」とは懐かしい。。。
来春が楽しみ!
やった!銀河復活した!!これで移動はかどる!!!

"京阪神から山陰・山陽地方を走る新たな長距離列車"
そこじゃねえよ東京~大阪で頼むよホント
以上

記事本文: JR西の新たな長距離列車は「銀河」 20年春運行開始:朝日新聞デジタル

関連記事