TOP > 社会 > 朝日新聞デジタル > パリで暴徒が放火...

パリで暴徒が放火・略奪 ジレジョーヌ運動のデモに便乗:朝日新聞デジタル

23コメント 登録日時:2019-03-17 20:24 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 仏政府による燃料税引き上げ方針をきっかけに仏全土に広がった反政権運動のジレジョーヌ(黄色いベスト)のデモが16日、各地であった。パリ中心部のシャンゼリゼ通りでは暴徒が便乗し、高級老舗カフェやブランド…...

Twitterのコメント(23)

年末前通ったレストランボッコボコにされてて草
フーケッツ燃えてる…
-
流石、おフランスに置かれましては文明民度共にお高い。
ここ、初めてパリに行った時に入ったカフェだ。デモが暴徒化すれば観光客減る一方だし、観光収入減るから自分たちの首絞めてるのと同じ。
フランスって素敵な国らしいよ。フランス人さえいなきゃ。イギリス人が言ってた。
4か月経っても沈静化しないって
しかし何だな、先進各国での富裕層優遇が、政治屋への支援バーター以外に何程の意味もないのだが、資本家も民の安定と豊かさを伴えない社会では自らも生き残れない事の単純を理解していて行動を取れないのは、金に魅入られた麻薬患者と同じに見える。
この火を付けられてるレストラン、パリ観光行った時ランチしたところやん! /
そう言えば、某スキャナーの絵葉書ってどうなったんですかね
暴徒は黄ベストのデモ隊とは別モノであるかのような書き方。
添乗員時代から思ってた。パリって表と裏、富と貧、喜びと憂い、華やかさの中の陰気さ。その対の方向性が行ったり来たり。隠れた本質はふとした時、歯車がずれて出てくるもの。個であれ集合体でも。
これがフランスの民衆主義というやつだよね。
造反有理、まるで文化大革命、指導者はエリートの
偽善者だらけ、パリの歴史が炎上してる。
大規模なデモなんて、強盗したい人や憂さ晴らししたい人からしたら恰好の隠れ蓑だろう。現実に特定されないかは別にして、特定されにくそうと思われたら狙われる。ジレジョーヌみたいに不満が原因のデモなら気が立っている人も多くて暴力沙汰にしやすそうだし。<暴徒が便乗し
燃料税引き上げの反政府運動で高級ブランド店から略奪する意味が分からない。|
パリが燃えている。高い税金に対する抗議の声が真実だとしても、富者からの収奪や、暴力を肯定すれば、マルクスや毛沢東と同じような集団的狂気が繰り返される。
リベラル左翼の皆さんは「市民革命だ!ヒャッハー!!!」でしょうから朝日新聞は全力を上げて煽ってくださいね。<
黄色いベストのデモが16日、各地であった。パリ中心部のシャンゼリゼ通りでは暴徒が便乗し、高級老舗カフェやブランド服飾店が相次いで放火や略奪の被害にあった。仏メディアによると、パリで230人超が拘束された。
どうにもならんね>
パリで黄色いチョッキの人が町を荒らしていてカフェテラスが少し燃えたりしている。
これ、フーケでしょ!あの「凱旋門」でラディックがボリスがジョアンが行った店!のぞ様と咲ちゃんと真彩が行って真彩がカルバドス一気飲みした店!
相変わらず野蛮な国だねえ…笑
朝日新聞デジタル2019年3月17日20時03分
写真・図版...
「反政権運動のジレジョーヌ(黄色いベスト)のデモが16日、各地であった。パリ中心部のシャンゼリゼ通りでは暴徒が便乗」→朝日はデモ参加者と暴徒とを区別する方向へ踏み出したのね。/ ジレジョーヌ運動のデモに便乗:朝日
以上

記事本文: パリで暴徒が放火・略奪 ジレジョーヌ運動のデモに便乗:朝日新聞デジタル

関連記事