体調不良訴えたクルド人男性を救急搬送せず 東京入管:朝日新聞デジタル

 東京入国管理局(東京都港区)の収容場で長期収容されているクルド人男性が12日夜に体調を崩し、家族が救急車を呼んだものの、二度にわたり救急搬送されなかったことがわかった。弁護士によると、男性の訴えに入...

ツイッターのコメント(79)

ウィシュマさん事件以前も体調不良者を救急搬送しないという暴挙を犯した入管職員だが、無論彼らは医師免許もその道の知識も持ち合わせてはいない。素人同然の人間に病気の人間の命を左右させる体制は許されない。
彼ら、彼女らに人権があるといえる状況でしょうか??
記事を読んで考えてみてください
@shiriHIP @Yuki_Chida 職員が何らかの原因でストレスを溜め込む傾向が強いという点は同意ですが、その根本原因は収容者の行動ではなく職員への指導等の体制にあると見ております。私は特に東京で今年3月に起きたクルド人収容者の搬送拒否事件以来、入国管理局への不信感を酷く募らせています。
入管は本当に〝鬼〟だな。
これ業務上過失致死とかにならんの?
これが僕らの払う税金でなされていること。

『東京入管総務課は「入管内の准看護師が救急隊員に病状を説明し、隊員の判断で搬送されなかった」と説明している。その際、救急隊員は二度とも本人には会わずに引き返したという』
こんな言い草ある? これで言い逃れできると思ってるわけ? >東京入管総務課は「入管内の准看護師が救急隊員に病状を説明し、隊員の判断で搬送されなかった」と説明している /
人権後進国に住んでいるという悲しい実感。
男性の訴えに入管職員は「息消えたら(病院に)連れて行きます。あなたは私よりも元気だ」などと答えたという」

「息消えたら」ってそれ死ぬことを望んでる言い方だろ…。即刻クビ。人として見てない。
お・も・て・な・し。恥を知らない国ニッポン。
 
PR
PR