TOP > 社会 > 朝日新聞デジタル > 著作権の「法王」...

著作権の「法王」が語る DLと一億総クリエーター時代:朝日新聞デジタル

34コメント 登録日時:2019-03-17 15:34 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

■著作権法改正案に対する「緊急声明」を呼びかけた一人、中山信弘・東大名誉教授に聞く 政府が今国会への提出を諦めた著作権法改正案に対し、反対のうねりを作ったのは著作権法の専門家ら100人余りが賛同した「…...

Twitterのコメント(34)

中山信弘・東大名誉教授はいつから「法王」になったのか?という話はさておき、著作権侵害への対応について参考になる「マグロは捕え、メダカは逃がす」というものさし。
>「マグロは捕まえ、メダカは逃がす」
DLと一億総クリエーター時代 「著作権界のローマ法王」と呼ぶ人までいる重鎮、中山信弘・東大名誉教授。ネット時代の海賊版対策には「マグロは捕まえ、メダカは逃がす」という工夫が必要だと語る。
ほんとこれ。かんたんにネットリンチされる時代だからね

「だから違法の範囲を広げてもかまわないという理由にはなりません。よく考えれば、これは非常に怖いことです。違法であることには間違いありませんので、誰かが怨恨(えんこん)で訴えることもあり得ます」
私に取っては「神様」だなーーー>
中山先生って法王って呼ばれてるのw
その通りだと思うが、メダカが大量発生した場合、放っておけないというのもある。→「ネット時代の海賊版対策には「マグロは捕まえ、メダカは逃がす」という工夫が必要」 《ニュース》 DLと一億総クリエーター時代|朝日新聞
しゃけはどっちに分類されますか・・・?

>マグロは捕まえるけどメダカは逃がす、というような工夫が必要です。
「法王」って・・・
「ネット時代の海賊版対策には『マグロは捕まえ、メダカは逃がす』という工夫が必要」と中山信弘東大名誉教授。→
ただただ、現在の無能の極致ある政治屋の止めどない馬鹿さ加減と、愚息の連鎖にある官僚の資質が嘆かわしい。日本の学力など何の足しにもならぬ事を自ら証明しているようなもの。目的と効果と結果を考えもしないで、機械的にバカを行う。AI置換!
中山信弘先生が著作権について語ったら、日本で反論できる人おらんのでは >
だれかと思ったら中山信弘先生で納得w:
今日の朝刊紙面で確認。見出しは「著作権法 文化の発展を導かねば ダウンロード違法化 今国会見送り」と穏やかに:
“確かに、厳格に考えれば、我々は日常生活の中で日々、著作権侵害をしている…でも、これくらいなら許されるだろうという感じで…この予定調和のおかげで世の中がうまく転がっている” /  DLと一億総クリエーター時代:朝日新聞デジタル”
"厳格に考えれば、我々は日常生活の中で日々、著作権侵害をしているでしょう。仕事に使うために無断で本や雑誌の一部をコピーすることも、懲役10年以下の刑罰の対象です。" 法律ってそういうもんだよなぁ。 /  DLと一億総クリエーター時代:…”
自由なネットが大量の情報へのアクセス、自己の確立、さらなる情報発信を生む。「著作権法は目的に「文化の発展」を掲げています。ここで文化の発展というのは、基本的には「情報の豊富化」だと思います」 /  DLと一億総クリエーター時代:朝日…”
小さい淡水魚を捕まえてどーする、という話。
「マグロは捕まえ、メダカは逃がす」

不正指令電磁的記録の件では、「マグロ」は例えばコインチェックのネム不正取得事件等で、「メダカ」は(仮に有罪が確定したなら)コインハイブやアラート無限ループ等だろうね。
「今まで訴えられなかったということで救われているだけです。この予定調和のおかげで世の中がうまく転がっている。でも、」
著作権法、「マグロは捕まえ、メダカは逃がす」ような法規制を、との意見。物凄く納得できるのである。
今日のシンポでも再三権利制限の一般規定(フェアユース)にも話がリーチしたわけで、中山信弘先生にはまだまだご活躍を…。『 DLと一億総クリエーター時代』
>中山信弘・東大名誉教授。ネット時代の海賊版対策には「マグロは捕まえ、メダカは逃がす」という工夫が必要だと語る。

メダカを捕まえマグロを逃がす、完全に逆の法案だったものなあ。
「確かに、厳格に考えれば、我々は日常生活の中で日々、著作権侵害をしているでしょう。」さうなんだよね。みんな道を歩く時、道路交通法違反をしているのと同じ。そこでどうするか、どう考えるか。 /  DLと一億総クリエーター時代:朝日新聞デ…”
“著作権法は主としてプロの法律だった” “海賊版は別として、我々はなるべく多くの情報を創作し発信し、お互いに利用しあう社会になっている。こういった連鎖を法律が断ち切ってはいけない” /  DLと一億総クリエーター時代:朝日新聞デジタル”
法王…法王って…!!いや、中山信弘先生は間違いなく大家ですけれども!
"マグロは捕まえるけどメダカは逃がす"という表現わかりやすい。|
★”ひそかに「著作権界のローマ法王」と呼ぶ人までいる重鎮、中山信弘・東大名誉教授。ネット時代の海賊版対策には「マグロは捕まえ、メダカは逃がす」という工夫が必要だと語る。”
> 呼びかけ人の一人は、ひそかに「著作権界のローマ法王」と呼ぶ人までいる重鎮、中山信弘・東大名誉教授。
誰が呼んでるんだぜ 初耳なんすけど😦
これははじめて聞いた。苦笑

"ひそかに「著作権界のローマ法王」と呼ぶ人までいる重鎮、中山信弘・東大名誉教授"
が頓挫の背景
御大、中山先生が語る
学芸員や博物館関係者は必読なのだが、たぶん一緒くたの誤変換「一色単」が秀逸。一瞬そうも書くのかと思ってしまった。
以上

記事本文: 著作権の「法王」が語る DLと一億総クリエーター時代:朝日新聞デジタル

関連記事