TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > JR西日本、みど...

JR西日本、みどりの窓口を大幅縮小 180→30駅に:朝日新聞デジタル

30コメント 登録日時:2019-02-19 22:42 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 JR西日本の切符売り場「みどりの窓口」が大幅に減ることになった。現在、京阪神地区の180駅にあるが、拠点駅以外で順次廃止し、2030年度ごろに約30駅まで減らす。同社が19日発表した。代わりにオペレ…...

Twitterのコメント(30)

オペレータの遠隔対応こういった災害時が心配…
そもそも窓口だけでなく最近駅員さんの数も減ってるしね
みどりの券売機プラスも100駅程度に導入、と書いてあります。いまのみどりの窓口が180駅にあることを考えると、すべての窓口がカバーされるわけではなさそう。
「京阪神地区の180駅にあるが、拠点駅以外で順次廃止し、2030年度ごろに約30駅まで減らす。」「「みどりの券売機プラス」を、京阪神で現在の2倍の100駅程度に拡大」数あわなくね?
同様の遠隔対応システム「Kaeru 君」が失敗したJR東日本の二の舞。JR西日本には色々な意味でもっと学習能力を持ってもらいたい。
いつもマジキチ経路で補充券になってしまう乗り鉄オタクは切符買えなくてかわいそう・・・
JR西日本「みどりの窓口」が180→30駅へ大幅縮小。替わりに、遠隔対応ができる券売機「みどりの券売機プラス」を拡大する。オペレーターと画面で顔を見ながらやり取りし、学生やシニアの割引証などの切符の券面の確認もできるという。
窓口縮小の前にきっぷをネット購入で完了にしないと
せめて電話予約復活してくれれば・・・寝台特急とか窓口でしか買えないものも未だにあるし。無人化されると緊急時の対応も・・・
みどりの窓口廃止、無人化と、JR西日本には客、特に高齢者の客はないが如きですね。安倍日本は、この様にして、高齢者を早く姨捨山に送り込むと同時に、地方に住む人達の息の根を止めて行くのです。
また年寄りには生きづらくなるのか…
テクノロジーの進歩は中間層の仕事を奪うって本当だった。分厚い中間層がいてこそ購買力は増え社会は活性化する。低賃金の労働者で溢れ大量生産した品を誰も買えない。これ経済用語で何と言う?
最近、元日乗り放題きっぷなどお得な切符のe5489への誘導が露骨やったけどこういう事か…
今京阪神地区の180駅にあるのを拠点駅以外で順次廃止して2030年度ごろに約30駅まで減らすらしい。
これは忌々しき事態では?
という事は地元の路線は天王寺と和歌山と関空だけになるかな?
中小企業のサラリーマン、涙目。
古いタイプの事務員がいるところは領収書が必要なんだけどねw
これもなかなか酷い。だったらネットで全て買えるようにしてくれ。
『JR西管内の1169駅のうち駅員不在の無人駅が657駅ある』
⇒こんなにあるのか。初めて知った。今後は、駅そのものがなくなるとかありえるな。
政令指定都市にみどりの窓口がなくなる?
※カウントを間違えているかもしれません
鉄道はいまでもインフラです。市場で淘汰されていいものではないでしょう。
とうとう緑の窓口も無くしていく方向かぁー
なん・・だと・・・?
あたまおかしい
180→30駅に:朝日新聞
どこもかしこも省力化だなぁ。券売機の機能が向上して単純な往復切符とか割引切符の発券にそこまで人手は割けないということなんだろうが。暇な窓口もあるかもしれないもんね。
東が車内販売見直してやれば、西は窓口削減か。働いてる人たちも大変でしょうね… /
JR西によると、窓口の縮小に伴い、10年から導入している遠隔対応ができる券売機「みどりの券売機プラス」を、京阪神で現在の2倍の100駅程度に拡大
西日本管内で30駅って
新幹線駅以外ほとんどなくすようなもんじゃないの
合理化の必要性はアタマでは分かっても,うらさびしい思いがココロを支配する.人口が減る社会の活力が落ちるとはこういうことか,と…
人口減少に全くの無策だった亡国政治の責任は重い.悪夢だ!
これは痺れるニュース
以上

記事本文: JR西日本、みどりの窓口を大幅縮小 180→30駅に:朝日新聞デジタル

関連記事