TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 海底ハウス、水深...

海底ハウス、水深18メートルで発見 生活実験で使用:朝日新聞デジタル

121コメント 登録日時:2019-02-18 07:08 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 静岡県沼津市の内浦湾に1970年代にあった海底ハウスの上部構造が、湾内の水深18メートルの海底で見つかった。基礎部分から切り外され、魚礁として再利用されたとの情報はあったが、所在が分からなくなってい…...

Twitterのコメント(121)

生活実験で使用:朝日新聞
>沼津市内浦湾の水深18メートルで。魚礁として再利用
>「歩号二世」
>1968年に愛媛県吉田湾に沈めた「歩号一世」で海中生活実験。70年に一世を沼津移設。74年に二世建設。76年、死亡事故があり閉鎖
にわか内浦ダイバーとしては見逃せない記事です笑
水深18mもあると、いざというときに逃げられないじゃないか。
というか、何もなくても陸に上がるときに苦労しそうだ。
📄 💬 >基礎部分から切り外され、魚礁として再利用されたとの情報はあったが、所在が分からなくなっていた
> 水族館「伊豆・三津シーパラダイス」のスタッフが今月、発見 /
閉所恐怖症と溺れたことのある人は無理かもねー。怖い(笑)
アクアマン…
子供の頃、将来人類は海の中から会社や学校に行くようになるかも、みたいな記事が子供向け雑誌に載ってたのを思い出した。
海底ハウスが40数年ぶりに発見!って、これ普通に知っていて、三津シーパラダイスの関係者が知りあいにいたので小学生の頃に「行ってみないか?」と誘われたけど、10m素潜りは無理なので断った記憶。
シーパラは現在、ラブライブサンシャインで盛り上がっているアソコね。
今、テレ朝のグッドモーニングで、沼津の内浦湾から海底ハウスが発見のニュースが。
しかも作った人はミカン農家の人。すごいな。

これの巨大バージョンが必要になるかもねw
SF! しかし18mぐらいで見つからないもんなんだな。 // -
♪みーたーことーないいーえーがーきたーーー/いやおれはおっさんなのでおおそういえばそんなのあったなあという感想なのだが /
そういうのあったんだ
夢があっていいよね!⤴
沼津でこんな事が。海底に1週間住めるの!?:
"76年、利用者がハウスからの帰路に死亡する事故があり、閉鎖された"/
地球は何でできているか?多くの人が水の惑星だと思っているがそれは違う。最も多いのは、鉄である。
一説によると、海ほたる建設の際に使われた脚の鉄のおかげで周辺の水質は良くなったと聞く。
この記事のように、鉄には生物が住み着く。鉄は実は凄い。(記事の趣旨ちがう)
-
静岡県沼津市の内浦湾に1970年代にあった海底ハウスの上部構造が、湾内の水深18メートルの海底で見つかった。
おおよそ何処にあったか分かってて、水深18メートルって深さなのにずっと見つからなかったって言うのが、海での捜索の難しさを証明してるね。 /
場所まじかw
海底ハウス歩Ⅱ世 Ⅰ世のように丸いのではなく四角いのですね
『 生活実験で使用』 誰も知る人がいなくなってからこういうのが見つかって謎を生むんだろうな。
海底ハウスって単語、確かどこかで見掛けて凄く興味を持って帰ってから調べた事があったなと思ったら、そうだ思い出した。あれは2013年の初夏の頃、戦艦陸奥の主砲や特務艦宗谷を見に船の科学館に行った時だ。
記事を見たら色々反応してしまった
死亡事故は減圧症だったみたいですね、18mは2.8気圧程になるので一気に浮上すると血液に溶け込んだ窒素ガスなどが気泡化して各部に損傷が出たり血管が空気で詰まったりします /
減圧症こわっ…。万が一事故が起きて水中で気密が保たれなくなっても、泳いで浮上すれば大丈夫…なんてわけにはいかないんだよな。
利用者が死亡して閉鎖って切ないな /
ダッシュ海岸の将来イメージ? /
潜って見てみたいな😊
そんな話、初めて聞いたなあ。
事故も起きたなんて。
めっちゃ素敵やん
1枚目だけ見ると与那国島海底地形みたいな -
こち亀に似た話あったけ。あれは川底だった気がする。
今も魚さんのハウスなんだな・・・>
さむさんが何度か話題にしてたやつだ。見つかったんですねー。
70年代はカプセルホテルやら「人間洗濯機」やら海底ハウスやら、実験の時代だなぁ。|
内浦湾の18mならダイビングスポットに出来そう。平沢からボートダイビングだ
・1968年に「海底ハウス歩号一世」で、7日間の海中生活実験に成功した。 ・74年にはさらに大型の二世を建設し、一般にも公開したが、76年、利用者がハウスからの帰路に死亡する事故があり、閉鎖された。 /  生活実験で使用:…”
今も内浦の海に沈む海底ハウス歩号二世、すごい。
@rietzscha 最近、三津内浦湾の海底で再発見されました。
ここのあの海底のハウスね…! /
海中都市構想かな( ˇ෴ˇ )
ラプチャーはあった
あれ?この前背中さんのイラストで見た気がするゾ
自家製梅酒のように、後世へのサプライズにもっと仕込もう٩( 'ω' )و
こんな発想があったんやね。出入りが気になるw
沼津…内浦湾…みとしー。
地元でも何でもないのに馴染みしかない
(°_°)

 生活実験で使用(朝日新聞デジタル)
"76年、利用者がハウスからの帰路に死亡する事故があり、閉鎖" / そういえば、昔の未来世界予想図とかにはこういうのもあったような。 /
三津シー沖にこんなロマンの塊みたいなものが沈んでいのは驚き
でも、夜中の海で見るのは怖いかも
引き揚げたりはしないのかな?
今は魚の家なの、なんか良いな
バイオショック /
「海底ハウス歩号二世」の上部構造が、沼津市の内浦湾の水深18mで見つかると。1世は船の科学館で屋外展示されていますね。見つけた後どうするのだろう?→
果南ちゃんの別荘ですか?(違う)
沼津内浦湾にあるというのは聞いてましたが、今まで誰も見に行かなかったんですね?
ダイバーからすると見てみたさしかないな
存在は知ってたけど無くなったって聞いてたから沈んでることに驚きだわ
花園ゆりね「またあの邪神が悪さしたら、ここに閉じ込めようかしら」
1970年代に実際に使われた海底ハウス。一般公開されていたが、1976年に死亡事故があってから閉鎖。行方不明になっていた。「海底ハウス」から漂う70年代感 ‐‐‐
沼津の内浦ずら〜
昔は海底に住むとかの未来予想とかあったけど、全然聞かなくなったな。陸地に住む場所がたくさんあるものな。
こんなのあったんですねぇ😮
今は魚いい住処になってるとか
ダイビングスポットとして解放してもらえないもんかね?
発見したのは良いんだけど、朝日新聞の記者、サンゴ礁に落書きしていないだろうな?
「ハウスからの帰路に死亡」って何があったんだ。 /
情報量が多いし写真が超綺麗
内浦で海底ハウス?
発見したのは、伊豆・三津シーパラダイスの職員。
::40年前かぁ。気持ちは理解るが、当時としては、どうだったのかな。基地(というか、足がかり)になるなら色々やりたい事も出てくるが、うーむ……
内浦の海にこんな物があるのか!!
三津シーのスッタフさんご苦労様でした!
...海底ハウスってなんぞ??
これの1号機が今どこにあるか調べたらお台場の船の科学館にあった
堀口さんだぁぁぁぁぁwww
@gobylover 今も昔もみんなの憧れっぽいですねw
内浦にこんなところもあったんだ
これはすごい。
こういうの憧れがあるよなー。海の中だからスゲエ静かだろうし良く眠れそうではある。静か過ぎるとダメって話も一方ではあるけど-「 生活実験で使用」
内浦の海底にこんなものがあったとは…
沼津、内浦、ミカン農家…

どこかで聞いたワードが満載の海底ハウスの記事
現在は漁礁となっているそうで、ある意味天然のアクアリウム…w
このニュース見て「そういや清水建設が海底生活のドリームPJやってたなぁ」と思い出したのでサイト見に行ったら、営業停止処分による閲覧制限がかかってた。そういやそんなのもあったなw
なんだそりゃ!?と思ったら沼津の海底かよ!!!!笑
生前、かずひでさんにはお世話になったなぁぁぁ。
海底ハウス俺も行きたかったなぁ。
あれからもう8年もたったのか。懐かしいです
いつも美味しいはちみつありがとうございました。ぶんたんも。
わーいいなぁ!
今ならより安全を確保した運営出来そうだけど…
当時泊まった人の感想知りたい
sugeeeeeeeeeeee
沼津の内浦にあったのね・・・
松本ハウス!?!?!?!?
沼津と聞くと反射的に思い出す某小売店
60~70年代は増えすぎた人口の移住先として海底が真剣に検討された時代。それが証拠にこの時期の特撮・アニメなどに海底基地が頻出する。特撮では帰りマンのMAT基地、マッハバロンのKSS基地、アニメではガッチャマンの三日月珊瑚礁基地。そして沖縄海洋博のアクアポリス。
“海底ハウスを造ったのは愛媛県のミカン農家”“1968年に同県の吉田湾に沈めた「海底ハウス歩号一世」で、7日間の海中生活実験に成功”“70年に一世を沼津に移設。74年にはさらに大型の二世を建設し、一般にも公開した”
なんで愛媛県の農家が沼津の海底に家を沈めてるんですかね
ずいぶんと夢のあることとしてたんだなぁ.画像検索してみると海底ハウスがザクにしか見えん.ガンダムより前の時代みたいだから,もしかしてザクは海底ハウスからインスパイアされたのか?
沼津の内浦湾で伊豆三津シーパラダイスのスタッフが発見と。
今年の は海の中も行かなきゃいけないのか。ようすけさん大変だな
>1968年に同県の吉田湾に沈めた「海底ハウス歩号一世」で、7日間の海中生活実験に成功した。
すごいな…
7日間の海中生活実験に成功した。
76年、利用者がハウスからの帰路に死亡する事故があり
作ったの愛媛のミカン農家の方なのか👀
ロマンよねぇ。
40年そこそこで所在不明になってしまうのか。。。 /
いまの技術ならどれだけの期間過ごせるのかな
内浦湾にこんなものがあったのか🤔
なるほど、海底に家を作って生活する実験してたのね。しかしたかが45年くらい前のモノもすぐ見つかりにくくなるモノなのね。
内浦で見つかったという話の続報が出てきた。>
(*・∀・*)ヘー内浦湾にそんなものが…。
内浦ってあの内浦か、あそこにこんなのが眠ってたのか…
50年前にこんなのが!「海底ハウスを造ったのは愛媛県のミカン農家だった田中和栄氏。1968年に同県の吉田湾に沈めた「海底ハウス歩号一世」で、7日間の海中生活実験に成功した」。
来週内浦行くから潜ってみるか
千歌「なくならない。海底ハウスも。」
この記事全く分からない。「当時を知る人から聞き取るなどして(略)スタッフが今月、発見」って、2018年11月28日に「沼津沖になぜ電話なぜ便器 海中生活ミカン農家の夢の跡」という記事が岡田記者自身に書かれている。/  :朝日新聞
理屈では3気圧相当の大気での生活になるけど、空気じゃ危険だな。僕ならヘリウム使いたいところだ。)
あの内浦の海でそんなものが見つかったのか…!
海底ハウスとな!?
内浦にあるんですか?
興味深いね。>
“静岡県沼津市の内浦湾に1970年代にあった海底ハウスの上部構造が、湾内の水深18メートルの海底で見つかった。”
もっと早く見つかってたらラサにネタとして取り入れられた可能性?
静岡)「海底ハウス」の上部構造見つかる 沼津市内浦湾で発見:朝日新聞デジタル
以上

記事本文: 海底ハウス、水深18メートルで発見 生活実験で使用:朝日新聞デジタル

関連記事