TOP > 社会 > 難聴リスク、若者2人に1人 WHOが音楽機器で基準:朝日新聞デジタル

難聴リスク、若者2人に1人 WHOが音楽機器で基準:朝日新聞デジタル

 若者の2人に1人に難聴のリスク――。スマートフォンやMP3プレーヤーで大音量で音楽を聴く若者の増加を懸念し、世界保健機関(WHO)と国際電気通信連合(ITU)は12日、音楽再生機器の使用に関する国際…...

ツイッターのコメント(10)

皆さん気をつけましょう😨🎧
車外まで聞こえる大音量で音楽を聞くDQNは
緊急車両がサイレンを鳴らして近づいているのに道を譲らない
失った聴覚は元に戻らないことを、みんな知っているでしょうか?
失った聴力は元には戻らない。注意!
「80デシベル」の音量で1週間に40時間、子どもの場合は「75デシベル」で同程度の時間が限度だとしている。音量と時間を記録して利用者に危険性を知らせたり、親が音量を管理したりするような機能の搭載も推奨 / “ WHOが音楽機器で基…”
大人の場合、走行中の電車内の騒音と同程度の「80デシベル」の音量で1週間に40時間、子どもの場合は「75デシベル」で同程度の時間が限度だとしている。

電車内の騒音ってどんくらいだよ
ずっとヘッドホン着けて音楽聴いてる人、いるよね。

 WHOが音楽機器で基準
何で大音量で音楽を聴くと思う?
そこの原因が分からないようであれば一生解決しませんよー。
もうちょい内容の濃い記事を書いてくれませんか?
若者の2人に1人に難聴のリスクがあるそうです。スマートフォンやMP3プレーヤーで大音量の音楽を聴く若者の増加について懸念が広がっています。
以上
 

いま話題のニュース

PR