TOP > 社会 > 若者11億人に難聴リスク WHOが音楽機器使用に基準:朝日新聞デジタル

若者11億人に難聴リスク WHOが音楽機器使用に基準:朝日新聞デジタル

 若者の2人に1人に難聴のリスク――。スマートフォンやMP3プレーヤーで大音量で音楽を聴く若者の増加を懸念し、世界保健機関(WHO)と国際電気通信連合(ITU)は12日、音楽再生機器の使用に関する国際…...

ツイッターのコメント(45)

ちょっと前に記事だけれど…これ、大音量が原因とか言ってるけど、そもそも最小音量がデカいのがいけないんじゃね?ってなるんだけど、違うの?🤔
このWHOの発表についてはイヤホンメーカー、販売店も真剣に考える時が来たと思いますネ。🎧
前に、大学生に「そんなに大音量で聴いてたら難聴になるで」と言ったら「その時はみんななるからええもん」って言ってた。
そもそも安いイヤフォンとか使うから悪いんじゃないかと思ったりする。密閉性や外部の音を遮断できるいいやつとか、いいものは大きな音と共に小さな音もクリアに聞こえるし。つーか音漏れマンが多すぎる
騒音性難聴は不可逆的だから困る
気をつけないと
WHOは、世界の12~35歳人口の約半数にあたる11億人に難聴のリスクがあると指摘。
WHOのテドロス・アダノム事務局長は「失った聴力は元には戻らないことを理解しなければならない」
スマホで難聴がどうこうより、12歳から35歳が若者、と言う定義に涙するわ。
ミュージシャンも難聴多いから気をつけよう。
TVニュースで聞いて興味を持って検索してみればwebでは5日前か。何故今日になって放送したのだろう?結構マメにニュースはチェックする方ですが見逃したのか?ちょと考えたい出来事……(-.-;)
「WHOによると、世界では4億6600万人が生活の質を低下させるほどの難聴に苦しんでおり」

問題は難聴ではなく、難聴者を苦しませてしまう社会でしょう。WHOもこの程度の認識とは。
でも全人口の1割が難聴になった時にこの社会がどう変わっていくのか少し興味はある。
もうすでに聞こえにくいこと多々ある
私、難聴よ。カナル式のイヤホンはなるだけ使わないようにしてるてけど、密封型もダメなんだろうな。
若者だけではないと思う。今や全世代が利用している。車での大音量もすごいと思う。ガードの高架下と同様の音量が耳に入るわけだから、相対的に他が聞きづらくなることは容易に想像できる。最大音量設定だけの問題かは違和感が残る。
今、テレビで取り上げられていた話題。
平面磁界駆動とかインピーダンスが高いイヤホンとかBluetoothイヤホンとかはどうするんですかね
そもそもヘッドホンとイヤホンでは違います
僕が使ってるMDR-Q68LWでちょうどいい音量でもZSNだと音が大きすぎます
アンプによっても違うんじゃないですかね?
爆音で聴いたりはしないけど、音楽聴けなくなるのはやだな...😢
難聴気味。
高校時代から。
右耳だけ。
-

難聴リスクと自分の寿命とを色々考えてリスクを受容しているので問題なし
これは何度でも若者に伝えたい。どうせ年寄りになったらみんな耳が遠くなるんだから若いうちから慌てて難聴にならなくてもいいんだよ。難聴になったら元には戻らないからね
大学時代はウォークマンでフルヴォリュームでハードロック聞いてました(^^)
これは早急に制限をかけるためのシステムの搭載を推奨する流れを作っていくべきですね。 / (朝日新聞デジタル)
ほんと、電車の中で爆音で音漏れする奴はうんざりだよな
イヤホンヘッドホンを使うときは音量下げよ たまにはCDレコードで聴くのも新鮮で良いし🙆🏻
若者の2人に1人に難聴のリスク――。スマートフォンやMP3プレーヤーで大音量で音楽を聴く若者の増加を懸念し、世界保健機関(WHO)と国際電気通信連合(ITU)は12日、音楽再生機器の使用に関する国際基準を公表した。 (朝日新聞デジタル)
“WHOは、世界の12~35歳人口の約半数にあたる11億人に難聴のリスクがあると指摘。”
週40時間80デシベル以下に抑えるって厳しいな。難聴リスク高い。
何兆人も難聴になったら大変>
*厚労省ではなく総務省のマターとなったことで耳鼻科医は蚊帳の外(T_T)
「腕時計の秒針のコチコチが聞こえなくなったら要注意」と先生が言っていたな。高い音から聞こえなくなるらしい。気をつけましょう
こっちが心配 耳壊れてんのかってくらい大音量で聞いてる人多くて
難聴対策にとして、WHOが音楽再生機器の使用に関する国際基準を公表したとのこと。
皆さんもイヤホンによる耳の酷使にご注意を💦
うちの娘も。。。
失った聴力は元には戻らない。つ◯ぼ。
【国際基準を公表】「若者2人に1人に難聴リスク」WHOが指摘


大音量で音楽を聴く若者の増加を懸念。「失った聴力は元には戻らないことを理解しなければならない」と呼びかけている。

自分も気をつけないとなぁ。ミックス時にどうしても音量が上がってしまう。
「音量と時間を記録して利用者に危険性を知らせたり、親が音量を管理したりするような機能の搭載も推奨。」
俺もDJやってた職業病?で難聴
と言っても聞こうとする音より雑音が大きく聞こえて聞こえづらい程度だけど
「失った聴力は元には戻らないことを理解しなければならない」という強いメッセージを出しています。
「スマートフォンやMP3プレーヤーで大音量で音楽を聴く若者の増加を懸念」
大音量で音楽を聴く人は、気を付けましょう。

っていうか、リトグリメンバーも気を付けて欲しい。
ゲームのデジタル音、社会の環境音、家庭の環境音など耳はとてもストレスを受け入れている。無音に近い環境に自分を置いてみるとよく理解できる。突発性難聴に罹患した時はとても不便を感じた。両耳が音を拾う事はとても幸せだ
数年前のニュースでは、北欧で70万人が難聴に苦しんでいます。ロックコンサートのせいです。人間の耳が耐えられるのは、100デシベル、ピアノのフォルテッシモの音圧です。/
《安全に使用するには、大人の場合、走行中の電車内の騒音と同程度の「80デシベル」の音量で1週間に40時間、子どもの場合は「75デシベル」で同程度の時間が限度だとしている。》
安全に使用するには、走行中の電車内の騒音を少し上回る「85デシベル」の音量で8時間、電車が通る時のガード下の騒音と同程度の「100デシベル」では15分間が限度だとしている。/
大音量で音楽を聴いていませんか?
以上
 

いま話題のニュース

PR