TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 悪霊払う呪術師?...

悪霊払う呪術師? 大阪の古墳、出土の埴輪に奇妙な文様:朝日新聞デジタル

15コメント 登録日時:2019-02-27 13:27 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 大阪府四條畷市の埋没した古墳とみられる大上(おおがみ)7号墳(6世紀)から、奇妙な文様が刻まれた珍しい盾形(たてがた)埴輪(はにわ)片が、市教育委員会の調査でみつかっていたことがわかった。研究者から…...

Twitterのコメント(15)

6世紀ならすでに元興寺(飛鳥寺)に方相氏がいたという記録もあるから年代的にも不自然やないし、この埴輪が方相氏である蓋然性は高いんやないかな……! 顔の上の方が欠けちゃってるのが残念…!
6世紀頃の古墳から方相氏を描いた可能性がある埴輪片が出土
ちょっと不思議な遺物が出土すると、「祭祀」「呪術」に関するものと分類されちゃう傾向は昔から強い。
「方相氏(ほうそうし)」を描いた可能性が指摘され...

日本最古のついなちゃんか!?
研究者からは、古代中国思想を起源とする呪術師「方相氏(ほうそうし)」を描いた可能性が指摘され、古代日本の葬送儀礼を探る貴重な資料として注目されそうだ。
弥生時代に中国の悪霊払いの儀式が入っていた可能性、とのこと。ほんとにまあ、<日本人>じゃなくて<日本列島人>て言うのがますます適切なんだと思うよ。BritonsやBritsみたいにね。
“研究者からは、古代中国思想を起源とする呪術師「方相氏(ほうそうし)」を描いた可能性が指摘され、古代日本の葬送儀礼を探る貴重な資料として注目されそうだ。”
これはなかなか凄いな。方相氏を描いたものやって説が出てるみたいやけどどうやろうか
とても興味深い。
大上7号墳(6世紀)から、奇妙な文様が刻まれた珍しい盾形埴輪片が発券された。古代中国を起源とする呪術師「方相氏」を描いた可能性が指摘されている。
わたしゃてっきり、ザ・デストロイヤーかと思ったw。
大阪の古墳、出土の埴輪に奇妙な文様
盾持ち人の2DVer.かと思った〜

悪霊払う埴輪呪術師? 大阪の古墳から出土に奇妙な文様:朝日新聞デジタル
大阪・四條畷市の大上7号墳で出土した盾形埴輪に、奇妙な顔のような模様が刻まれていました。邪を払う古代中国の「方相氏」ではないかとの見方があります。3月17日まで大阪府河南町の近つ飛鳥博物館で展示。:悪霊払う埴輪呪術師? 大阪の古墳から出土に奇妙な文様
以上

記事本文: 悪霊払う呪術師? 大阪の古墳、出土の埴輪に奇妙な文様:朝日新聞デジタル

関連記事

191コメント 18 時間前   - note.mu