TOP > 社会 > 三重銀と第三銀が合併、「三十三銀」へ 21年5月に:朝日新聞デジタル

三重銀と第三銀が合併、「三十三銀」へ 21年5月に:朝日新聞デジタル

 三重県を本拠とする三十三(さんじゅうさん)フィナンシャルグループ(FG)は30日、傘下の三重銀行(四日市市)と第三銀行(松阪市)を2021年5月1日に合併させ、「三十三銀行」をつくると発表した。三十...

ツイッターのコメント(36)

六十三銀行と第十九銀行が合併して八十二銀行(63+19=82)になった、みたいな合併だ /
明治の国立銀行みたいだ /
七十七銀行(仙台市)かよ。
三がゲシュタルト崩壊した。
第三十三銀行 (旧東京市新右衛門町) とは全く関係ないっぽいな。TSUTAYAみたいなもんか (?)
0033ってジャパンネット銀行じゃん?|
百五銀行とさらに合併したら百三十八銀行になるのかな?
このまま百五と合併して138銀になって欲しい。
本社の全長を三十三間とし、千体の千手観音をそなえて通し矢を。 /
まるで虚構新聞のようなネーミング、もとの33番目の国立銀行だったか後で調べてみるかな /
もし、ここと百五銀行が合併したらry)
虚構新聞っぽいけどマジなのか...さんじゅうさんってローマ字大変... みとみ、さんとみ、の方が語呂もよかないか.
三重県に滋賀銀行の前身が復活するとかw/
33といえば三重テレビ(の周波数)だと思ってしまうのはたぶん県民だけ・・
ちなみに長野県の八十二銀行は、六十三銀行と第十九銀行が昭和恐慌を契機にして合併した足し算銀行。生糸の暴落が生んだ合併だったようだ。

「三重 + 第三」なのか「第三 + 三重」なのかは大切な問題なのでしょうね、結果は同じ「三 + 三」だとしても。

【 21年5月に:朝日新聞デジタル】
地方銀行は生き残りに必死という事だろう
TLで流れてきた。ついに合併か。
って言っても、百五銀行の半分なんやね。
「さんたすさんぎんこう」か、なるほど
三×三ではなかった(当然や)
新生する「三十三」銀行の本店は「四」日市です。松阪も擁してます。#33-4
第三十三国立銀行って明治期に経営破綻した銀行だけど、そこと似た名前にして大丈夫なのだろうか /
あー、まーそうだよね。
社名の由来は両行に共通する「三」を足し合わせた「三、+(プラス)、三」
つまり国立銀行由来では無いと…ちょっとややこしい
>四日市市で会見し、詳細を発表する。県内最大手の百五銀行(津市)などに対抗する力をつけることが課題になる。
〜 21年5月に:朝日新聞
FGがあるのも知らなかったけど、ネーミングは面白い。銀行コードも33だったら整っているなと思ったら、ジャパンネット銀行だった
まじでぇ、三重銀がイヤで第三銀の口座もってるんだけど(´(ェ)`)
新銀行名のつけ方が昭和っぽい /
「新銀行は第三銀行を存続会社にして、三重銀行を吸収合併する。経営効率化などがねらいといい、本店は三重銀行の本店所在地(四日市市)に置く。三十三FGの本店は松阪市のまま存続させる」 /
行名の由来は「三+(プラス)三」だそうです→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR