TOP > 社会 > 朝日新聞デジタル > 是枝監督、ローラ...

是枝監督、ローラ批判に「脅しだよね」 TOKIOは…:朝日新聞デジタル

33コメント 登録日時:2019-01-22 17:17 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを獲得した是枝裕和監督の「万引き家族」に対する国際的な評価がさらに高まっている。受賞は逃したものの今月の米ゴールデングローブ賞にノミネートされ、2月の米ア…...

Twitterのコメント(33)

日本が嫌いな人なら、そうなるんでしょうね。
朝日新聞のインタビューアー、是枝さんに日本のメディアをキッパリ批判されてたじたじ!
いうのは自由でいい。でも中身が全くないし感情論でどうする。馬鹿丸出し。
是枝裕和監督をインタビューしました。「あらゆる言動は、社会生活を送っている以上、政治的だと思っていますから。非政治的にふるまう、ということ自体も政治的だと思ってます」と監督。確かにその通りで、「非政治性」を求める日本の「政治的」な実態を指摘する発言でした
ローラ発言について、とても気になることがある。
テレビを見ていて、彼女が読解力に乏しいことを知り、どこで沖縄のことを知ったのだろうと思った。 朝日新聞は、読解力の乏しい者に向け発信をしているのか?
 TOKIOも…
是枝さん
日本国に恨みでもあるのですか?
是枝監督まともだ。
『なんでローラが批判されてTOKIOが批判されないなのか』
『もっと声を上げる人が増えれば攻撃のしようがなくなる』
『ジャーナリズムは日本では機能してない』
沖縄新基地建設に反対する立場で発言することがなぜわざわざ議論の的にされるのか。これがおかしい。国のやることに反対する意見を言うタレント、著名人に称賛を。わたしたちも言おう。
有料記事だけど、展開しておきたい。
ジャーナリズムは機能していない

言論報道から写真報道へ

監督だかの指摘に確かに顕著の中、

フランスだのヘイトだの、

言って見せたところで

言語的動物から視覚的動物、と
出色のロングインタビューで、読んだ人によって印象に残る部分は違うだろう。私には「現実って分かりにくいものだから、それをあえて、何かわかりやすいものとして伝えない」という部分が響いた/ TOKIOも…
「後半になると、きっと自分が実は、あの、警察官と同じ立場で、あの家族を普段は見ているってことに気づいてすごく居心地が悪くなるんじゃないですか。」是枝監督のインタビュー。「万引き家族」を観たあとに感じたモニョモニョの正体がわかった。
「『どこの国で起きてもおかしくない』『この話が私たちの国の隣の町で起こっても全く違和感がない』というふうに取材に来る方たち、どの方も言われた」
■ TOKIOも…(朝日新聞)

昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを獲得した是枝裕和監督の「万引き家族」に対する国際的な評価がさらに高まっている。受賞は逃したものの今月の米ゴールデングローブ賞にノミネートさ…
是枝監督、ローラ・TOKIOも:朝日新聞デジタル >是枝監督、ローラあたりが、間違った情報で発言するな!と言いたい。こいつらの発言がどれだけの人に間違った影響力を与えるか、これは重罪だ。「天網恢恢疎にして漏らさず!」全て“虚空蔵”記録されている
「ただ、ネットでやってるような、(ツイッターの)140字でお互いにたたき合ってるような状況、って全然豊かじゃない」

これ、大事なところ。
内容について批判も有っていいでしょ。
都合のいい内容だけ許されるのは
フェアじゃない。
自分の意見をきちんと言う。日本の俳優もそうあって欲しい。自分と意見が違っても、その方が無色透明より魅力的では?
「ヘイトスピーチを表現の自由という人達がいて、もう一方でヘイトは禁じたほうがいい、っていう人達を、両方ともどっちもどっちだね、って言いたくはない。それ(ヘイトスピーチ)が他者の生存権を脅かしてるから。それで表現の自由を振りかざすというのは納得できない」
こいつ調子に乗っているね。しかし、馬鹿ほどみこしに乗せられる。
是枝:(アメリカは)まだかろうじてジャーナリズムが機能してるからじゃないですか?
――日本では機能していないでしょうか?
是枝:機能してないと思いますよ、もはや。
――我々も頑張っているつもりではいるんですが、、
是枝:もっと頑張ってください(笑)。
取材した記者、載せた新聞社。批判に応えようよ、ね。
"ヘイトスピーチを表現の自由だっていう人たちがいて、もう一方で、ヘイトは禁じたほうがいい、っていう人たちを、両方ともどっちもどっちだね、って言いたくはないもんね。それ(ヘイトスピーチ)が、他者の生存権をおびやかしてるわけだから。”
ほんまにそう。
”だって、ヘイトスピーチを表現の自由だっていう人たちがいて、もう一方で、ヘイトは禁じたほうがいい、っていう人たちを、両方ともどっちもどっちだね、って言いたくはないもんね”

この是枝裕和氏の「言いたくはないもんね」っての、すげー分かるわ

言ったら終わりだよな
声の大きな人に対して声の小さな人がどう対抗すればいいのか、と言う問題。>
有料会員じゃないから読めない…
「(アメリカの状況に対して聞かれて)「A まだかろうじてジャーナリズムが機能してるからじゃないですか?
 ――日本では機能していないでしょうか?
 A 機能してないと思いますよ、もはや。」

もっと言ってやれ。

TOKIOは…
是枝さんに全部言わせるなんて、これじゃやっていることは○経新聞と同じだし、これこそ印象操作じゃないか。
きちんとジャーナリズム発揮してよ! 我々はこう思うって言ってよ!
「別に映画監督に限らず、社会生活を送っている以上、政治的だと思っていますから」←村上春樹もかねてエッセイで同趣旨のことを語っていたと記憶。頭で考えることを大切に、クールに自分の仕事する/
以上

記事本文: 是枝監督、ローラ批判に「脅しだよね」 TOKIOは…:朝日新聞デジタル

関連記事