福島)甲状腺がん検査解析 チェルノブイリと罹患率相違:朝日新聞デジタル

 県民健康調査の甲状腺検査を担当している県立医大は、検査2巡目(2014~15年度)の結果の解析を初めて発表した。2巡目では71人が「がん、またはがんの疑い」とされたが、その罹患(りかん)率について検...

ツイッターのコメント(17)

「(福島県立医大の)研究チームはこの結果について、甲状腺検査で行っている超音波スクリーニングは、将来的に治療が必要にならないがんを診断する可能性があると指摘。この過剰診断の弊害を防ぐため、「早急な検査の改善が望まれる」とした。」

福島医大が検査改善に言及。
そもそもチェルノブイリでなんであんな甲状腺癌が多発したかというと、当初事故が隠されて、特濃汚染された牧草を食べた乳牛の乳を子供達がたくさん飲んだから。福島では事故後速やかに牛乳等の流通は制限
「罹患率について検討した結果、事故当時の年齢が低い人ほど罹患率が高くなったチェルノブイリ原発事故のような状況は見られなかった」→全国版で大々的に報じてほしい。
とてもデリケートな問題なんだけど、運動に関わっている人の中には、福島県で見つかっている甲状腺がんは原発事故による放射線の影響だと断定的に言う人も多い。実際はそうではないことを示唆する事実がたくさん出ている。あまりに乱暴な言い方はやめてほしいと思う。
朝日新聞の奥村輝記者 応援団募ろうかな。
県立医大「(がんが増えた)チェルノブイリのような状況は見られなかった」と結論。ただ「この研究だけで被曝影響を結論づけられない」と慎重。超音波スクリーニングの過剰診断の弊害も指摘、と →
チェルノブイリと罹患率相違
朝日新聞デジタル 福島版
2019.1.18

県民健康調査の甲状腺検査を担当している県立医大は、検査2巡目の結果の解析を…。
解析結果は昨年11月、専門誌に研究論文として掲載された。…
「スクープです!福島で奇形が出ました!(岩上安身)」とまともな報道の違い
大津留先生たちの論文ぽい。
~研究チームはこの結果について、甲状腺検査で行っている超音波スクリーニングは、将来的に治療が必要にならないがんを診断する可能性があると指摘。この過剰診断の弊害を防ぐため、「早急な検査の改善が望まれる」とした~
チェルノブイリ原発事故では事故当時の年齢が低い人ほど甲状腺がんの罹患率が高くなったが、福島県でそのような状況は見られなかったとの研究成果。
チェルノブイリと罹患率相違:朝日新聞 ※「…甲状腺検査で行っている超音波スクリーニングは、将来的に治療が必要にならないがんを診断する可能性があると指摘。この過剰診断の弊害を防ぐため、「早急な検査の改善が望まれる」とした。」…全国版!
そもそも論として、こんな検査が必要になるような所に住まわす事自体、重大な人権侵害である。
人体実験をやってるんだぞ?分かってるのか?
「事故当時の年齢が低い人ほど罹患率が高くなったチェルノブイリ原発事故のような状況は見られなかった」
/
「解析結果は昨年11月、専門誌に研究論文として掲載された」

大手は取り上げないと思っていたこの論文、なぜか今日、記事になった。
この話、ニュース検索しても福島の地元紙以外載ってないな、と思ってたけど今日は朝日が載せていた。
甲状腺がん検査解析 チェルノブイリと罹患率違い #福島:朝日新聞デジタル
以上
 

 
PR