TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 不適切統計、厚労...

不適切統計、厚労省職員の発言で発覚 「東京以外でも」:朝日新聞デジタル

166コメント 登録日時:2019-01-11 10:36 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった。複数の…...

Twitterのコメント(166)

この人からはじまったのかw
不適切統計、厚労省職員の発言で発覚「毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで『東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい』と発言したことだった」朝日新聞デジタル
役人どものモラル崩壊、知的劣化怖いほど。
日本もうダメなんじゃない?
朝日新聞やTBSが報じたところでは、昨年12月13日の統計委員会の打ち合わせの場で厚労省職員が、3府県についても抽出調査にしたいと発言した、とされていた。けれどその時点ですでに、3府県についても抽出調査だったのではないか。
「東京以外でも」:朝日新聞 発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言「抽出調査は重大なルール違反」と指摘
不適切統計、厚労省担当職員は、不正という認識がなかった。
@IHASA_HIKARI 安倍の功績のように言ってるけど、打ち合わせでたまたま発覚したんだぞ。

だったら補正をなぜ黙ってたんだよ。
アベノミクス の成果として都合いいからだろうよ。

おまえらって、政権に首輪つけられても喜んでシッポ振るんだよなw
毎月勤労統計チョンボでわからないこと(その3)
朝日の記事

だと、統計委員会の委員長が抽出調査自体を否定しているかのようだが、経済学者がそんな発言するのだろうか?真意は別のところにあったのでは?だとしたら何だったのか。
「東京以外でも」:
厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言があった。「抽出調査は重大なルール違反」と指摘
毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった
▶︎厚労省と総務省の担当職員、統計委員会の西村清彦委員長らが昨年12月13日、次回の開催について協議
▶︎厚労省職員から、抽出調査をしている東京以外への拡大を計画との発言
▶︎委員長は「抽出調査は重大なルール違反」と指摘。両省に早急に事実関係の確認を求めた
第三者機関で発言しているなら、組織的と言われても仕方ない。
厚生労働省の不正問題にはみんなが激怒しないといけない。なぜなら、全ての人が享受しうるサービス(失業保険など)の調査内容を故意に偽り、その結果対象者の数はもちろん減り、現時点で550億円分以上が給付されなかったのです。犯罪(詐欺)以外の何でもないのです。
要するに、仕事が面倒だからかな? Discover から共有しました
ごめんねごめんねーですむような状態じゃないと思うんだがこれ。
EBPM(Evidence Based Policy Making=証拠に基づく政策立案)の重要性が言われる一方で、昨今はその根拠となるデータの正確性さえ揺らいでる。
この国のポリシー・メイキングは進化どころか退化してる可能性さえある。
勤労統計不正調査
厚労省と総務省の担当職員、統計委員会の西村清彦委員長らが昨年12月13日、次回の統計委員会について協議。厚労省職員が従業員500人以上の事業所を東京都では抽出調査をしていると発言。西村委員長、「重大なルール違反、早急に事実関係の確認を」
納税者全員に関連する話だからね。
許されないよ。

失業給付の問題は非常にやばい
給付を抑える忖度が働いたないし黙示の指示があったと見るべきと思うがなあ。官僚がこういったことを独自の意思でやるとは思えない。官邸が強かった小泉政権期であることも念頭に置いて考えないといけない / "不適切統計、厚労省職員の発言で…"
さっぱりわかんないんだけど「メンドくさいから抽出に移行」(ルール違反)→最初からか途中からか「ウェートをかけて処理するのを忘れた」(単なるアホ?)ってこと? /
「従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言があった。」
障害者雇用率の水増しもありましたし、官公庁無謬説なんてのはさっさと捨てるべきですね
この記事を読んで、最後の砦になるのは、個人の良心なんだなという思いを強くした。西村先生、決して強くいうタイプの方では無いと思うが、取り繕おうとする厚労省を質して、今回の事態を明らかにしわたけですね。
Discover から共有しました
やっぱり統計の問題。統計学を公務員試験で必須にしたらどうだろう。
(朝日新聞デジタル 2019/01/11)

「厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった。」
あかん!
(続く)
また出てきましたね
内部で不正を告発する官僚が続発

やはり膿みは出しきらないと
日本国民は納得しません
どんなに嘘で塗り固めても
嘘はいつか綻びを露呈します
良心の復活を望みます
国民一同
東京だけでの数字を元に全てをまわしてたんか…
消えた年金も解明できてないのにね❗
発覚の発端がお粗末というか何というか…。最初に始めた人は、ルール違反の認識はきっとあったはず。続けるうちにそれが当然のものとして引き継がれ、ルール違反という認識もなくなってしまったのかな。
時の政権はと見てみたら…小泉内閣。
「あぁ、やっぱりな」と口に出た。民主党のときも、見抜けなかったんだよな( ˘•ω•˘ ).。oஇ
もう予測がついてうんざりなのが、この件で誰も責任を取らず刑事訴追もされず、納得の行く理由も出てこないまま有耶無耶に終わるだろうということ。
「毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけ…「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言」←つまり、調査の労力に対して予算/人が少ないということなんじゃ? / "不適切統計、厚労省職員の発言で発…"
おお……統計委員会の西村清彦委員長ね。GJだわ。
官僚がグダグダすぎて草…
民主党政権のときは愚痴ばっかで働かず、
安倍政権になったら悪知恵ばかりで働かず…
そもそも職員としては、抽出調査にすることが問題だという認識すらなかったのだろう。だからこそ、外での会議で「東京以外への拡大を計画している」という発言が出てくる。結局、法令その他決まり事に基づいて事務を行うという、役人としての基礎がなってないだけ。
は〜。これが発覚経緯だったのか。
法令上の話は別として、抽出調査でも統計的にきちんと処理していれば十分な信頼性は本来得られたはず。ただ、今回の件の問題点は、抽出調査の実態を公表せず、適切な統計処理も怠ったという点か。 /
「今回の問題が発覚するまで、厚労省は神奈川県、愛知県、大阪府でも抽出調査を始める方向で準備していた。」

つまり東京以外でもインチキまがいのことをする予定だったということ。
これで信頼性などと言われても、何をどう信頼したら良いのか。
修正をはじめた去年から高いなぁとなんとなく思っていた人はいたんだろな。正直、他の統計もさりげなくサンプルとかいい加減になってる印象があるし /
「語るに落ちる」っていうんですかね。//
昨年末、ツイートしたが、厚労省はこんな組織なんだよ。

単身の生活保護や年金受給者が病気や怪我による、要介護、要看護状態の場合、入院させるなと医療機関に通達も出してるしね。
担当職員は懲戒解雇すべき、天下りはダメ🙅‍♂️
不適切手法を東京以外にも広げようとしていたということは、罪の意識あるいは罪悪感なくルール違反をおかしていたということかな。すくなくともこれはその筋立てに乗った記事。
(朝日 2019年1月11日)


厚労省のデータ操作の件、内部告発があったのかと思ったら、公の場で職員が漏らしたからとのこと。
えっ?
えっ?
ってコントのような
こういうのちゃんと罰しないといかんよ。
経緯見ると去年までがだめだけど今年のは普通のサンプル調査に見える。少なくとも今年のは不正な意図は無さそうだが、過去のとやり方が変わるので、過去のがやばい事に気づいた人いそう。。 /
身内にあまいから、まだまだ出てきそう。
不適切なんてやさしい言い方はやめて、一次資料がインチキって民主主義国家の劣化どころか崩壊。公文書改ざんに匹敵。金太郎あめのような腐敗。
中国の経済指標みたいなもんで。/
西村さん、素晴らしい瞬発力!
この昨年12月13日の話し、ウソっぽい。
昨年1月以降の調査から本来調査に近づける補正をしたから、昨年9月12日の西日本新聞の指摘スクープ記事になっているのだから。
補正を変えた理由があるはず。

 「東京以外でも」:朝日新聞
ほほぅ。こういう経緯かぁ。
抽出調査で全体像を近似しようというのも「統計」のひとつの在り方だから、「不適切な手法」というのはミスリード。「手法の修正を適正(≠適切)」に行わなかった」というのが適切。
この職員も発言がなかったらまだ隠されていたかも(´⊙_⊙`) 「その時に厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言があった。」:朝日新聞デジタル
西村委員長は「抽出調査は重大なルール違反」と指摘し、統計の信頼性確保の観点からも危機的状況だとの認識を示した。厚労、総務両省に早急に事実関係を確認するよう求めた。【
「今回の問題が発覚するまで、厚労省は神奈川県、愛知県、大阪府でも抽出調査を始める方向で準備していた」これでも組織ぐるみの不正ではないのか。
> その時に厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言があった

これは語り継がれるべき面白案件(´・ω・`)
「「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言した」

どっちとも取れるが、墓穴をほった感ある
>語るに落ちる、、的な、、(-。-;
厚労省の担当職員が、「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことがきっかけ...
統計委員会が「正確性に疑問がある」と聞いたところ「抽出調査」を「東京以外」でもしたいとか言っちゃったのか。とんでもない失言というか、統計を理解していないのではないか?/
悪いことはできないなー。私もポロッと言ってしまいそう。絶対無理(^^;; /
厚労省がどこの意向を汲んでこんな統計操作をしようとしたのか、そこを解明して追求しないと同じようなことが繰り返されるだろうよ。
きっかけはこれか…
「東京以外でも
従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言があった。西村委員長は「抽出調査は重大なルール違反」と指摘し、統計の信頼性確保の観点からも危機的状況
これ、厚労省の担当職員は、隠蔽しているはずのことを忘れてポロリと言ってしまったということでしょうか? いろんな意味で杜撰としか言いようがありません。
変わったばかりで責任の取りようがないこの方が、頭を下げる理由はないと思います。
抽出調査さえ無視して進め小牧市山下「私」政は!//   「抽出調査は重大なルール違反」と指摘し、統計の信頼性確保の観点からも危機的状況だとの認識を示した。厚労、総務両省に早急に事実関係を確認するよう求めた。
また厚労省の酷い話。
大臣の御髪も怪しいし。
毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員。勤労統計、昨年1月から「賃金高い伸び」のカラクリ。
「アリの一穴」が担当者の一言だったとは。当然だが、もみ消さなかった統計委員会は今どき珍しい。|朝日:
認識が甘すぎる。 /
これが隠蔽されなかったのは救いだが。
「抽出調査の対象を広げる」と説明した担当職員は、ルール違反状態であることも知らなかったということだろう。15年前の動機や目的は、当時の関係者が自ら説明する必要がある←
"問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したこと""西村委員長は「抽出調査は重大なルール違反」と指摘"
うっかりに名を借りた内部告発だとしたらこの職員に感謝の意を示したい。
鋭い聴力が、突破口を開いた。
"今回の問題が発覚するまで、厚労省は神奈川県、愛知県、大阪府でも抽出調査を始める方向で準備していた"
こんなことを責任回避のプロである官僚が自分の意思でやると思うか?政治家の指示なしでやると思うか?また誰かが自殺するようなことにならなければ良いが
"毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したこと"
抽出統計でええんちゃうの?サンプリングがランダムであれば。//
露見した経緯までマヌケ、という始末。/
完成車不正のときと同じで、正しくやらなくても問題ないから偽装という感じか。それならルールを変えれば良いのに。
働き方改革でもデータを捏造してたからなあ 意図的ではないといってもまるで説得力ないですねえ




 #オプエド
慣れって恐ろしい。
統計業務はすうりぎかんも関わってる筈だし何が起きるかその影響も判ってた筈。なぜ抽出方式に変えた?全数調査で回答は得られてた?手抜きというよりコストの問題だった可能性は?疑問だらけ
業務実態自体が問題だが、間抜けでは務まらん...
@fteboti こんにちは。西村清彦氏を検索したら、たどり着きました。すごい鋭い先生なんですね!
組織的隠蔽じゃなくて組織的なルール違反なわけで、中小零細を除外しろという統計の捏造ってこと。…
心配…。
>発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった。
こういうことか。。。杜撰。
厚生労働省の職員の発言が意図しない方向に膨らんだのかな。
※次の日銀総裁この西村清彦氏でどうか。
悪い意味での政治主導が盛んないま、統計のやり方を点検して糺すなんてこと始めると、また政府与党に有利な数字になるやり方にせよとちょっかいが入りかねない空気がある。そういう意味で二重に嫌な事件だ。 / "不適切統計、厚労省職員の発言…"
マヒしちゃった官僚機構は、今後どうなるの?
〈西村委員長は「抽出調査は重大なルール違反」と指摘し、統計の信頼性確保の観点からも危機的状況だとの認識を示した。〉
厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言

⇒不適切な調査方法が、長い年月を経て、誰もそれを「不適切」だと思わなくなってたのか。
確かに組織的隠蔽はなかったんでしょうね、それが問題だという認識すらなかったんだから!
でしょうね… 😓
やっちゃいけないことをやる方法だけ担当者間で引き継いで、肝心のやっちゃいけないことだという認識を全然引き継げてないのすごい。(褒めてない)
酷いもんだ!これが国のやることか⁉️
かねて正確性を疑問視する声が出ていることを踏まえ、詳細に分析する必要があるとし、次回委員会のテーマにする考えを示したという。厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言。
統計の大部分は総務省統計局がやってるけどいくつかは各省庁が実施してて、省庁側に統計リテラシーがなかったと。他の省庁も怪しい可能性があるし、全部統計局に集約すれば?あと似た統計の統廃合もしてくれ。 / "不適切統計、厚労省職員の発…"
流石に超絶バカすぎて眉間に皺が寄る(やってはいけない抽出調査を東京でやってて、『神奈川愛知大阪でもいいっすか?』でバレた)
なるほど、西村 淸彦先生の指摘だったのか

ーー
勤労統計の調査結果について、かねて正確性を疑問視する声が出ていること(中略)その時に厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言
政府省庁の計画的犯行を小出しに公表しながら、その都度時々の庶民の反応を観察するのも、メディアや代理店の大切な役割なんでしょうね。
庶民の茹であがり具合を、麻痺加減を...彼らは常に観ている。
決定的な証拠を掴まれ誤魔化せなくなったのでも、内部告発でばれたのでもなく、不正を悪事と認識していない職員が公式の場で自分から口にしたとか、コントか。
何を信用すればいいんでしょうね。
これって国家的犯罪なんじゃないの?→
先の国会での裁量労働制に関する問題もある。省内の一部署ではなく組織的にずさんな各種調査統計をやって、制度設計をしてきたということだ。ところで、「不適切」とはなんだ。決められたとおりにやっていないのだから「ずさん」だろう。
今回の問題が発覚するまで、厚労省は神奈川県、愛知県、大阪府でも抽出調査を始める方向で準備していた
「毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった。」
「毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった」 (ルールを変更して抽出調査でいいと思うんだけど)
担当は問題意識なんてゼロだったということだね。ある意味で正直者。
なんかすごくオカシイ。
共同通信では、「(厚労省の担当職員は)総務省の指摘以前から不適切調査だと認識」してたという。
じゃぁ、不適切と知りながら東京以外へ拡大しようとしてたのか?
「抽出調査は重大なルール違反」と指摘されるまで、勝手なルール変更を当然視していた厚労省の姿勢にあぜんとする。国の基本が壊れかけている。
研究者としての使命感が、厚労省の不正の全国への拡大を防いだとのこと。
不正に関わった職員は処罰を。
「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」

↑総務省の統計委員会における厚労省官僚のこの失言で、勤労統計の不適切調査が発覚したのか。
不正を当たり前のように思ってる奴が口を滑らせて発覚とかお粗末過ぎるだろ。
朝日:   毎月勤労統計の問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった。
驚いたねぇ、どうも……。この辺りの連中てぇのは一体誰に食わせてもらってるんでぇ……😞
「問題が発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことだった」
アホやん🤭
国家公務員も地に堕ちたもんよな😂
(もちろん全ての方が、というわけではありません❗️が)
此れは不適切統計(不正そのものでしょう)を東京都以外にも拡大したいって話ですよね。
弁解の余地はないでしょう😡
@47newsflash その認識は間違っていると思います。

他の自治体にも広げる計画をすすめていたそうです

組織的にやっていたとみて間違いない。
統計を取っていた職員の業務知識と意識を知りたい。気づいてたのか、知らなかったのか。どっちも組織あげての「犯罪」だと思うけどね。
抽出調査は重大なルール違反なのに、厚労省職員が「従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画している」と発言した事から分かったと。
発覚するきっかけは、厚生労働省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したこと
誰が抽出調査に許可したのかしら
システム改修を許可したのは誰?

システム開発した富士通のコンプライアンスは大丈夫なのかしらね
これ厚労大臣の首とばへんねんや・・・
内部リークなのかと思いきや、統計委員会の場で厚労省の担当者がバラしちゃったとかおもしろすぎる。
今回の問題が発覚するまで、厚労省は神奈川県、愛知県、大阪府でも抽出調査を始める方向で準備
"毎月勤労統計の調査結果について、かねて正確性を疑問視する声""西村委員長はその場で、「抽出調査は重大なルール違反」と指摘"

草生える
とんでもない大事件なんだけど…
おお、もう……
さあさあ不適切政権を切り崩すのは司法ではなくて役人の氾濫だけでも可能なのでは?みんな本当のことを言って楽になれ 安倍政権はそれでお仕舞いに持ち込めるぞ
西村委員長を大臣にしてくれよ😭ちょっと色々とダメすぎる
担当者レベルの認識は抽出調査はアタリマエになっていたって事。
この操作が始まった2004年は小泉政権時代。どこからの指示で始めたのか。
>「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言

自爆でしたか

>
はあ…。
本当に目を疑う発言といいますか……> 『厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言があった』
「厚労省職員から従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており東京以外への拡大を計画しているとの発言。だが本来、500人以上の大規模事業所はすべてを対象に調査すると定められている。西村委員長はその場で、「抽出調査は重大なルール違反」と指摘」
これは常態化してるな。
一言を聞き漏らさなかったの偉いなぁ。
朝日: "厚生労働省が「毎月勤労統計」を不適切に調査していた問題が発覚したのは、厚労省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と"
>厚労省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで「東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい」と発言したことがきっかけだった
担当者が自らバラしたという衝撃の展開 /
これ、いつぞやの年金記録問題と比較にならないほど影響大きいし問題も根深いぞ・・・:
12月に統計委員長が重大なルール違反と指摘して、総務省も把握してるってことやんけ。財務省には伝わってたんか?/
「『東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい』と発言したことがきっかけだったことが11日、わかった。」 /
この担当職員と、委員長の処遇でなんかみえてくるのかな。
おもしろすぎる笑 /
うっかり喋ってくれてありがとうだな
"厚労省と総務省の担当職員、統計委員会の西村清彦委員長らが昨年12月13日、次回の統計委員会開催について協議した。"
"西村委員長はその場で、「抽出調査は重大なルール違反」と指摘"
厚労省、問題だと思ってなかったのか。

"厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言があった。"
不正を摘発したのは、西村清彦先生だった「西村委員長はその場で、「抽出調査は重大なルール違反。統計の信頼性確保の観点からも危機的状況だ」と指摘。」
つまり。
抽出が常態化していて条文も理解されていなかったというわけじゃないですか。
うっかりさんですね 「問題が発覚したのは、厚労省の担当職員が総務省の統計委員会の打ち合わせで『東京以外の地域でも従業員500人以上の事業所について抽出調査を実施したい』と発言したことがきっかけだったことが11日、わかった」
ようするにこの「担当職員」に「重大なルール違反」をしているって意識が全くなかったってこと?これ、重大な問題だよ。
いろいろ出てきたね。これが事実だとすると、厚労省側は規則に反する抽出調査が常態化していたことについて不正の意識すらなかったということか。>>
「厚労省職員から、従業員500人以上の事業所について東京都では抽出調査をしており、東京以外への拡大を計画しているとの発言」
責任者を投獄して過小給付分を職員給与で弁済してからな:
総務省・統計委員会に問題点指摘される。⇒
以上

記事本文: 不適切統計、厚労省職員の発言で発覚 「東京以外でも」:朝日新聞デジタル

関連記事