TOP > ニュース総合 > 朝日新聞デジタル > 未婚の男女、結婚...

未婚の男女、結婚願望に影落とす収入の壁 ネット調査:朝日新聞デジタル

63コメント 登録日時:2019-01-12 22:08 | 朝日新聞デジタルキャッシュ

 結婚はしたいし、婚活は必要だとは思っているが、先立つものが……。朝日新聞社が、25~34歳の未婚者を対象にインターネットで結婚観を調査したところ、こんな本音が垣間見えた。女性の7割は「収入」が結婚相…...

Twitterのコメント(63)

年収や職業は言い訳。
要はメンドクサイのさ、他人と私生活で深く関わることが。
興味深い /
「女性が望む『収入と安定』という基準にかなう男性が減り、男性にも諦めがうかがえる」 
 
「かつての職場結婚やお見合いでは、縁や運命をある程度受け入れていた。『理想の相手じゃなくても何とかなる』ことを示すのも大事」
収入に加え正規・非正規の壁も。ここ20年くらいの政策が原因だよね。勝手に草食化とか言ってんじゃねぇよ。
手取り年収600万以上(月収43万以上)ないと、厳しいと思う。
子供2人得て両方とも大学を卒業させるとなれば遅くとも30歳には結婚しておかないと定年後も子供は大学ってなると結構辛いことになるからさ。

地獄の沙汰も金次第の世の中だからしょうがない
"結婚相手を選ぶ時の「譲れない」条件(複数回答)(中略)「収入」は男性の29%に対し、女性は72%と大きく差が出た"←この質問について国際比較が見てみたい。
男が無職でも結婚できていたころに戻るまで、焼け野原になるんだろうなあ。男女分業社会の根底が崩れ落ちるまで。 /
経済的に不足はそんなになかったし今もないけど結婚できなかったので、「普通は結婚できるものであるが妨げになっているものがある」というニュースを見ても関係ない世界の話だよなあとしか思えない / "未婚の男女、結婚願望に影落とす収入の…"
1人よりは2人暮らしのほうが安くつく。子どもはちょっとお金かかる。

「結婚したい人の理由 (中略) 男女で差が出たのは「経済的に安定する」で、男性は45%だったが、女性は74%だった」
僕は20代の時、金なさすぎて本当にモテなかったので、よく分かるわ…//
結婚はリスク。飽きるだろ/
生きるための現実が収入。
一応お金はあるんだけどな。。。
年功序列+成果主義は未来の収入がすこしでも見通せる意味では、今の結婚を不安に思う社会情勢には合ってる気がする。 /
夫との結婚を話に出した時に家族から「正社員じゃない人と結婚するなんて」と非難され、そんなマインドじゃそらみんな結婚しなくなるわな、と思ったのを思い出す。しかし男性の64%が「相手の年収は関係ない」ってマジですか…
年収400万が最低ラインって実際に400万程度稼げない雑魚男がどれだけいるかはさておき、相当低いと思うよ。400万なんてパラサイトシングルでもギリだわ。趣味あるから(笑) /
男女が家庭を築くって本当に大変なのね〜。せいぜい頑張って〜
"若者の非婚化を研究する国立社会保障・人口問題研究所の岩澤美帆室長"
"自力で『ベストな相手』を探るのは結構、難しい。…『理想の相手じゃなくても何とかなる』ことを示すのも大事かもしれない"
国立婚活コンサル…??
なるほどねぇ……
私、婚活にお金使うならどこかに飲みに行って楽しみたいと思うぐらいに結婚願望がない…。
年収400万円じゃ健康で文化的な生活は不可能という現実を見たら今の日本社会は致命的に壊れてると言わざるを得ない。なぜ弱者切り捨て政権に投票してしまうバカがいるのか理解に苦しむ。お前らのせいだぞ / "未婚の男女、結婚願望に影落と…"
"相手に求める年収も、男性の64%が「年収は関係ない」と答えたのに対し、女性は「400万円」が41%と最も多く、6割が400万円以上の金額を挙げた。" 逆差別じゃないからね、これ。
ボーッと生きてんじゃねーよ!(チコちゃん風)
男の稼ぎを当てにしないで女も稼いだらいいじゃない。
25~34歳の未婚者が調査対象。
交際相手がいる男性は22%。女性の6割が結婚相手に求める年収を400万円以上と挙げた。

「社会を支えられないほど給料が少なすぎる」に尽きる。
犬が無職の時に飼い主は僕と結婚してくれたので、本当にありがたい
年収いちばん低い時期に結婚したクチだが、現実をみつつ、自分を限定した発想に陥らなければなんとかなることはなる。 /
環境が未熟いえど
ホント二馬力で働く発想がないよなぁ

仕事は嫌だから専業で
コレは一杯いる

でも夫婦関係は欧米式ってそれ欧米式じゃねーからww
専業がいいけど専業の役割は嫌ってアホやろ
おっいい話だ

 ネット調査:朝日新聞デジタル
今時400万って世帯収入でも難しいレベルじゃないの
これだけアプリが当たり前になってきたのだから、個人情報(プロフィール) の見える化にて複合的に考えるのが普通となってくるのだろう。 /  ネット調査 (朝日新聞デジタル)
お金が無いと結婚できない。
女性が結婚相手に求める年収は400万円以上。
国税庁の民間給与実態調査では、男性の平均給与は正規が548万円だが、非正規は229万円。
これじゃ非正規の人は結婚できないし、子ども産めって言われてもな。
それを何とかしようとするのが政治だろ💢
「男性の場合、『交際相手がいる』人は全体の22%だったが」マクロミル調査だからある程度は補正したとしても、ネット民の驚きのぼっち率の高さ。というかむしろ交際相手がいるほうが圧倒的マイノリティなのだなぁ。
会員じゃなくて全文読めてないけど、いまの制度としての結婚が解体されない限り、結婚制度が求める個人の幸せや社会の安定はもはや実現できないように思えるよ。 /
未婚の男女、結婚願望に: 結婚とは関係ないが、この記事に出てくる「民間給与実態統計調査」に注目。所得税を無慈悲に源泉徴収する国税庁の調査結果だから、今話題の「毎月勤労統計」よりはるかに正確。国税庁の給与調査一本にして、厚労省のイカサマ勤労統計を廃止すべき?!
記事中のグラフを見て「年収200万円のほうが600万円よりモテる」みたいなコメントがあって、そういうグラフの見方をする人もいるのかと思いました(そういう意味じゃないですよね…)
やはり収入か…。
男の交際相手のグラフで年収600万以上が少ないのはもう既婚者になっててアンケート対象外だからでは? /
若いお母さんのブログを読んでいると、本当にお金で苦労しているのがわかる。同じ年代にはもっと直接的に伝わっているはずだ。この国の政治家や経営者は、もうちょっとくらい若い人たちを大事にしてあげてほしい。 / "未婚の男女、結婚願望に…"
48: 結婚をしなければならないもの、と捉える人が減れば無駄な悩みを抱え込まずよりポジティブに自分の人生を楽しめる人が増えるのではないかなと読んで思った。 /
私は、子供の頃から結婚願望が無いが、子供好きなので、子供は欲しい。
人生は、思い通りに進まない所も面白い。
興味深い調査結果。

「朝日新聞社が25~34歳の未婚者を対象にインターネットで結婚観を調査。
本音が垣間見えた。」
これ、実態に即した調査結果だと思う。相手に求める年収が男女共に「年収は関係ない」という回答がマジョリティにならないと非婚化の流れは変わらないでしょうね。
そりゃそうだよなー。今後は男性側も女性の収入気にする時代になっていくんじゃないかね……。
付き合っていた女性にまったく同じことを言われた。リアリティしかない。

「『私が稼ぐから大丈夫』と言いたい気持ちもあるけれど、出産や育児のことを考えると、暮らしていけるかどうかは意識する」
25-34歳の未婚者対象の調査。

交際相手ありの男性は22%のみ。年収100万未満で5%、100-200万で8%と更に下がる。

結婚相手の譲れない条件、女性の72%が「収入」。6割の女性が年収400万以上を望み、85%が正規か非正規かを意識。

男性の平均給与は正規が548万、非正規が229万。
厳しいものがある( ´;゚;ё;゚;)
だから大幅な給料の引き上げが必要なんです。
賃上げとゆうと大企業がどうしても中心になってしまいます。
必要なのは最低賃金を8時間働けば生活できる水準まで引き上げることです。
高収入を求めるのは、人生逆転を狙っているからだろうけど、それだけ、収入の差があるからだろう。それが結婚できない状況も作り出す。
自由な働き方と派遣・非正規を推進した人材派遣業会長。そこには公正・公平がすっぽり抜け落ちている。その法律を推進したのが人材派遣業会長なのだから。

 ネット調査:朝日デジタル
婚活の話つらいことしかない
相手の収入重視して婚活するのはオススメしないよ。
反対に、男性はそこでポイント稼ごうとしても婚活はうまく行かないし。
昔の口説き文句は「どうでぇ、俺と苦労してみねぇかい」だったそうだが、今はそんなことを言ったらソッポを向かれる。結婚を自分の生活向上の道具のように思っている。一緒に苦労する相手探しと思えば違う。
ドラマでおしゃれな結婚ばかり描く悪影響と思う。
ネット調査 - 朝日新聞
結婚とは只の契約手続き。ましてやゴールでもない。年収という評価値も只のパラメータに過ぎない。たぶん教科書に載っていない事は、苦手か若しくは不出来が増えただけでしょう。
結婚相手を選ぶ時の「譲れない」条件とは~
「収入」=男性29%、女性72%
「年収」=「関係ない」男性64%、「400万円以上」女性約6割
結論:女性は「収入」を重視。男性の年収400万円は結婚の足切りライン。
【未婚の男女、結婚願望に影落とす収入の壁】朝日新聞
2017年の男性の平均給与は正規が548万円、非正規が229万円。
ただ、「相手に求める年収は、男性の64%が「年収は関係ない」と答えたのに対し、女性は「400万円」が41%と最も多く、6割が400万円以上の金額を挙げた」
@asahi @Asahi_Shakai

晩婚化が問題にされている現状で、またメディア自らが取り上げているにもかかわらず、調査対象年齢が25〜34歳って…。
少子化は自然現象では有りません!
未婚の男女、
結婚願望に影落とす収入の壁
ネット調査(国税庁
相手男性条件収入がダントツ1位
最低年収400万円以上➡︎6割
最低年収400万円➡︎3割

勢力拡大
一人口は食えなくても、二人口は食えるものよ。

などと、いい年して独身のおいらが言ってみた。

差別主義者と非難されるのを承知の上でいうが、やはり少子化を克服し,社会をいまより安定させていくためには、まず男性の20〜40代の非正規雇用者を正規雇用化する事が最重要課題だと思う。幼児保育の無償化よりプライオリティは高い。
男性の交際相手が600台になると減るの面白いし今時の女性が相手に求めるのは600じゃなくて400万なの / (1 user)
給与を上げないと、結婚もできず、子どもが生まれず、消費者も育たない。企業は単年度の赤字黒字にワーワー言ってるだけ。最低賃金引上げとか、政府側で強引にデフレ脱却させるしかないんだけど。/
25~34歳の未婚者を対象に実施したネット調査です。昨年12月、。ネット調査会社マクロミルを通じ、登録モニターの1032人から回答を得ました→
女性の7割は「収入」が結婚相手を選ぶ時の「譲れない条件」と答え、男女のギャップもくっきり表れた。
以上

記事本文: 未婚の男女、結婚願望に影落とす収入の壁 ネット調査:朝日新聞デジタル

関連記事