TOP > 社会 > 血液数滴でめざす「がん超早期発見」 高精度との報告も:朝日新聞デジタル

血液数滴でめざす「がん超早期発見」 高精度との報告も:朝日新聞デジタル

 わずか数滴の血液で、極めて早期に13種類のがんを診断する技術の研究が進んでいる。すでに、がんを判別する手がかりになる、血液中の「マイクロRNA」の組み合わせを特定した。目指しているのは、がん検診での…...

ツイッターのコメント(10)

@kinmokusei2020 MRTは昨日これで盛り上がると思ったんだけど全くの無風だったので。。。
今日あげる理由はわからんw
>目標、20年ごろめどに人間ドックで

区内の検診でも導入される日が、早く来れば……!
研究が進む、がんの超早期診断のお話です。以下からどうぞ。
今日は今から胃カメラの検診なんでこういう検査が第一段階にあったらいいなあと切実に思う
今日は【世界がんデー】。
癌だけでなく色んな病に応用できれば
「マイクロRNAの診断は、がんができる部位に関わらず感度が高かった」

 高精度との報告も
+ 高精度との報告も


見逃し防止にはなるけど、本当に超初期で箇所わからないほどだとすると、発見したら抗ガン剤打つしかない。そうなると、誤差の範囲で過度な治療になりかねないんじゃないか。
発見よりも予防でしょ。
逆に怖いのだが   高精度との報告も:朝日新聞デジタル
以上
 

いま話題のニュース

PR