TOP > 社会 > 「1円でもJIC社長」が…辞任招いた経産省の調整不足:朝日新聞デジタル

「1円でもJIC社長」が…辞任招いた経産省の調整不足:朝日新聞デジタル

 産業革新投資機構(JIC)の田中正明社長は、民間出身の取締役全員の辞任を表明した10日の記者会見で、対立する経済産業省との詳細なやりとりを示しながら、自身の解任も辞さない構えをみせていた経産省を痛烈…...

ツイッターのコメント(17)

本当に1円でも引き受けたなら、十分すぎる報酬ではないか?結局「金」が欲しかった元UFJ副社長田中正明氏。本当に国を思うなら途中で投げ出さず1円でやり遂げるべき。
「田中氏は経産省に設けられた「リスクマネー研究会」の委員。田中氏は報告書を「バイブル」と呼び、「仮に報酬1円でも(JICの社長に)来た」と説明した。
だったら辞めなくても良いのでは。
報酬は高すぎる、成功報酬を高くすればいい。
━━━ 今日のトピックス
 官民ファンドの産業革新投資機構の民間出身取締役9人全員が辞任を表明しました。会見した社長は高額報酬問題で対立していた経産省を批判。報酬をめぐる舞台裏を明かしました。
「1円でもJIC社長」が…辞任招いた経産省の調整不足:朝日新聞デジタル
 お得意の安倍自公政権の尻の穴の小ささ丸出しの辞任劇だな。名誉職に近いしメンバーの1円でもは理解できるが,誰が億単位の報酬額を提示したんだ。最低だよな安倍自公政権。
「1円でもJIC社長」が…辞任招いた経産省の調整不足 - 朝日新聞
公金でリスクを取るからには批判もつきまといます。逆に、批判を極端に怖れるならリスクは取れません。その事へどう向き合うか、政府として腰が定まっていなかったように見えます→
アベ政権下の官製経済ぶりを象徴する騒動だったと総括。
高額報酬バッシングは給料少ない国家公務員の金持ちへの嫉妬?
東大出て国を動かしてるのに金がないから楽しくないっていう。
昔々のバブルをはじけさせたのも当時の大蔵省の役人だったって言うしな〜。
金持ちへの嫉妬は役人だけでなく国民も同じなのでややこしくなる……。
"田中氏は、昨年10月に経産省に設けられた「リスクマネー研究会」の委員。実質的に新たな官民ファンドのあり方を議論した研究会で、その担当局長が糟谷氏だった。田中氏は研究会の報告書を「バイブル」と呼び、「仮に報酬1円でも(JICの社長に)来た」と説明した"
真っ当な報酬を出せないなら官製ファンドはパッシブ運用に徹するべきでは?リスクを取るべきは市場のプレーヤーであって、政府は行司役だよね / “ASLDB5D84LDBULFA03H.html”
「第2次安倍政権が成長戦略の目玉と位置づけた官民ファンドは2012年以降乱立し、現在14ある。民間が手を出しにくい事業にお金を流し込み、新産業を育てることをうたう。だが、今年4月の会計検査院の報告では、うち六つのファンドが事実上の損失を抱え…」
1円でも来てた?
それはウソだろう。(^_^;)

→ 「1円でもJIC社長」が…辞任招いた経産省の調整不足:朝日新聞デジタル
世襲で得た今の地位。何の苦労もなく政治家になり大臣にまで上り詰め、周りを見渡せば、自分より偉いのは総理大臣だけ。経済産業大臣の肩書きが軽く見える。世耕経済産業大臣。
アベノミクを見かけ上だけでも成功と、JIC等の官民ファンドを立ち上げたが失敗、年金原資使っての株博打も株暴落で大損失、異次元的緩和で物価目標も達成出来ず。国民がこの失敗のツケを払うのです。
官民ファンドの産業革新投資機構の民間出身取締役9人全員が辞任を表明しました。会見した社長は高額報酬問題で対立していた経産省を批判。報酬をめぐる舞台裏を明かしました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR