TOP > 社会 > 日本の学会、中国人研究者を批判 「ゲノム編集の子」で:朝日新聞デジタル

日本の学会、中国人研究者を批判 「ゲノム編集の子」で:朝日新聞デジタル

 中国・南方科技大の賀建奎副教授が、ゲノム編集によって遺伝子を改変した受精卵で双子を誕生させたと主張していることについて、日本ゲノム編集学会は30日、「事実であれば、倫理規範上も大きな問題がある」と批…...

ツイッターのコメント(10)

大きな注目を集めており、コメントのとおり対応します。→
テレビでもっと取り上げるべきなのに、貴乃花の離婚ばかり。倫理を守る事を、ワイドショーを観ている母親世代に啓蒙しないと。
これ現状日本の学会以外でも批判出るんじゃないだろうか?
中国で、ゲノム編集によって遺伝子を改変した受精卵で双子を誕生させたと主張していることについて、日本ゲノム編集学会、日本医師会、日本医学会が批判する声明を発表した。
倫理なんて意味すら知らないでしょ。所詮数十年の国家(笑)
ゲノム編集技術は有効性と安全性が確立されておらず、影響が子孫に引き継がれる可能性がある受精卵に使うことは、現段階で決して許されることではないとした。
いつか、こなの子達は隔離されたり己らの生い立ちを知るのだろうか。
いま話題の #ゲノム編集 。 #日本ゲノム編集学会 が声明を出しました。

 「ゲノム編集の子」で:朝日新聞デジタル
[朝日] 中国・南方科技大の賀建奎副教授が、ゲノム編集によって遺伝子を改変した受精卵で双子を誕生させたと主張していることについて、日本ゲノム編集学会は30日、「事実であれば、倫理規範上も大きな問題がある」…
共産主義独裁国家にとって、人民の生命など家畜と同じって事だよ!
これが、日本の反日野党と反日マスコミが挙って「 理想郷 地上の楽園 」と唱えてる国体なんだよ!!
以上
 

いま話題のニュース

PR