TOP > 社会 > カジノのトップが万博決定を歓迎 IRとの「相乗効果」:朝日新聞デジタル

カジノのトップが万博決定を歓迎 IRとの「相乗効果」:朝日新聞デジタル

 万博はIRの発信地になる――。大阪市が2025年万博の開催地に決まったのを受け、カジノを含む統合型リゾート(IR)施設を展開する各社が、相次いでお祝いメッセージを発表した。万博会場の隣接地にIR施設…...

ツイッターのコメント(17)

IRとの「相乗効果」:朝日新聞デジタル

「万博は大阪が掲げるIR計画と密接な関係がある。万博はIRを世界に紹介する発信地になる」
朝日新聞デジタル 11月27日
万博とカジノの密接な関係。
万博開催とカジノ開業は同時進行で進みます。
カジノトップたちは万博で来場する客をカジノに引き込もうとしているようです。
大阪にカジノはいりません!
「儲けた金はタックスヘイブンでとんずらします」と博打の胴元が歓迎してます。
「密接な関係」。歯に衣着せぬお言葉で。↓

「オフィシャルパートナーの米ラスベガス・サンズのジョージ・タナシェビッチ・グローバル開発担当統括役員は「万博は大阪が掲げるIR計画と密接な関係がある。万博はIRを世界に紹介する発信地になる」」。
←この国は、政府も主要自治体が、国内に真摯に向いて政治をしていない端的事案。
無知&無恥・アベシ+チンピラ出身の自治体長が、仕切る国際イベントは、当に血税無駄遣い。
悪業からの目眩しと利権稼ぎに過ぎない!😤
@KazuhiroSoda
「大阪府と市は、今年夏にIR実施法が成立したのを受け、すでに誘致を進めている。早ければ24年に開業させ、万博とセットで投資や観光客を呼び込む青写真を描く。」
儲けれる!?てか(^^)
その為の、オフィシャルパートナーだもんね〜
IRとの「相乗効果」:朝日新聞デジタル
やっぱりカジノは絡んでくる
関西が盛り上がりそうな予感。色々と課題・懸念もあるだろうから、これから自分でも色々調べていこう。/
「オフィシャルパートナーの米ラスベガス・サンズのジョージ・タナシェビッチ・グローバル開発担当統括役員は「万博は大阪が掲げるIR計画と密接な関係がある。万博はIRを世界に紹介する発信地になる」」
万博ろくでもない。それにしても万博は万国博打会の略だったのか。⇒  IRとの「相乗効果」|朝日新聞デジタル
百歩譲って、カジノが出来ても儲けるのは米の企業と極々一部の日本の利権をもつ奴だけ。
国民はほとんど得する事なんかないやろ…
大阪圏内の人口約1800万人のうち高齢者の割合は約500万人、2020年には高齢者比率が30%に達する見込み。少子高齢化対策も充分に行われないまま、近未来には万博とカジノが開かれる会場には大阪圏内の高齢者で溢れ返る光景が見られそう…。
カジノも決まりますよ・・・。
当たり前。コタイジェットみたいな会社立ち上げて、自身で運営させちゃえば良いかと。
地下鉄延伸などの交通インフラ整備を計画している。建設などに730億円以上かかるため、府や市は、IR事業者に負担を求めることも考えている。:朝日新聞デジタル
#IR
サンズ役員「万博は大阪が掲げるIR計画と密接な関係がある。」
やっぱりカジノ利権と万博は繋がってた。大阪も外資に食いつぶされる運命。
以上
 

いま話題のニュース

PR