TOP > 社会 > ヘイト犯罪が17%増、人種や民族理由が6割 米FBI:朝日新聞デジタル

ヘイト犯罪が17%増、人種や民族理由が6割 米FBI:朝日新聞デジタル

 米連邦捜査局(FBI)は13日、2017年に国内でヘイトクライム(憎悪犯罪)が7175件報告され、16年に比べて約17%増えたと発表した。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、増加の割合では、...

ツイッターのコメント(11)

米FBI:朝日

比率自体は変わって無いが、メキシコの密入国によるヘイト犯罪の比率が急上昇してるでは?。昔は人種差別は黒人差別と言われるほどだったのがヒスパニック系が急上昇してきたが、それを隠して報道してるのでは?
重要な記事。明らかにトランプ大統領による「上からの差別煽動」の結果。拙著『日本型ヘイトスピーチとは何か』(影書房)でも強調しましたが、政治家による差別煽動は社会の差別を激化させます。
トランプ大統領の言動と無関係ではないはず…。
ヘイト犯罪が17%増、人種や民族理由が6割 米FBI:朝日新聞デジタル
アメリカ内でのユダヤ教への偏見ってこんなに深刻なんだ>宗教の内訳では、ユダヤ教への偏見が理由のケースが約58%、イスラム教が約19%で、残りの宗教・宗派はいずれも5%未満だった。/ 米FBI
米国の宗教への憎悪犯罪のトップはユダヤ教への偏見で49%、イスラム教の19%を遥かに超えている。意外にユダヤ教は嫌われているのですね。
米FBI 「嫌がらせ」と「ヘイト」を一緒くたに使うアホがいるけど問題は人種差別です。批判されたらヘイトがー、とかほんまたいがいにしとけよ。
大統領がヘイトを煽っているから、ヘイト犯罪が増えるのは当然。⇒  米FBI|朝日新聞デジタル
実力行使してまで相手を排除したいという心境がさっぱり理解できません。宗教の対立なら根深い歴史的経緯があるのですが、トランスジェンダーに対する憎悪だけはわからない。
トランプ効果、絶大
米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、増加の割合では、米同時多発テロが起きた2001年に前年比で2割超増えて以来の増加幅という。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR